『ブラックボックス』化してる??

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

先日のblogでは、日銀のマイナス金利導入に伴い、

『異次元に入ってきた!』という話をしました。

それから、日々状況は変わっています。

今朝、興味深いニュースが出てました。

『個人・自治体向け国債、購入募集中止』

これまで、国債消化を目的に、

個人に対して売られていたものの販売中止です。

『新型窓口販売』

ゆうちょ銀行や地銀で窓口販売してる、

5万円単位の10年もの国債をストップする。

2007年の募集開始以降、初めての出来事です。

僕は見向きもしてなかったので知らなかったけど、

2年、5年国債は既に販売を取り止めてたみたいですね。

理由は、『利回り』の低下。

実際、『マイナス金利』導入が決定された直後、

新発10年もの国債の利回りは『0.1%』切りました。

今朝の段階では『0.045%』まで低下し、

過去最低をほぼ毎日更新しています。

これは、今後もダウンする見込み。

年内には、10年もの国債の利回りすら、

『マイナス金利』に突入すると見込むアナリストもいます。

実際に、そうなるんやろね。

だから、問題になりそうな『個人向け』は止めた。

『マイナス金利』の国債を買う場合、

そのマイナス割合を上回る勢いでの、

通貨価値の上昇が見込めるなら合理性はある。

でも、一般人で国債買ってる人達が、

その理屈を理解出来るとは到底思えない。

今後は、国債市場では一般人は閉め出しです。

*まだ販売してるものもあるけど。

日銀の買い入れや、

銀行・証券・保険への押し付けで消化していくことになる。

全ての『もの』でそうですが、

その価格は市場の需要と供給のバランスで決定します。

欲しい人が多ければ、価格は高くなり、

誰もそれを欲しがらなければ、価格は低くなる。

国債の場合は、

ニーズが高ければ、価格は高くなり利回り低下、

誰も欲しがらなければ、価格は下がり利回りを上げざるを得ない。

一般人を閉め出して、身内で操作することにより、

今後はこの『平衡力』も働かなくなることが予想されます。

まさに、『ブラックボックス』になってきました。

日本の財政は、どんどん厳しくなってます。

国債積み増しでのデフォルトは、

理屈ではあり得ませんが、実際には起こるかも知れない。

どういうことか??

つまり、全ては『お上』の判断ということです。

自分の資産は、自分で守ろう。

『国のリスク』と、『個人のリスク』を切り離そう。

『国』『社会保障』を当てにしなくても、

自由に生きていく環境を作ることは可能です(^_^)★

558

31 件のコメント

  • … [Trackback]

    […] There you will find 94872 additional Info on that Topic: michiamokota0421.com/black-box-2/ […]

  • … [Trackback]

    […] There you will find 82079 additional Information to that Topic: michiamokota0421.com/black-box-2/ […]