大企業がダウンサイズする『常套手段』です★

今日のテーマは、『大企業がダウンサイズする常套手段です』(^_^)★

 

 

*この記事は、2015年11月に掲載したものを、

 2017年5月加筆・修正、再掲載したものです。

 

 

今、少しずつ本の原稿を書いていっています。

 

 

まず、

 

 

最初に伝えたい部分の、

『これまでの常識が通用しない』ということを書いいます。

 

 

これまで、『就職したら安泰』と考えられてきた上場企業も、

どんどんリストラ・ダウンサイズを進めています。

 

 

今までの『既存の常識』は崩れ始めてる、と。

 

 

その中で、『大企業ほど、キツい』ということも書いてます。

 

 

その詳細な理由はここでは書きませんが、

ぜひ、出版した際に読んでみてください(笑)

 

 

*『お金持ちになるファーストステップ』

 2016年4月30日に発売させて頂いております。

 

 

*ぜひ、Amazonでご購入頂けたら幸いです(^_^)★

 

 

それで、

 

 

今日ご紹介したいのは、

大企業がダウンサイジングに使う『常套手段』のことです。

 

 

これからは大企業ほど苦しい時代ですが、

一般的な流れとして、よく使う方法を書いていこうと思います。

 

 

①まず、多すぎる責任者を降格。

 

 

『組織改編』などという名目で、ゴタゴタに乗じてやります。

 

 

組織の単位が変わると共に、

今までなかった『役職』を作ります。

 

 

正直、この『役職』というは、

会社内の人間であってもその『存在意義』は意味不明です。

 

 

そのまま、ふわっとした期間が『1〜2年間』ほど続く。

 

 

その後、更なる組織改編を敢行して、

元の責任者のポジションを、その『ふわっとした役職』の方々が担っていきます。

 

 

『2段階スライド方式』で、『責任者』を減らすことが出来ます。

 

 

これは、人件費削減の『常套手段』です。

 

 

②自社ビル、工場設備の売却。

 

 

手元の『キャッシュ』を作るためです。

 

 

どんな大きな会社も、資金がショートしたら潰れてしまいます。

 

 

『ボーナス減額』などと併せてやっていたら、

その会社は、結構『台所事情』が厳しいということです。

 

 

不採算部門の工場を、

人員とともに売却処分してしまうこともあります。

 

 

③『希望早期退職』を募る。

 

 

そもそも、

 

 

確率論から言って、

会社からしたら50歳以上の方々は全てリストラ対象です。

 

 

人件費が高く、新人3人分と比べたら、

一般概論から言ってパフォーマンスは落ちる。

 

 

もちろん、中には凄い人もいますが、

そんな方々は10%の割合もいないでしょう。

 

 

会社としては苦渋の決断ですが、

『希望早期退職』という名の『リストラ』を進めます。

 

 

④不採算部門を、他社と合併。

 

 

不採算部門同士、他社と合併して新会社を作ります。

 

 

これには2つのメリットがあります。

 

 

1つは、その年の『決算対策』です。

 

 

不採算部門を切り離すことで、

会社の本体部分は、一時的な黒字を『創出』することが出来ます。

 

 

また、

 

 

出来たての新(子)会社が赤字を被っていたとしても、

法人設立の初期段階では、あれこれ『言い訳』は出来てしまいます。

 

 

母屋が燃えるよりは、離れの方がいい。

 

 

2つ目は、1度失敗した『人員整理』です。

 

 

『リストラ』で声掛けしたにも関わらず、

辞めさせることが出来なかった人間を出向させます。

 

 

そんな人間ばかり集めてもあからさま過ぎるので、

優秀な人材を『昇進』させて出向させ、

その色を薄めた形で新会社をスタートします。

 

 

新しい会社では、まったく別の給与体系です。

 

 

やめさせたくない人材は、

昇進させて給与アップさせてるので問題ありません。

 

 

普通に『異動』させた人の給与は、普通に落ちるシステムです。

 

 

効率的に、人件費が削減できます。

 

 

以上です。

 

 

あなたの会社は、いくつ当てはまりましたか??

 

 

これだけ見ても、まだ『大企業は安泰』でしょうか??

 

 

会社にしがみつくことは、

『リスク』を後回しにしてるだけじゃありませんか??

 

 

自分で『稼ぐ力』をつけることが出来たら、

そんなことは全く関係がなくなります。

 

 

『資産形成』も『ビジネス力』も、

余裕のある『平時に備える』が常套手段であり、鉄則です。

 

 

でも、世間一般多くの方々は全く『逆』で、

『平時に何も備えず』『土壇場で慌てふためき』ます。

 

 

本当に、世間一般の9割以上の方々がそうかな(^_^)

 

 

しかし、本当に『困って』しまってからでは、

相談頂いても、私も一緒に困ることしか出来ません(笑)

 

 

いやいや、私もあまり暇ではないので、

そういった方々の話を聞くことも実際は出来ないでしょうが。

 

 

だから、皆さん、今から具体的なアクションをしましょう!

 

 

『ライフワーク』を生き、理想の人生を引き寄せたい方は、

『井上耕太:起業塾』にご入塾ください(^_^)★

 

 

井上耕太起業塾:ご案内ページ

http://michiamokota0421.com/cram-school/

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

20 件のコメント