2022年、【井上耕太事務所】8年目のシーズン開始に想うこと。

今日のテーマは、『2022年、井上耕太事務所8年目のシーズン開始に想うこと』です。

 

 

皆さん、新年、明けましておめでとうございます。

 

 

少し遅れましたが、新春のお慶びを申し上げます。

 

 

1月3日にして、2022年初の情報発信ですね。

 

 

これまで、年末年始、関係なく働いていましたが、

昨年中頃から、適度に休日を設ける事にしました。

 

 

大変有り難いことに、個人事務所として、現時点、

400名超クライアントさんがいらっしゃいます。

 

 

事業年数を重ねる毎に、その責任も実感しており、

より長期間、事業継続することが使命と感じる為。

 

 

新春恒例の駅伝ではないですが、長距離走るには、

長期視点で適切なペースを維持する事が大切です。

 

 

2015年元旦、

 

 

独立系FPとして『井上耕太事務所』開設して以来、

早いもので、昨年末迄で丸7年間が経過しました。

 

 

2022年元旦から、8年目のシーズン開始です。

 

 

時間感覚としては、一瞬で過ぎ去った実感ですが、

改めて数字で見ると『7年間』はある程度の期間。

 

 

毎年、感じていることですが、独立・開業当時は、

ここまで事業継続・発展するイメージはなかった。

 

 

勿論、

 

 

『初志貫徹』で実行する『信念』は有りましたが、

想像していた以上の未来が、拓けている感じです。

 

 

それも、全ては上質なクライアントさんと出会い、

開業以来変わらずお付き合い頂いているからこそ。

 

 

この場をお借りして、心より感謝を申し上げます。

 

 

前述の通り、

 

 

開業以来『時間』は一瞬で過ぎ去った感覚ですが、

それは『資産形成』のスタート以来でも同様です。

 

 

そもそも、

 

 

私自身が『資産形成』をスタートした約15年前、

当初から崇高な想いがあったわけではありません。

 

 

むしろ、

 

 

20代前半の『資産形成』は専ら自分の為であり、

『早期リタイアしたい!』という想いが主でした。

 

 

昨年話題になった『FIRE』の概念に近いものです。

 

 

ただし、

 

 

15年経過して、自ら経済基盤が構築されてから、

『浅はかな思考回路』は、完全に消滅しています。

 

 

批判を恐れず言うと、巷で『FIRE』を語る人間は、

人間として、人生の『本質』を理解していません。

 

 

それでも、

 

 

その人物が、本当に『経済的自由』を達成すれば、

ゴール設定を間違っていた事に気付くでしょうが。

 

 

話を戻すと、

 

 

自ら経済基盤構築で開始した『資産形成』ですが、

重きを置いたポイント1つに『保全』があります。

 

 

つまり、構築した保有資産を『守る』ということ。

 

 

多くの方々は、『攻撃』ばかりを考えがちですが、

資産保有している人間は、『守り』を最も考える。

 

 

冷静に考えれば当然で、幾ら資産を積み上げても、

それを『失って』しまっては元も子もありません。

 

 

もしも『致命傷』レベルの傷であれば、尚更です。

 

 

それは、

 

 

『投資詐欺に掛からない』という事もありますが、

もっと大きな枠組み、国家レベルでも存在します。

 

 

幸か不幸か、

 

 

直近半世紀ほど、日本国は恵まれた時代を過ごし、

国民は何も考えなくても恩恵を享受して来ました。

 

 

しかし、

 

 

それより以前、第二次世界大戦終戦直後において、

日本国は、経済的にも国家存続の危機を迎えます。

 

 

戦費調達の為、

 

 

発行していた債務が、異次元レベルに積み上がり、

どう転んでも返済不可能な域に達していたのです。

 

 

そこで、

 

 

日本政府が実行したのは、『貨幣交換』を起点に、

国民の『保有資産』を没収する、一連のスキーム。

 

 

要は、

 

 

国民(正確には債権保有者)に債務返済する為に、

債権者本人から資産を取り上げたということです。

 

 

学校の社会科では習わない、衝撃的な事実ですね。

 

 

実際に実行されているので、詳しく知りたい方は、

ぜひ、自らの習慣化の為、自学自習してください。

 

 

15年前、

 

 

私自身『資産形成』をスタートした当時であれば、

このような話は『おとぎ話』として聴かれました。

 

 

しかし、

 

 

それから時間を経て、2022年になった今では、

センシティブな方々は実感を伴って聴いてくれる。

 

 

何故なら、

 

 

過去、日本経済(財政)が壊滅的状態になった際、

採択された方法が、今も現実味を帯び始めたから。

 

 

数年前、

 

 

『まだまだ先の事』として発表されたイベントが、

いつの間にか、もう目前にまで迫って来ています。

 

 

明言はしませんが、勘の良い方は分かりますよね。

 

 

常々、

 

 

真の『資産形成』は、ある程度の『時間』を要し、

一朝一夕には行かないことを、お伝えしています。

 

 

その事から考えても、2022年を迎えた現時点、

スタートを切っていないことは危機的な状況です。

 

 

正直、今から『資産形成』スタートしたことろで、

どこまで準備が完了するかは、定かでありません。

 

 

かと言って、何もしなければ、必ず困窮しますね。

 

 

『光陰矢の如し』が示す通り、時間は一瞬で過ぎ去る。

 

 

気が付いた時に『行動』を起こすことが重要です。

 

 

新年は、新しい行動を起こす『良い機会』ですね。

 

 

気付かれた方は、ぜひ『行動』してみてください。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile