どちらが『リスク』か?

今日のテーマは、『どちらがリスクか??』です(^_^)★

 

 

日本で未だに信じられている、『サクセスストーリー』があります。

 

 

・学校で良い成績をとって、

 

 

・一流大学に進学し、

 

 

・上場企業に就職する。

 

 

・医師や弁護士も可。

 

 

これは本当なのでしょうか??

 

 

少し頭を冷やして考えればわかりますが、

 

 

この『サクセスストーリー』も、

ここ最近50年程度の『常識』と気付きます。

 

 

そして、

 

 

残念なことに、既に終わってます。

 

 

しかし、

 

 

未だにこの『常識』を引きずってる方も多い。

 

 

大きな会社に勤めていることが『安心』、

 

 

独立したり、自分でビジネスするのは『リスク』。

 

 

そんな風に考えられている中で、

『安心』とされている『会社に勤めるということ』について考えます。

 

 

まず、

 

 

今20代、30代の方の場合、

その方々の定年は確実に70歳になります。

 

 

もしかしたら、

 

 

40代の方々も逃れられないかも知れない。

 

 

このメカニズムは簡単です。

 

 

国の年金システムがこのままではもたずに、支給開始年齢が先延ばし。

 

 

そのタイムラグを埋めるために、

政府は大企業を中心に『定年引き上げ』要請をしています。

 

 

事実、

 

 

既に『定年引き上げ』を決定している企業もある。

 

 

そして、

 

 

『定年70歳導入』により、賃金カーブは緩やかになる。

 

 

しかし、

 

 

『賃金カーブが緩やかになる』くらいなら、

まだまだ恵まれている?方ですよ(^_^)

 

 

本当のこと言えば、

 

 

実際に『定年70歳』が全うできるほど、

体力が有り余ってる企業はほとんどないでしょう。

 

 

結果、

 

 

どうなるかと言うと50代を越えた辺りから、

早期退職を募って、若手と入れ替え新陳代謝を活発にする。

 

 

つまり、

 

 

その年齢までの獲得賃金も減少して、

さらに、50歳を越えるとリストラの可能性が高まる。

 

 

今からの時代、こんな感じです(^_^)

 

 

結局、

 

 

『大企業に勤め続ける』ということは、

『莫大なリスク』を将来に『先延ばし』してるだけなのです。

 

 

その辺の事は、私の書籍にも書いてあります(^_^)

 

 

確かに、

 

 

20代、30代で独立するのは『リスク』かも知れません。

 

 

ただ、

 

 

一生のうちどこかで『リスク』を取らなければいけないなら、

頭も柔らかく、エネルギー溢れる人生の早い時期にするのか??

 

 

何も考えず、『給与を貰うこと』に慣れきってしまって、

自ら価値が生めない『ポンコツ』になってしまってからにするのか??

 

 

あなたなら、どうしますか??

 

 

『答え』は、わりと明確に見えている気がしています(^_^)★

 

 

『このままではマズい!』とお考えのあなた!!

 

 

本気で独立・起業をお考えでしたら、

『井上耕太起業塾』入塾面談をお申し込みください(^_^)★

23 件のコメント