昨日の『全日本空輸(ANA)』の話は、決して『他人事』ではなく。

今日のテーマは、『昨日の全日本空輸(ANA)の話は、決して他人事ではなく』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『全日本空輸(ANA)従業員は、突然の副業解禁に対応できるのか??』と題して、

先日アナウンスされた、同社をこれから襲うであろう悲劇についてご紹介しました。

 

 

本当に、大変ですよね。

 

 

ほんの『10年』ほど前であれば、航空産業だけに限らず、

『一生安泰』とイメージされる職業はいくつか有りました。

 

 

しかし、

 

 

『変化』のスピードは、言葉通り、年々増加の一途を辿り、

少しでも気を抜いていたら、一瞬で、取り残されてしまう。

 

 

大袈裟ではなく、

 

 

1年前まで『常識』であったことが、今では『非常識』になり、

恐らく、その傾向は、来年以降も継続していくと考えられます。

 

 

そもそも、

 

 

私たち『人間』も、自然界(地球上)に生きる身と悟れば、

『一生安泰』が幻想である事が、常識なのかも知れません。

 

 

当然ですが、

 

 

2020年現在であっても、自然界に、その概念は存在せず、

『一生安泰』は、霊長類の長『人間』のみが提唱しています。

 

 

むしろ、

 

 

私自身は、この概念が生まれたプロセスすら怪しいと感じており、

有志以来、もしかしたら、誰もが未経験の現象なのかも知れない。

 

 

そうなると、

 

 

いよいよ、『都市伝説』等と同じ類の話に落ち着くことになり、

私たちは、一刻も早く、その呪縛から逃れた方が良さそうです。

 

 

昨日、

 

 

全日本空輸(ANA)の『給与削減』『副業解禁』を取り上げましたが、

決して『他人事』ではなく、皆さん誰しも同様に当てはまるテーマです。

 

 

『対岸の火事』とは、考えない方が良いですね。

 

 

既に、あなた自身が気付いていないだけの話で、

自陣にも『飛び火』している可能性があります。

 

 

『明日は我が身』という言葉の方が、伝わり易いでしょうか??

 

 

『過度な楽観』は、対局の『悲観』と共に、その身を滅ぼします。

 

 

いつの時代も、適切に『リスク』を検証して生きていきましょう。

 

 

それで、

 

 

所属する組織・企業、云々の話ではなく、日本国民共通に、

襲われようとしている『リスク』も、顕在化してきました。

 

 

昨日の報道では、

 

 

菅政権が、初めて手腕を振るうであろう試みとして、

社会保障分野に入れる『メス』が話題になりました。

 

 

ネットニュースでも出ていたので、

ご覧になられた方も多いですよね。

 

 

『75歳以上の後期高齢者・医療費窓口負担、2割案が浮上』

 

 

現行、

 

 

原則『1割負担』に制限される、後期高齢者の医療費窓口負担について、

『年収240万円』以上の方を対象に『2割負担案』が浮上しています。

(*正確には、年収240万円以上、383万円未満の方々です。)

 

 

上記数字の通り成立すれば、

 

 

『2割負担』の対象は、後期高齢者全体の『10%超』に上り、

日本全国で、『約190万人』が該当することになるのだとか。

 

 

もしも仮に、

 

 

『2割負担』が実際に導入された場合、厚労省による試算では、

該当者平均で『年間3.5万円』の窓口負担増額が見込まれます。

 

 

この辺り、

 

 

現役世代で、潤沢な収入がある方は、何も感じないかも知れませんが、

収入増額の見込みのない『年金生活者』には、死活問題と言えますね。

 

 

しかし、

 

 

日本国の『財政問題』も、同様に『死活問題』の危機に瀕しており、

『痛み』を伴うこの改革も、未来永劫、決して避けては通れません。

 

 

いや、

 

 

現実は、ここ(2割負担)で集結できるレベルでは決してなく、

今後も、段階的に、窓口負担の割合は増額されていくでしょう。

 

 

2022年、

 

 

この年は、『団塊の世代』の言葉で形容される方の『第一波』が、

75歳に突入し、『後期高齢者・爆増元年』と表現できる年です。

 

 

日本政府としては、

 

 

緊急の対症療法として、『2割負担』を打っておきたい形ですが、

2025年以降、その景色は、さらに様変わりしていくでしょう。

 

 

果たして、

 

 

『私たちの世代』と形容できる20代、30代、40代の方々が、

『後期高齢者』に該当する頃には、日本国の社会保障システムは、

その『原型』を留める形で、存在し続けているのでしょうか??

 

 

この場面でも、

 

 

個人的には、あまり『希望的観測』を持たない方が良いと感じています。

 

 

それで、

 

 

昨日ご紹介した『ANAの事例』と、今日ご紹介の事例とで、

明らかに異なるポイントが、1つだけ存在すると考えます。

 

 

それは、

 

 

前者は、もしかしたら、該当しない可能性も有りますが、

後者は、日本国民共通であり、絶対に避けられないこと。

 

 

人は誰しも、

 

 

『生』を受ければ、『死』も受け入れなければなりませんが、

『私は死なない』という楽観的観測が通らないのと同義です。

 

 

今後、

 

 

私を含めて、皆さんが『日本国』で居住すると仮定するならば、

将来の『社会保障負担増大』は、絶対に、避けては通れません。

 

 

因みに、

 

 

昨年話題になった『老後試算2000万円問題』において、

この点は考慮されていないので、『収支ギャップ』は、更に増加しますね。

 

 

先日、

 

 

『老後に必要な資産は、2000万円どころではない!』と書きましたが、

皮肉にも数日後に、それを証明する要因が1つプラスされてしまいました。

 

 

皆さん、『我が身』を守る準備は、進められていますか??

 

 

信仰は自由であり、それぞれの『神』を拝んでも良いですが、

『神頼み』では、解決できない物事も確実に存在しています。

 

 

日々、社会に放たれる『サイン』を敏感にキャッチし、

10年後を見据えて、『行動』をスタートしましょう。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■10/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/29(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■10/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/29(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile