2018年大晦日、市場の『混沌』を振り返る。

今日のテーマは、『2018年大晦日、市場の混沌を振り返る』です。

 

 

いよいよ、2018年も最終日になりました。

 

 

なかなか公式ブログ更新の時間が確保出来ず、

あと『数時間』で、今年も終わってしまうタイミングでの更新です。

 

 

時間も遅くなってしまったので、今日はさらっとした記事で終えますね。

 

 

2018年のマーケットを振り返った時、

本当に、『波乱万丈』という言葉がぴったりだったように思います。

 

 

多くの方々は既に忘れ去っているかも知れませんが、

実は、年初は『生き馬の目を抜く』が如く早さで、市場が急拡大する場面がありました。

 

 

日本市場でも『日経平均株価』は2万4000円を射程圏に推移していましたし、

米国市場も『NYダウ工業株30種平均株価』は、2万6000ドル超を記録し、『過去最高値』を更新です。

 

 

私自身、

 

 

様々なアセット・クラスに投資して『資産形成』を進めていますが、

世界マーケットに対して投資しているある特定の手法に限れば、

2018年初は、2ヶ月間で『15%超』の上昇を見せる活況でした。

 

 

しかし、

 

 

その後、多くの方々がご存知の通り、世界的な不安要素が顕在化し、

世界2トップの大国『米国』『中国』が貿易戦争をはじめた頃から、

世界市場もだんだんと冷え込んでいったように記憶します。

 

 

むしろ、

 

 

ラスト1ヶ月の『12月』に入ってからの市場下落がインパクト大きくて、

年初の『活況』が霞んでしまうか、実質以上『遠い昔』のように感じてしまいます。

 

 

ここ数年間、堅調に推移してきた株式市場が、

一休みして、一旦『調整』に入ったと考えるべきでしょうか。

 

 

他の市場に目を向けると、

 

 

私たちが所属する『日本市場』や、大騒ぎの『米国市場』に隠れて、

実は、『中国市場』も2018年の1年間で『大打撃』を受けていた事がわかります。

 

 

主要指数である『上海総合指数』は、

 

 

年初来の下落率が、日本・米国に負けず劣らず『25%』近くを記録し、

中国株式市場の時価総額はこの1年間で『2兆3000億ドル(約255兆円)』消失しました。

 

 

この数字は、

 

 

2002年にデータ集計がスタートしてから、年間ベースで『最大消失』であり、

10年前に強烈なインパクトを残した『サブプライム・ショック』発生時のそれを超えます。

 

 

また、

 

 

その結果、『株式市場規模』として『世界第2位』の称号が日本に戻ってきました。

 

 

他にも、『中国市場』の減速を示すデータはあり、

 

 

上海、深圳の両証券取引所での『1営業日当たりの平均売買代金』は、

『約3700億元(約6兆円)』と、2014年以来の低水準に喘いでいます。

 

 

更に、

 

 

先日12月27日の売買代金に関しては、『2638億元』まで落ち込み、

この値は、中国市場の『ピーク』を迎えた2015年の1割程度といった有様です。

 

 

加えて、

 

 

『信用取引』に関する残高も、『8000億元』程に抑えられ、

こちらも、2015年のピーク時の『約3分の1』にまで下落しています。

 

 

一時期、

 

 

世界の投資家を魅了した『中国市場』に対する資金投入ですが、

その『投資熱』も、一旦落ち着き、しばらくは冷静さを保って推移していく事でしょう。

 

 

名だたる『巨大マーケット』が低調に推移している時は、

投資家自身も、静かに、冷静さを保って、淡々としているに限ります。

 

 

また、

 

 

『株式市場』だけでなく、『通貨市場』も大きく変動を繰り返し、

『新興国通貨』を中心に、年率で2桁を超える下落を見せたのが2018年です。

 

 

特に顕著なところでは、

 

 

『アルゼンチン』『トルコ』といった国々では、年初来・対米ドル比で、

それぞれ『▲50%』『▲30%』という大幅な下落を強いられました。

 

 

それに伴い、

 

 

インフレ率も、『アルゼンチン:+40%』『トルコ:+20%』と、

『年率換算』としては、なかなかの高水準で上昇を見せています。

 

 

これらの国に共通するのは、

 

 

恒常的な『経常収支のマイナス』で、その観点では、

ブラジル、南アフリカ、インド、メキシコ等も同様の『危うさ』を持っています。

 

 

公式ブログでも常々情報発信していますが、

 

 

実は、『日本』に限らず、既存の『国家』という仕組みで財政的欠陥を持つ国は多く、

近い将来、この『枠組み』も形骸化して、意味を成さないものに変化していくと考えます。

 

 

少し『暗』に書かせて頂きますが、

 

 

数年前、『パラダイス・ペーパー』が公表された際、

国家主席級の方々が、そのリストに名を連ねていた事が、全ての『答え』だと思います。

 

 

世界は様々な『リスク』を抱えながら、それを解決しきる事なく、

あと数時間後には、『2019年』へと移って行く事になります。

 

 

『男子、3日会わざれば刮目して見よ』ではないですが、

市場も、参加者のちょっとした『心理変化』があれば、急激に『潮目』が変わります。

 

 

『2019年』というマーケットが、どのようにスタートするか、

少しの『期待』を抱きながら、数日後の市場再開を待っていましょう。

 

 

そして、

 

 

その動向に関わらず、普遍であるのが、

私たちが、自ら『資産形成』をする時代を生きているという事です。

 

 

その事を肝に命じて、『2019年』という新しい年も、

着実な『資産形成』に向けて、『具体的なアクション』を起こして頂けたらと思います。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は神戸・三ノ宮1月28日(月)、大阪・梅田1月29日(火)の日程にて開催します。

 

 

■2019年1月28日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年1月29日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile