【資産形成】しない事は、なぜ、完全なる【負けゲーム】なのか??

今日のテーマは、『【資産形成】しない事は、なぜ、完全なる【負けゲーム】なのか??』です。

 

 

『新型ウイルス』が、日本列島で猛威を奮っていますね。

 

 

新年明けて、日内の『新規感染者数』は、

昨年末時点から比較しても明らかに急増。

 

 

特に、

 

 

『人』の流動性が高い首都圏(1都3県)では、昨春以来、

再び『緊急事態宣言』が発令される事態にまで陥りました。

 

 

いや、決して『他人事』ではないですね。

 

 

私が活動拠点とする大阪も、『新規感染者』の絶対数と共に、

『対10万人・新規感染者数』も全国トップとなる水準です。

 

 

このまま行けば、前述の首都圏(1都3県)につづいて、

週末にも『緊急事態宣言』発令の公算が高まっています。

 

 

元々、

 

 

気温が低く、空気が乾燥する冬季は、通常の年であっても、

『ウイルス』の活動が活発化する『感染症シーズン』です。

 

 

このまま、

 

 

『感染再拡大』が、中長期的に続いていくようであれば、

いよいよ、『東京五輪中止』も決断のときを迎えますね。

 

 

ここまで、

 

 

『4年間』どころか、『人生』を捧げてきた選手を思えば、

非常に心苦しいのですが、致し方ない状況かも知れません。

 

 

昨日の述べましたが、

 

 

『感染拡大』と並行して、『経済停滞』という観点でも、

世界各国の例にもれず、日本も苦境に立たされています。

 

 

現在、

 

 

『コロナ失業・雇い止め』者数は、国内8万人規模とされますが、

現実世界は、対人口比『0.067%』に留まるはずが有りません。

 

 

当然の話、

 

 

これだけ、日本全体(世界全体)の『経済循環』が減速すれば、

日々生み出される『経済活動』総量も、必然、減少しています。

 

 

そうなれば、

 

 

社会全体の『収入』『雇用』にも、負の影響が及ぶことは必至で、

既に、現時点において『影響』を受けている方々も沢山いるはず。

 

 

仮に、

 

 

今時点で、あなたの『収入』が落ち込んでいないとしても、

それを楽観視しているなら、完全に『幸せ者』と言えます。

 

 

いつの世も、

 

 

自らは『平時(何も起こっていない)』と考える時から、

『危機』を想定して『準備』を進める人間が救われます。

 

 

今回、『新型コロナ・ウイルス』出現による危機も、

歴史上繰り返される、『典型的事例』の1つですね。

 

 

このように、

 

 

『実体経済』『現実世界』は、世界的にも厳しい状況に有りながら、

『株式』を含めて、すべての投資市場は歴史的活況を呈しています。

 

 

市場上昇の『ロジック(理屈)』は、理解していながらも、

ここまで乖離すると、流石に『違和感』を感じて来ますね。

 

 

遂には、

 

 

『市場の歴史家』なる人物が、警鐘を鳴らし始めた事も、

昨日の公式ブログで、ご紹介させていただいた通りです。

 

 

恐らく、

 

 

『下落』のタイミングは、世界中、誰一人として知り得ませんが、

暫くの間は、『歴史的高値圏』での推移が続いていくことになる。

 

 

確かに、

 

 

中長期的には、どこかで調整(相場下落)局面を迎えますが、

市場が上がっている時は、その恩恵に素直に預かる方針こそ、

最近の投資市場では、『最適化戦略』であると考えられます。

 

 

それを証明するかの如く、興味深い報道も出て来ました。

 

 

『テスラ・モータースCEO、イーロン・マスク氏、世界No. 1富豪に』

 

 

数年前から、

 

 

何かと話題に上がることの多い『テスラ・モータース社』ですが、

同社の株価上昇に伴い、CEO:イーロン・マスク氏の保有資産が増大。

 

 

その結果、

 

 

資産総額は『1910億ドル(約20兆円)』に膨れ上がり、

これまで暫定王者だったジェフ・ベゾス氏を抜き去りました。

 

 

因みに、

 

 

アマゾン社CEOを務めるジェフ・ベゾス氏の保有資産は、

現時点『1870億ドル(約19.5兆円)』だそうです。

 

 

想像を絶する金額すぎて、もう、正確な数字はどうでも良いですね(笑)

 

 

そして、

 

 

第3位にようやく、私たち『昭和世代』の方々には馴染みある、

マイクロソフト社CEOの『ビル・ゲイツ氏』が登場します(笑)

 

 

その資産総額は、『1320億ドル(約14兆円)』です。

 

 

前述の通り、

 

 

イーロン・マスク氏、ジェフ・ベゾス氏については、

21世紀を象徴する、『ニューリッチ』と言えます。

 

 

この2人が、

 

 

20世紀を代表する大富豪:ビル・ゲイツ氏を抜いたことは、

それだでも、エポック・メイキングな出来事と言えますよね。

 

 

しかし、私が注目しているのは、他のポイントにあります。

 

 

皆さんも、気付かれているでしょうか??

 

 

『世界トップ』と言われる、大富豪の方々の保有資産額が、

直近10年間だけで、もの凄い速度で増大を見せることを。

 

 

2000年代序盤、

 

 

世界長者番付トップの座を争ったのは、前述ビル・ゲイツ氏や、

世界No. 1投資家と評された、ウォーレン・バフェット氏です。

 

 

その時、

 

 

基準となった数字は、それでも途轍もない金額ですが、

800億ドルから900億ドル(10兆円未満)です。

 

 

それから、

 

 

僅か10年ほどの期間に、『世界トップ』の方々の資産は、

『経済成長率』を遥かに超えて、文字通り『倍増』します。

 

 

4年ほど前、

 

 

世界人口『70億人』のうち、下位『35億人』の保有資産が、

上位『9人』のそれと等しいという、衝撃的な報道が出ました。

 

 

恐らく、この状況は、さらに加速を見せています。

 

 

時を同じくして、

 

 

フランスの経済学者:トマ・ピケティ氏は、その著書の中で、

『g:経済成長』と『r:投資利益』の関係性を語っています。

 

 

同書(邦題:21世紀の資本)は、近代資本主義における、

直近約『300年間』をまとめたデータブック的存在です。

 

 

その中で、

 

 

『g:経済成長 < r:投資利益』の関係性だけは、

どの瞬間も、成立しない時はなかったと言います。

 

 

このことこそが、『資産形成(投資)』をすべき答えですね。

 

 

勿論、

 

 

『経済(お金)』という指標が、様々なパラメータ(変数)の中で、

『唯一無二のモノサシ(指標)』だとは、私自身、考えていません。

 

 

しかし、

 

 

私たちが、『資本主義』の経済下で生活している以上、

『お金』を無視して生きることも不可能だと考えます。

 

 

その意味で、

 

 

『資産形成(投資)』を放棄する選択をする方がいれば、

完全なる『負けゲーム』を、展開していると思うのです。

 

 

あなたは、『資産形成(投資)』をしていますか??

 

 

この機会に、自らの『人生』に対して、真剣に考えてみて下さい。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■1/27(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■1/28(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■1/27(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■1/28(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile