会社員の【45歳定年制導入】は、間違った考え方なのか??

今日のテーマは、『会社員の45歳定年制導入は、間違った考え方なのか??』です。

 

 

先日、

 

 

サントリーHD:新浪剛史社長がオフィシャルの場で、

『45歳定年制』を説いてバッシングを受けました。

 

 

まだ、このことは、皆さん記憶に新しいと思います。

 

 

上記発言を受けて、

 

 

それぞれ、現時点、置かれてる立場が異なる理由で、

『肯定派』と『否定派』、意見は大きく二分します。

 

 

先日の記事中でもお伝えした通り、私は肯定派です。

 

 

何故なら、

 

 

事業家、経営者という立場の人間は、大原則として、

社会に対する『価値提供』を主眼に置き考えるから。

 

 

これは、

 

 

全く『崇高な話』でも何でもなく、単純な話として、

私たちは『価値提供』しなければ収入がゼロになる。

 

 

毎年毎年、

 

 

多くの方々が、夢破れて退出する厳しい世界ですが、

事業家は、分かりやすく『結果』で示されるのです。

 

 

ただ、

 

 

冷静に考えてみれば、本来は『会社員』であっても、

この『大原則』に則って、仕事は為されるものです。

 

 

恐らく、

 

 

会社員で、自らの報酬を説明できる人はいませんが、

価値提供と報酬の関係性について、理解すべきです。

 

 

仮に、

 

 

あなたが『年収600万円』を得ているとしたら、

年間創出価値として、2000万円程が妥当です。

 

 

もしも、

 

 

それだけ価値を生み出せていないなら、差額分は、

会社サイドが補填してくれているということです。

 

 

社長には、大いに感謝して、給与を貰いましょう。

 

 

話を戻すと、

 

 

事業家、経営者視点では『45歳定年』は常識で、

価値創出できない社員は新陳代謝で退席させたい。

 

 

ここで言う、

 

 

『45歳』は、あくまで1つの『基準値』であり、

会社サイドも、有望人材は手放したくありません。

 

 

要は、

 

 

『価値創出しない人間』を退席させる契機として、

『45歳定年』という基準値を設けているのです。

 

 

ただし、

 

 

サントリーHD:新浪社長の公表する意見に対し、

会社員の立場の方々は『否定派』に回りましたね。

 

 

『定年制引き上げの時代、流れに逆行している!』

 

 

『中高年雇用延長を模索する時代、不常識では?』

 

 

などなど。

 

 

前述、『価値創出』という概念が完全に抜け落ち、

『貰うこと』が常態化したら、ここまで墜ちます。

 

 

約20年前、

 

 

世界的ベストセラー作家、ロバート・キヨサキは、

その著書の中、次のような言葉を述べていました。

 

 

『経営者と従業員では、見ている世界が異なる。』

 

 

両者は、

 

 

互いにテーブルに相対して座って話しているため、

同じ空間でも、見ている景色が違っているのだと。

 

 

私自身、

 

 

当時は『会社員』という立場も経験していたため、

両者の違いは、身を以て実感することが出来ます。

 

 

ただし、これからは全ての方々に必要な感覚です。

 

 

『事業家』として生きるかどうかは、関係がない。

 

 

先日、

 

 

パナソニックHDが希望を募っていた早期退職の、

対象者が1000人に上る報道が出て来ました。

 

 

かつて、

 

 

『松下電器産業』として大帝国を築いた同社ですが、

今尚、国内だけで『10万』もの従業員を抱えます。

 

 

対外的に、

 

 

早期退職は、来月に控える大規模組織改編の一貫で、

『人員整理』が、第一義ではないと言われています。

 

 

しかし、

 

 

大人になった私たちは理解できる通り、それは建前で、

むしろ、確実に『人員整理』が最重要課題であるはず。

 

 

そうで無いのであれば、わざわざ触れませんよね(笑)

 

 

私自身、

 

 

就職活動をした、僅か(?)15年ほど前であれば、

松下電器産業の内定は、プラチナ・チケットでした。

 

 

それは、

 

 

前述したサントリーHDも然りで、実際に就職活動中、

同社の内定を頂き、最後まで悩み抜いた記憶もある。

 

 

しかし、

 

 

それから、長い年月が経たない間に、時代は変化して、

シビアに『価値創出』を求められる時代になりました。

 

 

これからの時代に、『一生安泰』の言葉はないですね。

 

 

常に、自らをブラッシュ・アップする必要が有ります。

 

 

『45歳定年制導入』は、間違った考え方なのか??

 

 

むしろ、これからの時代『新常識』と考えています。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降、

【リアル(大阪)/ オンライン】と並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■9/28(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】は、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望者に【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催よりも、【濃い情報】が提供可能ですので、

この機会を、ぜひ、有効活用して頂けたら幸いです。

*予告なく終了する場合もあります。ご了承下さい。

 

 

——————————————————————–

■9/28(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile