司法権の最高機関でも認められた、『日本型:雇用形態』の終焉。

今日のテーマは、『司法権の最高機関でも認められた、日本型:雇用形態の終焉』です。

 

 

日々、『日本型:雇用形態』が激変していますね。

 

 

2020年、

 

 

『新型ウイルス』の出現が、主に『経済活動』の分野に襲いかかり、

一世紀ぶりに、世界的な(情報?)パンデミックを経験しています。

 

 

未だに、

 

 

各メディアは、連日、この話題について報道し続けていますが、

視聴者サイドは、少し、情報疲れしてしまっている感あります。

 

 

その証拠に、

 

 

現時点、『国内感染者数』を把握している人は少ないと考えられ、

また、大都市圏でも、『人』の流動性が戻りつつあると感じます。

 

 

私自身、

 

 

なかなか、積極的に情報発信できる状況にはありませんが、

日常活動については『コロナ前』を取り戻しつつあります。

 

 

最近では、

 

 

クライアントさんと外食をする機会も増えてきましたし、

面談についても、『リアル』を希望される方が殆どです。

 

 

実際、

 

 

例年、インフルエンザ・ウイルスの罹患者数・死亡者数の方が多い訳で、

ある特定のウイルスを、過度に恐れることが、果たして正しいのか??

 

 

確かに、

 

 

現時点、未だ、ワクチン開発等は完了していないのは事実ですが、

『リスク』に対して、適正評価をすることは、全てに通じて重要。

 

 

多くの識者も指摘する通り、

 

 

『ウイルス』を恐れて、『経済面』で死んでは無意味なので、

バランス取りながら、経済活動を復活させることが大切です。

 

 

冒頭、

 

 

大都市圏での『人』も流動性も復活しつつあると紹介しましたが、それでも、

『数ヶ月間』のタイムラグを経て、大企業の経済体力も枯渇しつつあります。

 

 

先日の公式ブログでは、

 

 

『全日本空輸(ANA)従業員は、突然の副業解禁に対応できるのか??』と題して、

同社が『雇用維持』を表明しながら、『収入』は維持不可能な状況を紹介しました。

 

 

冷静に考えてみれば、当たり前かも知れません。

 

 

国内はまだしも、『国家』を跨ぐ流動性が回復していない現時点、

航空・輸送業界の収益性は、壊滅的な状況のまま低迷しています。

 

 

企業として、

 

 

ほぼ『収入』無く、『赤字』を垂れ流しながら運営する中、

『従業員給与』を支払い続けることは、正に至難の技です。

 

 

そこで、

 

 

他企業に『雇用』されることも含めて、『副業解禁』した訳ですが、

このアナウンスが『ポジティブ』でない事は、誰から見ても明らか。

 

 

以前、

 

 

同業の『日本航空(JAL)』が経営難から、事実上倒産しましたが、

今回は『全日本空輸(ANA)』が辛酸舐める結果になりそうです。

 

 

『大企業』であっても、『正社員』であっても、

『雇用』が確証される世界は、もう有りません。

 

 

『定期昇給』『終身雇用』

 

 

これら『日本型:雇用形態』を象徴してきた制度は、

『ジャパン・アズ・ナンバーワン』と言われた時代、

世界から『リスペクト』の視線を集めていました。

 

 

しかし、

 

 

その時代から、『半世紀』ほどの時間が経過すると共に、

2020年現在、完全に『形骸化』してしまっています。

 

 

前者は、

 

 

日本政府が進める『同一労働・同一賃金』の概念から逸脱しており、

恐らく、5年後には、『時代遅れの制度』として扱われるでしょう。

 

 

また、

 

 

後者については、個人の『就業年数』より『企業寿命』が短縮化する中、

『既に、日本国内から無くなったのではないか??』とすら、感じます。

 

 

本当に、社会における『変化』のスピードが加速してきました。

 

 

そして、今日も、新たな『変化』が生まれましたよね??

 

 

司法権の最高機関である『最高裁』が、非正規雇用者に対して、

『賞与』『退職金』不支給の判断を『妥当』と判断したのです。

 

 

これにより、また、1つの『潮流変化』が起こります。

 

 

この辺り、

 

 

被雇用者(会社員)の方々は、『当然の権利』と考えていますが、

実際、賞与・退職金は『福利厚生』的な意味合いの方が強いです。

 

 

前述の通り、

 

 

日本特有の、強固に『被雇用者』の権利を尊重する制度に守られて、

『基本給与』という点では、現在も保護されている部分もあります。

 

 

しかし、

 

 

『賞与』『退職金』については、企業サイド提供の『サービス』であり、

その扱いに関しては、非常にフレキシブルに変化させることが可能です。

 

 

実際、

 

 

2020年現在、国内全企業のうち『約20%』の組織では、

既に、『退職金制度』が消滅してしまっていると言われます。

 

 

決して、『当たり前』ではないんですね。

 

 

話を戻すと、

 

 

『賞与』については、関西の某大学病院のアルバイト職員が、

『退職金』については、関東の某予想業界所属の契約社員が、

それぞれ、不支給を『不合理』として訴訟を起こしていました。

 

 

実際、

 

 

今回の訴訟においては、『横(従業員同士)』との比較から、

『格差是正』について、その判断が注目されていたものです。

 

 

しかし、

 

 

長期的には、もっと大きな意味を持っていると感じており、

今回、最高司法機関が、この判断を降したことにより、

企業サイドは、より積極的に『非正規雇用』を採用します。

 

 

仮に、

 

 

その進行により、『非正規雇用者』が多数派を占めるようになれば、

賞与・退職金不支給に対して、『不合理』という概念すら無くなる。

 

 

この辺り、

 

 

海外諸国では、既に『スタンダード』な雇用形態な訳ですが、

日本においても、この『世界標準』が採用されることになる。

 

 

以前の公式ブログでは、

 

 

『2030年:副業40%時代』の到来を予想する記事を、

テーマとして、取り上げたことがあったと記憶しています。

 

 

しかし、

 

 

『2030年』という時期については、このままのペースで行けば、

大幅短縮されて、より『近い将来』になる事が決定的となりました。

 

 

あなたは、『変化』に対応・順応できていますか??

 

 

生き残るのは、『強いもの』ではなく、『変化に対応したもの』である。

 

 

某・世界的生物・自然科学者の有名な言葉で、

今日の記事は、締めさせて頂こうと思います。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■10/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/29(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■10/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/29(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile