『考え方』の違いが道を分ける★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

1コ前のblogでは、

『資産形成』には『2ステップ』あるという話をしました。

『①:キャピタルゲイン』

『②:インカムゲイン』

この考え方どちらも大切で、

『①:キャピタルゲイン』で元手を作ってから、

『②:インカムゲイン』運用をすると良い、と。

一般的な皆さんは、こんなことは何も考えず、

ただ『お金殖えたらええなぁ~』と考えてます。

『どこかに、お金落ちてないかな』

この発想と、レベルは大して変わりません(笑)

で、1番目のステップは、

『キャピタルゲイン』狙いで元手を殖やすということです。

これは、誰しも人生で何度かチャンスはある。

『1回だけ』とかじゃないと思います。

スルーして見逃すものは省いても、

2、3回は皆さんチャンスがあると思う。

別に、特別な『才能』とか要りません。

誰でも参加できる『ゲーム』で可能です。

例えば、『有価証券』。

日本市場で普通に売られているものでも、

10年ほどのスパンをかけて、

『ドル・コスト平均法』使って資金投入すればいい。

『ドル・コスト平均法』は、

『毎月の定額買い付け』とご理解ください。

これやってたら、かなりの確率勝てます。

あ、今はスタートしないでください(笑)

高すぎるし、いつか落ちるの見えてるので。

僕は以前、会社員をしてましたが、

その時実際にこれを体験もしました。

上場企業の社員であれば、

世間と一緒のタイミングで自社のニュースを知ります。

会社も社員から『インサイダー犠牲者』を出したくないので、

公になる情報は、市場が閉まってから社内アナウンスします。

その時も、実際新聞で知りました。

自社に対する有利なニュースが流れて、

株価が僅か1ヶ月足らずで2倍以上に跳ねた。

社内に、『儲かった人』もゴロゴロ出ましたね。

この話だけ聞いたら、

『1ヶ月で株価2倍になってええなぁ』です。

『そこで買って1ヶ月後に2倍で売り抜け』

皆、そんな都合の良いイメージばかり持ちます。

でもね、実際に勝った人達は違うよ。

日本経済が停滞してた時代から、

2008年リーマンショック、2011年ユーロ危機を越えて、

『ドル・コスト』で10年近く買ってた人です。

自分が勤める会社を信じて?、

ずっとコンスタントに買い増ししてた人達です。

この時、『一般人』が『お金持ち』になるチャンス、

そのステップ『①』を体験した人が多く出現しました。

ここまで、感動的な、ええ話ですよね(笑)

問題は、ここからです。

僕は、会社員を7年半しかしてないので、

この『1つの事例』の恩恵はほぼ受けてません。

対して、先輩達は多大なる『利益』を上げた人もいた。

でも、その後『経済的自由を達成した』という話は、

どこからも聞こえてきませんでした、、、、

なぜか??

『2番目のステップ』を踏めなかったんです。

『①:キャピタルゲイン』で殖やした元手を、

『②:インカムゲイン』に変える発想がなく、

そのまま取り崩し的に使った方が多かったと予想されます。

その証拠に、彼らの多くが、

未だに会社員として働き続けています。

仮に、そこで『1億円』という資産を形成していたら、

それを『複利8%』環境下に置くことで、

年間800万円の『インカムゲイン』が作れます。

この『お金持ち発想』が無かったため、

彼らはすぐに元の状態に戻っていきました。

対して、ちゃんと『2ステップ』を踏める方もいます。

まったく別の事例です。

お客さんとして来てくれた会社員の方の、

上司の方が『セミリタイア』したそうです。

その方は、『FX』でけっこうな額の元手を築いたそう。

『FX』自体は、他の『キャピタルゲイン』と同様、

ほぼ『ギャンブル』的な要素があります。

だから、この時点では、

別にこの方が凄い訳でも何でもない。

ただ、運が良かった。

『宝くじ』と同じことです。

でも、ここからの『考え方』が、

この方が成るべくして『お金持ち』になった理由です。

そう、ここで築いた元手を、

『②:インカムゲイン』を生み出す資産に投入した。

今は、そこから生み出される、

『利子』の上澄み部分を使って生活しているようです。

『①:キャピタルゲイン』を得るチャンス、

これは誰しもに何度かあります。

でも、実際にそのチャンスが巡ってきても、

その後の『考え方』で、進む道は全く違います。

きっと、あなたの人生にも、

そのチャンスが巡ってくる時が来ます★

その時、ちゃんと『2ステップ』目が踏めるか??

その時の判断次第で、

あなたの人生も変わっていくでしょう(^_^)

543

9 件のコメント