金融機関(銀行)は、『半沢直樹』の登場で復活できるのか??

今日のテーマは、『金融機関(銀行)は、半沢直樹の登場で復活できるのか??』です。

 

 

国民的人気ドラマが終了して、半月ほど経過しました。

 

 

未だに、『半沢ロス』に陥っている方々もいますよね。

 

 

前回放送から『第2弾』となる、今シリーズ。

 

 

シリーズ全体を通しての平均視聴率も『30%』を超えて、

最終回に至っては、瞬間『44%超』の驚異的数字を記録。

 

 

インターネットの技術革新により、

 

 

『情報』を得る媒体が、20年前と比較して爆増した現代、

この数字を叩き出す事は、驚愕レベルの離れ業と感じます。

 

 

それだけ、日本国民の関心を一身に集めたことが伺えます。

 

 

出演されていた俳優人の演技も、例外なく『特濃』レベルで、

いちいち、キャラ立ちして『フック』が効いていましたよね。

 

 

勿論、

 

 

それは『フィクション』と認識するからこそ観られる訳で、

現実世界の職場に、そのような人物がいたら相当疲れます(笑)

 

 

私自身、

 

 

金融機関(銀行)に勤めた経験はありませんが、業種関係なく、

内資系大企業に共通するであろう、『派閥抗争』に関心を持ち、

『どこ会社も、あるあるの話やろうな』と感じていました。

 

 

子供の頃、

 

 

私たちは、誰しも『正義のヒーロー』に憧れたと思いますが、

年齢を重ねて、『理屈』で片付かないことの存在を知ります。

 

 

そして、

 

 

人により多少の差はありますが、『長いもの』に巻かれるようになり、

自分自身『身の丈』も理解しながら、人生の『落とし所』を探ります。

 

 

少しだけ、寂しい話になってきましたね(笑)

 

 

それでも、

 

 

だからこそ、日本国民は『半沢直樹』に希望を見出し、

毎週、テレビ前で釘付けになっていたのだと考えます。

 

 

そして、

 

 

私自身、注目していたのは、『半沢直樹』の登場により、

金融機関の社会的評価が回復するかというポイントです。

 

 

過去を振り返れば、

 

 

これまでも、その時代を一世風靡したドラマは存在しましたが、

共通して、放送後、該当する職業評価は明らかに高まりました。

 

 

『警察官』

 

 

『医師 / 看護師』

 

 

『ニュース・キャスター』

 

 

『検察官』

 

 

『パイロット / CA』

 

 

などなど。

 

 

上記の職業事例を挙げれば、皆さん、1つや2つは、

ヒットしたドラマが、頭に浮かんでくると思います。

 

 

果たして、

 

 

今回の『半沢直樹』の放送を終えて、上記のラインナップに、

『銀行員』は名を連ねることが出来るのか注目していました。

 

 

その結果や、如何に??

 

 

コロナ禍、

 

 

例年とは異なるスタイルで、学生達の『就職活動』も始まっていますが、

某大手人材会社の調査による、就職人気ランキングが公表されています。

 

 

2000年代前半、

 

 

『半沢直樹』の舞台となるような『メガバンク』であれば、

全体ランキングで、トップを大手3社が独占していました。

 

 

が、

 

 

『10年間』を超える時を経て、明らかになった結果は、

まさに、『時代の変遷』をそのまま象徴するものでした。

 

 

『三菱UFJ銀行:21位』

 

 

『三井住友銀行:35位』

 

 

『みずほフィナンシャルグループ:58位』

 

 

バブル期を経験された、私たちの先輩世代の方々は、

この結果を、現実として受け止められるでしょうか??

 

 

近年では、

 

 

上記3行とも、『数万人規模』のリストラ策を公表しており、

国内事業所数についても、明らかに減少傾向が続いています。

 

 

私の活動基盤・大阪では、

 

 

『みずほフィナンシャルグループ』の象徴だった、

淀屋橋交差点に位置していた支店も、ついに先日、

近隣支店と合併して、移転してしまいました。

 

 

『コロナ』の影響に関係なく、

 

 

『フィンテック』による技術革新もあり、近年では、

メガバンクも『人』が介在する業務は減少傾向です。

 

 

実際の店舗に行く機会がある方々も、そこで働く従業員数が、

直近数年間で、目に見えて減っていることに気付きますよね。

 

 

就職活動する学生達も、

 

 

中長期的な『人生の決断』の岐路に立っている訳で、

その辺りの事情は、当然、目敏く見透かしています。

 

 

ほんの10数年前まで、

 

 

就職活動の『花形』の一角を担っていた金融機関ですが、

2020年現在、看板は地に落ちつつあるのが現実です。

 

 

これが、

 

 

『メガバンク』ならまだしも、『地方銀行』となると、

それに対する世間からの評価は、更に厳しくなります。

 

 

当然、

 

 

『地方銀行』も、メガバンク同様に『リストラ』は進行しており、

それに加えて、吸収・合併による再編の火種は常に燻り続けます。

 

 

業界全体として、

 

 

年々、『人(バンカー)』の数は減少し続けているのが現実で、

この傾向が、今後『逆回転』することは、まず考えられません。

 

 

そして、

 

 

転職市場では、『金融機関(銀行)』に限った話ではないでしょうが、

『使い物になるのは、10分の1』ということが、定説化しています。

 

 

転職市場で求められるのは、

 

 

決して『ジェネラリスト(なんでも屋)』ではなく、

一芸に秀でた『スペシャリスト(専門家)』だ、と。

 

 

2020年、

 

 

1つの社会現象を巻き起こしたドラマ『半沢直樹』ですが、

業界に『プラス』の影響を及ぼすことは有りませんでした。

 

 

時代は、明らかに『変化』している。

 

 

私たちは、その『事実』をしっかりと認識する必要があります。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■10/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/29(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■10/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/29(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile