経済発展に沸く【中国】に拡がる【経済格差】は、世界の縮図か??

今日のテーマは、『経済発展に沸く【中国】に拡がる【経済格差】は、世界の縮図か??』です。

 

 

中華人民共和国。

 

 

20年前は、『眠れる獅子』と形容されていましたが、

今や、紛れもなく『21世紀の超大国』になりました。

 

 

約10年前、

 

 

長く『世界第2位』に君臨した、日本国のGDP(国内総生産)を抜き去り、

2020年現在、2倍どころか『トリプル・スコア』を付けつつあります。

 

 

更には、

 

 

1944年に『基軸通貨特権』を取得した、世界覇権国・米国をも、

近い将来、キャッチ・アップする成長率で経済拡大が続いています。

 

 

そう言えば、

 

 

2020年、突如、出現した『新型ウイルス』も、

元を辿れば、この国が発生源とされていましたね。

 

 

しかし、

 

 

本来であれば、最も、影響を受けるはずの『震源地・中国』は、

コロナ禍の世界経済で、少数派となる『勝ち組』に位置します。

 

 

最近では、

 

 

『変異型』の出現もニュースで取り沙汰されており、

今尚、世界的な『収束』の兆しは、見えていません。

 

 

その状況で、

 

 

『コロナ禍とは、何だったのか??』を考えるのは時期尚早ですが、

何とも理解し難く、不思議な雰囲気が、世界全体を覆っていますね。

 

 

話を戻すと、

 

 

『眠りを覚ました獅子』と言える中国は、

混沌とする2020年も経済成長を続け、

確実に、21世紀の世界経済を牽引する立場にあります。

 

 

勿論、

 

 

『ひとりっ子政策』等の影響もあり、長期的には衰退期も訪れますが、

直近30年間程は、『第2の覇権国』として君臨することになります。

 

 

それは、

 

 

突出した『超大国』による、世界経済独裁の抑止力として、

個人的には、拮抗勢力の台頭は望ましいと考えていますが。

 

 

しかし、

 

 

『中国』国内に目を向けると、華々しい経済成長の負の側面として、

歴史上かつて無いほど、『経済格差』は拡大しつつあると言います。

 

 

例えば、

 

 

他の新興国社会にも見られている通り(*当然、日本も同様)、

親の『保有資産』と、子供が受けられる『教育』との間には、

密接な相関関係が成立し、『経済格差』をより強固なものに。

 

 

日本の『センター試験』に該当し、

 

 

中国全土において、毎年一斉に開催される大学入試『高考』は、

低所得者層には、チャンスすら剥奪される傾向にあるのだとか。

 

 

実際、

 

 

名門『清華大学』昨年(2019年)入学した学生を調査した所、

比較的、発展が遅れる地域の出身者は、全体の『2割』にも未達。

 

 

日本でも、

 

 

『学歴社会』は、崩壊したと言われて久しいですが、それがそのまま、

『学校教育=無価値』論に直結する訳ではないと、個人的に考えます。

 

 

むしろ、

 

 

『教育』がなければ、他社に提供できる『価値』も減少する為、

必然的に、『経済的恩恵』を得られるチャンスは減少しますね。

 

 

また、

 

 

中国『約14億人』と言われる人口全体で考えた時、

『上記1%』の保有資産のトータル(総額)が、

『下位50%』のそれを超える点は、特に、象徴的。

 

 

このデータは、『世界全体』のミニチュア版です。

 

 

更に、

 

 

深圳(シンセン)はじめ経済発展に沸く都市部の集合住宅価格は、

一般的な会社員の『平均年収:約44倍』を記録するまでに高騰。

 

 

私自身、お勧めしませんが、

 

 

日本国内で『マイホーム』を購入する方々の大半が、

『35年ローン』を選択することを考慮しても、

中国国内の『ハードル』の高さが伺い知れますよね。

 

 

少しだけ計算すれば、

 

 

日本国内の会社員平均年収は、『400万円』ほどなので、

年収の44倍は『1億8000万円』に迫る巨額資金です。

 

 

殆どの人にとって『不可能』と言えますね。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『原理・原則から乖離する【金融市場】は、この先どこに向かうのか??』と題して、

世界市場全体として、今世紀も拡大し続けるであろう『経済格差』をご紹介しました。

 

 

『現代版:資本主義経済』の成り立ち上、その『未来』は避けられません。

 

 

そして、

 

 

その波は、将来的に、当然『日本国』にも到来はするのですが、

その流れは、一足先に『新たな覇権国・中国』に訪れています。

 

 

冒頭、

 

 

2020年、一人勝ちで『経済成長』し続けるとご紹介しましたが、

古今東西、世の常で、『光』が強いほどに『影』は色濃くなります。

 

 

インドでは、

 

 

『カースト制度』なる身分制度が、今尚、色濃く残りますが、

『経済格差』による身分制度も、今後の世界では明確になる。

 

 

世界全体として『持つ者』と『持たざる者』に分けられる時代がやって来ます。

 

 

今、まさに『変遷期』が訪れますが、未来の『主導権』『選択権』は、

皆さんそれぞれが、日々選択する『行動』により決定すると考えます。

 

 

あなたは、迫りくる未来に対応する形で『資産形成』を進めていますか??

 

 

『リスク』が顕在化した時に気付いても、恐らく、挽回不可能と考えます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile