銀行預金は安全か?

昨日のテーマ、

『お金のことを知らなければいけない理由』の続編です。

日本人は金融のことを特に知らない国民ですが、

間違った認識を持っていることも多々あります。

例えば、多くの方々は次のように考えてはいないでしょうか?

・『銀行』:お金を入れておくロッカー。預けておけば安全。

・『保険』:少ない金額払って、有事の時にはお金をくれる親切な人。

・『年金』:少しずつ積立てておけば、将来必ずもらえるもの。

これらは、残念ながら3つとも間違っています。

実際は、次のようになります。

・『銀行』:顧客から預金を集めて融資し、収益を上げる。

*日本の銀行は手数料商売しか出来てませんが。

また、『日本国債』『米国債』も購入されてます。

*破綻した場合の保障も

『元本1000万円とその利息』までです。

決して『安全なロッカー』ではありません。

・『保険』:起こる確率が低いことのリスクに対して、お金を集める。

有事の際には、投資収益に応じて、

会社運営経費などを引いたあとに相応の金額を支払う。

*保険会社は、投資会社です。

・『年金』:本来は、積立金額を運用して将来受け取るシステム。

しかし、現在の日本は、積立金額を横流しする自転車操業。

*僕は、日本人はこのような『公共の詐欺』には、

世界トップクラスに引っ掛かる国民やと思ってます。

その証拠に、世界約140ヶ国で展開する某外資系保険会社の、

『がん保険』売上シェアの約80%が日本です。

世界の先進国では、国民もこのことを知っているので、

金融機関の運用益等を見る目も、とても厳しいです。

昨日のテーマでもお話ししましたが、

『お金』は人生のベースなので、知らなすぎてはいけません。

*『素人』過ぎては、金融機関にカモられます。

今から、少しずつでも良いので、

『お金』の勉強をスタートすることをオススメします(^o^)!

203

10 件のコメント