永遠の『美人コンテスト』★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

日々、刻々と状況が変わる毎日です。

日経平均も17,000円を割り込み、

今日も下げからスタートしました。

マイナス金利導入で一時1US$=121円までいった為替も、

早々に1US$=117円まで戻ってきてます。

一旦持ち直しを見せた原油価格も、

やはり日々アップダウンを繰り返してます。

本気でデイトレードとかやってたら、

ほんまに気が狂いそうな日々でしょう。

何が正解で、何が間違ってるのかわからない。

市場はよく『美人コンテスト』に例えられます。

それも、『自分の好み』ではなく、

『世間の大多数の好み』を予想するコンテスト。

仮に、あなたが『東洋人』が好みでも、

世界が『白人』を美人と思うなら、それを選ばなければならない。

もっと極論を言えば、

もしも世界が『東洋人』を美人と思っても、

『皆が白人を選ぶ』と思ったらそれを選ぶのが正解です。

『自分の好み』で選ぶ時に勝てるのは、

奇跡的に『世界の好み』と合致した場合のみ。

数万人、数億人単位で投資をしたら、

そんな『幸運』の持ち主も一定数存在します。

そんな人達が、

『時代の寵児』『新時代のスター』として扱われる。

確かに、外資系投資銀行のプロトレーダーより、

そんな『幸運』の持ち主の方が運用成績は上回るからね。

例え、一時の最大瞬間風速だったとしても、です。

要は、市場はどこまでいってもギャンブル。

短期市場なら尚更のこと。

変動なんて、正確には誰も読めません。

もし、1人でも読める人がいたら、

世界の富はその人に一極集中します。

今まで日経平均が高かったのも、

『それ以上に高くなる!』と読んだ人が多かったから。

あと、公的資金も秘密裏に投入されてるから。

少しずつ兆しは見えていますが、

いつ落ちるかなんて正確にわかりません。

ドル円相場も、その他の通貨も、

どこまでいっても相手の読み合い。

『日銀のマイナス金利』『米国利上げ』

『人民元切り下げ』『欧州ソブリン危機』etc.

すべての情報を織り込んだ上で、

あとは各々のシナリオの解釈に違いが出るだけです。

『原油』も『金』も『ダイヤモンド』も。

結局は『供給』と『需要』の駆け引き合戦。

『原油』なんて枯渇する枯渇する言うてて、

まったく減らないどころか供給過剰。

たぶん、一生無くなることはありません。

『金:ゴールド』『ダイヤモンド』も、

もし本当に人類に必要なものなら、

自然と新たな供給源が発見され続けます。

大丈夫。

少なくとも、今生きてる人達の時代では

枯渇することはないから(^_^)

もしかしたら、人類が生きてる間も無い。

結局は、

『少なくなる!』とか『上がる!』とか、

『もっと高くなる!』とか『急落する!』とか。

自分以外のその他大勢が、

この先をどう読むかを競う『美人コンテスト』です★

はまりこみ過ぎず、

投資に臨むなら、この事実を知っておいた方が良い(^_^)

どっぷりはまり過ぎたら、しんど過ぎます。

余裕を持って傍観したら、楽しいです。

投資で大切なのは、『メンタル』★

相場はいつの時代も繰り返すので、

適切な時期まで待つことが出来たら、

あなたの勝つ確率はとても大きくなります(^_^)

562

30 件のコメント