多くの人が『ライフワーク』を避けて生きる理由★

今日のテーマは、『多くの人がライフワークを避けて生きる理由』です(^_^)★

 

 

世間一般的に言えば、

『ライフワーク』という言葉すら知らない方々が多いかも知れませんね。

 

 

それくらい、世間一般的に言えば、

 

 

『仕事=つならないこと、我慢すること』

 

 

『仕事=お金のために働くこと』

 

 

上記のような『固定観念』を、

子供の頃から全く疑わず信じてきた方が多いと思います。

 

 

『ライフワーク』

 

 

『大好きなこと』をして、

他者に価値提供して生きていくことです(^_^)

 

 

『そんなの、特別な一部の人だけやろ』とか思ってるでしょうが、

本当は、皆さん、全ての方々が挑戦できるんですよ(^_^)

 

 

それでも、

 

 

多くの人が『ライフワーク』に挑戦せずに、

それどころか『ライフワークを探すこと』すらせずに、生きている理由。

 

 

私の師匠・篠原充彦さんは以前のブログで、

『決めたことを、徹底的にやる覚悟の差』と言ってました。

 

 

篠原先生は、この言葉を本当によく使いますね。

最近は、もう『覚悟力』しか言わなくなっています(笑)

 

 

私も、本当にそう思います。

 

 

プラス、『潜在的な』理由もある。

 

 

それは、『才能に向き合うのは、極限にキツい』という事を、

皆さん『本能的』に知っているという事が関係してると思うから。

 

 

誰に対しても、『言い訳』が出来ない。

 

 

1番大切な、『自分自身への言い訳』も出来ません。

 

 

今、全国で高校野球選手権予選やってます。

球児が1番燃える『夏の甲子園』予選です。

 

 

*この記事は2015年7月に掲載したものを、

 2017年4月に加筆・修正、再掲載しております。

 

 

高校球児は皆、全力で、自分の『命』を懸けてやってます。

 

 

この夏以降のことなんて、何も考えずに、

ただ、目の前の試合に1つ1つ勝つためにやってる。

 

 

でも、

 

 

実際に勝ち続ける人なんて一握りですよね??

 

 

負けた方、あれ、めちゃめちゃキツいんですよ。

 

 

18歳以降のことなんて何も考えてなかったし、

『明日からどうやって生きていこう?』みたいな感じになります。

 

 

目標失って、本気でそう思う。

 

 

それで、

 

 

野球は自分が好きでやってたことやから、

負けることに対して、『言い訳』も決して出来ません。

 

 

もう、本当に絶望です。

 

 

でも、

 

 

そこから這い上がる経験が、人生における大きな『糧』になる★

 

 

昨日は、今週開催予定の招待者限定セミナーの、

プレゼンテーション資料の総仕上げをしていました。

 

 

没頭しすぎて、昨日はブログ記事をアップ出来なかった。

 

 

*この記事は、2017年再掲載したものです。

 悪しからず、ご理解・ご了承願いますm(_ _)m

 

 

 

自分のセミナー資料を見て、『なかなか面白いな』といつも思います(笑)

『よう、いつもこんなアイディア考えつくな』、とも(笑)

 

 

でも、

 

 

今溢れ出してるこのアイディアが、

出てこなくなった時は、ほんまに怖いなとも感じています。

 

 

 

私は、

 

 

『お金』『ビジネス』のテーマで生きていくと決めたから、

そのことに対して『言い訳』はまったく出来ません。

 

 

これは、あまり良い例じゃないですが、

数年前、『ET-KING』の『TENN』さんが自殺しましたよね。

 

 

無責任なことは決して言えませんが、

恐らく、『アイディア』が出てこなくなったんやろね。

 

 

あらゆる分野で、

アーティストはいつも同じこと悩んでます。

 

 

芥川龍之介とかも若くして亡くなってるし、

ゴッホも晩年は頭がおかしくなって耳削いだりしてる。

 

 

自分の『ライフワーク』で生きるということは、

 

 

・自分の『才能』『可能性』と真正面から向き合う。

 

 

・どれだけ、『アイディア』を生み出せるかの勝負。

 

 

・『オリジナリティ』『センス』も絶対的に必要ですし、

 

 

・例え、その分野で負けても、『言い訳』は出来ない。

 

 

こういったことを、全て引き受けて生きるという事です。

 

 

世間一般多くの方々が、人生に傷付かないでいいように、

自分がそこそこ出来ることして、『お金のため』に働いて一生を終えます。

 

 

『無難にこなせて良かった』って。

 

 

私は、その生き方が出来ませんでした。

 

 

子供の頃から、『熱く』生きてきたから、

いくら大人になっても『無難に』とか出来ない。

 

 

苦しいこと、絶望することもきっとあるでしょうが、

これからも自分の『才能』『可能性』と向き合って生きていきます。

 

 

特に、20代、30代の方々が、

私の『行動』に刺激を受けて『挑戦』してくれたら嬉しいです(^_^)★

 

 

これからも、自分自身の『行動』によって、

より多くの方々に『勇気』を与えていきたいと思います(^o^)!

 

 

『ライフワーク』を生き、理想の人生を引き寄せたい方は、

『井上耕太:起業塾』にご入塾ください(^_^)★

 

 

井上耕太起業塾:ご案内ページ

http://michiamokota0421.com/cram-school/

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

17 件のコメント