2016年大晦日に思うこと★

今日のテーマは『2016年大晦日に思うこと』です(^_^)★

 

 

 

今日でいよいよ2016年も終わりですね。

 

皆さんにとって、

今年はどのような1年だったでしょうか(^_^)??

 

私個人にとっては、

独立開業してから2年目のシーズン。

 

著書を出版したこともあり、

これまで以上に全国からセッション受講のご予約が入り、

私自身も全国を飛び回った1年になりました。

 

本当にクライアントは『前向き』な方々に恵まれて、

私自身、いつも大きなワクワクを感じて活動しています。

 

明日、2017年元旦からは開業3年目に入ります。

皆さん、これからも変わらぬご愛顧お願い致しますm(_ _)m

 

さて、

 

話を『経済』の面に向けると、

今年も様々なイベントが起こった年でしたね。

 

もう忘れている方も多いかも知れませんが、

年初の1月は世界的な相場下落からスタートしました。

 

私自身、ある分野では、

単月だけで運用資産を約6%マイナスリターンさせてからのスタートです。

 

為替に関しても、

 

昨年末『1USD=120円』前後で取引されていたドル円レートも、

年明け早々から続落する状況。

 

今年半ばには『1USD=100円台』の値も付け、

円高時代の再来を匂わせたほどです。

 

その後、トランプ大統領誕生効果もあってか、

急激に円安方向に傾き、最終的には年初水準まで戻してきました。

 

日経平均も再び『20,000円台』を伺えるようになり、

NYダウ30種平均も最高値を更新していきます。

 

しかし、

 

個人的には、『米国経済の完全復活』、

『世界経済の成長拡大』とまでいかないと感じています。

 

2016年1年間も、世界経済全体を見たら低調。

この流れは、2017年も継続していくことでしょう。

 

約20年前、まだ私が中学生だった時代、

中国は『眠れる獅子』と呼ばれていました。

 

人口は世界一で、広い国土には資源も内包する。

 

一国だけでも成り立つ経済的規模を見れば、

その発展は、誰の目から見ても明らかでした。

 

でも、

 

実際に中国が経済成長を始めるまでは、

そこから『10年間』ほどの時間を要した。

 

それぐらい、『潜在能力』が『顕在化』するまではタイムラグがある。

 

今も、世界には『第二の中国』になり得る、

候補とその予備軍が数多く存在しています。

 

事実、

 

インドは既に中国を抜いて、

世界ナンバーワンの人口を持つまでに成長してますよね。

 

ただ、

 

その国々のポテンシャルが顕在化するまで、

もう少し時間がかかってくるのは確か。

 

継続的な積立投資をする場合でも、

ここ数年、そしてこれから数年は低調な年が続くかも知れません。

 

しかし、

 

だからと言って、それが不正解な訳じゃない。

 

むしろ、

 

理屈的にはとても正しい選択をしていると考えます。

 

長期的に見たら、世界経済は確実に成長していく。

 

だから、

 

一時的なアップダウンに囚われることなく、

己を信じて、信念持って投資に臨んで頂けたら幸いです。

 

今年一年のご支援に感謝を申し上げるとともに、

来年からの応援もお願いつつ、今年を結ばせて頂きます(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile