もうすぐ、『金融危機』が来ます★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

経済のことを知っている方には共通認識ですが、

もうすぐ、『金融危機』が来ます(^_^)

『狼少年』になってもアカンのんで、1度だけ言います。

『経済』は、バブルと金融危機の繰り返しで成長します。

全てが理想通りに行く世界があったとして、

『生み出された価値』分だけ、各国が『貨幣』を刷れば問題ない。

1度生み出された『価値』は消滅することがないので、

『通貨』の供給量だけ注意して連動させておけば問題ないわけです。

でも、これでは経済成長のスピードが遅いので、

確実性がある程度高くて償還可能な『お金』を引っ張ってくることで、

『レバレッジ』をかけて各国経済を伸ばそうとしています。

しかし、往々にして『度』が過ぎてしまう。

多くの『お金』を前倒して手に入れてしまうことで、

現時点での自分の懐に転がり込む『お金』も増えるからです。

『人間』は、自分たちが思っているほど『賢く』はありません。

いや、もっと的確に言うと、どうしょうもないくらい『愚か』です。

『金融』『経済』の勉強をしているとわかりますが、

太古の昔から『同じこと』ばかり繰り返しています。

『将来のこと』まで考えている、崇高な人はほとんど存在いません。

だから、いつの時代も、どんな国の人々も、

『将来』よりもとりあえず『今』自分の利益になることだけ考える。

後々取り返しのつかないことになっても、

自分だけは『売り逃げ』してしまえば良いと本気で考えています。

身近な例を見てもわかりますよね(^_^)

日本の政治家や官僚さん達。

本当に『日本の将来』なんて考えている人いるのでしょうか??

『少子高齢化』『社会保険料:年金』などの問題なんて、

もう30年以上も前からかなりの確度でわかっていたことです。

日本の歳入は減少傾向になり、逆に歳出は暫く増えていくと。

それに対して、彼らの関心ごとは次の選挙に勝つことと、

自身が退任するときの『天下り』先の組織を作ること。

強いて、『将来』のことと言うなら、

『自分の子供』を政治家にすることは考えていたでしょう。

『人間なんてそんなもん』、という話です(^_^)

『経済』の話に戻ってくると、

現在の世界はずっと『まやかし』でツケを先延ばししてきました。

米国経済は、ずっと『虚像」の上に成り立っています。

『財政赤字』と『貿易赤字」を垂れ流し、

米国自体の経済は、どうしようもない体たらくです。

しかし、それを我が日本経済が、

大量の『米国債』購入で支えています。

償還不可能な『無限ループ』の中で、

日本のサラリーマンの皆さんの税金が米国民・米国経済を支えているのです。

皆さん、まさか自分が、

米国の人達支えるために働いていると思わなかったでしょ??(笑)

そんな中で支えられている強国『アメリカ』と、基軸通貨『US$』。

それでも、そんな幻想が未来永劫続くとは思えません。

加えて、中国リスク然り。欧州リスク然り。

世界中で何とか均衡保って持ちこたえているだけで、

根本は全く解決される兆しはなく、今後もそれは続きます。

『生み出された価値』と『貨幣供給量』の話を冒頭しましたが、

リセッションの時期も引き伸ばされてきたため、ツケは膨大に積み上がっています。

要は、『実体経済』との乖離が激しいということ。

今回の調整局面では、『リーマンショック』以上のインパクトと言われています。

NYダウも、半減するのではという説もあります。

もちろん、そんな時は日本市場も一気に吹っ飛びます。

世界がギリギリのところで均衡保っている状態なので、

理屈として連動していなくても、『引き金』は何んだって良いです。

どうやら、今回は欧州発のようですね。

財政健全国、ドイツの大手銀行が潰れる事になるとは思わなかった。

わかってても、どうしょうもないこともあります。

市場に流している『お金』は、半分くらい吹っ飛ぶ可能性がある。

クライアントの皆さんも、どうか心の準備をしておいてください。

それでも、『長期で見たら伸びる』と考えてやるしかないです。

『資本主義経済』の大前提なので、これを覆すことは出来ない。

もし、この考えを捨てる事になったら、

あとは『自給自足』の生活を求めていくしかないですね(^_^)★

568

13 件のコメント