暗号資産(仮想通貨)市場の暴落は、【テーパリング】のサインか??

今日のテーマは、『暗号資産(仮想通貨)市場の暴落は、テーパリングのサインか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『果たして、これは資産形成:投資と呼べるのだろうか??』と題して、

暗号資産(仮想通貨)への資金投入が『ギャンブル』とご紹介しました。

 

 

少し乱暴な表現かも知れませんが、大方、合っていると思います。

 

 

もし仮に、

 

 

読者の皆さんが、個人として保有資産『5億円超』の富裕層で、

資産全体の『5%』程度を投入するのであれば、否定しません。

 

 

しかし、

 

 

現実世界で、この分野(暗号資産)に熱狂している方々は、

ほぼ100%が『保有資産:1000万円未満』ですよね。

 

 

もしかすると、

 

 

大多数の方々は、保有資産が『100万円未満』のレベルで、

文字通り、『一攫千金』を目指して資金投入しているのかも。

 

 

確かに、

 

 

毎年、毎年、日本国内にも『宝くじ当選者』は誕生しますが、

それを大前提に資産形成(投資)することは、馬鹿げている。

 

 

それでも、

 

 

ダイバーシティ(多様性)が叫ばれる現代、思考においても、

自分と異なる方々を、闇雲に否定するつもりはありませんが。

 

 

ただ、

 

 

長寿社会が到来しても、『有限』であることに変わらない人生、

10年後、20年後に気付いた際、手遅れの可能性も高いです。

 

 

話を戻します。

 

 

暗号資産(仮想通貨)市場の代表通貨『ビットコイン』が、

過去最高値(約6万ドル)を記録したのが、今年4月上旬。

 

 

それから、

 

 

僅か1ヶ月ほど経過した後、5月は第3週目に入った頃から、

諸々の要因が重なったことで、一気に市場が下落し始めます。

 

 

ざっくりと、ビットコインは『半値』まで落ちて、

その後、回復を見せますが、今尚『4割減』です。

 

 

暗号資産(仮想通貨)市場全体としても、ほぼ『連動』です。

 

 

その中で、

 

 

暗号資産(仮想通貨)市場に資金投入していた人は勿論ですが、

伝統的資産(株式・債権等)への投資家も、警戒感を強めます。

 

 

何故だか、分かるでしょうか??

 

 

実は、

 

 

昨年(2020年)2月に発生した『コロナ・ショック』以降、

救済措置で実行された『金融緩和』が縮小する気配があるから。

 

 

実際、

 

 

米国の中央銀行に準ずる(?)立場のFRB(連邦準備銀行)は、

先月開催した、FOMC(連邦公開市場委員会)議事要旨を公表。

 

 

その中で、

 

 

『資産購入ペース調整を、議論し始めるのが適切だ』と、

多くの議員から指摘があったことを明らかにしています。

 

 

多くの方々には『何のこっちゃ??』という話ですよね(笑)

 

 

基本的に、

 

 

金融危機等が訪れた際、中央銀行は市場から資産を購入して、

その結果として、『金融緩和』が実行されることが王道です。

 

 

正直、

 

 

この行動自体に意味はなく、『価値創造』は無いのですが、

それでも『景気は気から』の言葉通り、経済は上向きます。

 

 

しかし、

 

 

そのまま放置していたら『バブル』が助長されますから、

どこかのタイミングで、必ず『引き締め』に転換します。

 

 

その方法も諸々ありますが、

 

 

その1つが、今、近い将来訪れるのではと懸念されている、

テーパリング(資産購入ペースを落とす)という方法です。

 

 

それでも、

 

 

資産購入することには変わりませんが、ペースを落とすことで、

世の中の『経済循環』も、必然的に速度が落ちてしまうのです。

 

 

本日話題にする、

 

 

新興勢力である暗号資産(仮想通貨)市場も、直近10年の間、

既に、何度か暴落(ショック)を繰り返し市場成長しています。

 

 

そして、

 

 

暴落の原因は、様々、絡み合っているのですが、その1つが、

近い将来待ち受けるであろう『テーパリング予想』なのです。

 

 

より視野を広くすると、

 

 

2021年に入り下落している市場は、木材・石油先物に加えて、

実態が非常に疑わしいSPAC(特別買収目的会社)投資関連市場。

 

 

記憶してくださっている方々は、いらっしゃいますか??

 

 

数ヶ月前(もしかしたら昨年)、

 

 

SPAC(特別買収目的会社)関連投資は、公式ブログでも取り上げ、

恐らく、投資詐欺の主戦場になると、ご紹介させて頂いた分野です。

 

 

原則として、

 

 

市場参加者(投資家)の多くが『テーパリング』を予想する際、

『実態のないもの』から優先的に、資金が逃げ出していきます。

 

 

確かに、

 

 

ブロックチェーン技術は『改革』のポテンシャルを秘めますが、

現時点、暗号資産(仮想通貨)自体、完全に『実態無し』です。

 

 

要は、

 

 

『信用創造』の名のもとに、多くの人々が熱狂すれば上がり、

狂喜乱舞していた人々が、冷静さを取り戻したら下がります。

 

 

こう書くと、週末の『クラブ』みたいなものですね(笑)

 

 

暗号資産(仮想通貨)市場の暴落も、ステラ社の決済停止報道や、

中国金融当局の規制強化報道に加えて、テーパリング予想に基く。

 

 

他分野の『実態ないもの』まで視野に含めると、辻褄が合います。

 

 

暗号資産ショックから2、3ヶ月後、株式市場にも暴落は訪れるのか??

 

 

仮に、

 

 

ショック(調整局面)が訪れたとしても、市場平均としては、

『100日』程で落ち着くことが歴史的に分かっていますが。

 

 

それでも、『心の準備』があるのと・無いのとでは雲泥の差です。

 

 

暫くの間、『株式市場』もアンテナ張って注視していきましょう。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■5/26(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■5/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■5/26(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■5/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile