これからの時代、ビジネスで『求められる人材』を考える【前編】

今日のテーマは、『これからの時代、ビジネスで求められる人材を考える【前編】』です。

 

 

最近、『ライフワーク・ビジネス』分野の情報発信が増えています。

 

 

私自身、

 

 

本業は、『独立系ファイナンシャル・プランナー』であり、

『資産形成(投資)』の情報提供をすることを業とします。

 

 

しかし、

 

 

『経済的自由(自立)』を達成するという観点で見れば、

『資産形成』と並行して、『ビジネス』も重要なテーマになります。

 

 

『資産形成(投資)』

 

 

『ビジネス(ライフワーク実現)』

 

 

実際に、この両輪が上手く稼働することで、

人生の『主導権』も手に入れられるのです。

 

 

では、

 

 

何故、『主導権』を放棄している人が多いかと言うと、

残念ながら、両輪とも取り組んでいない方が多いから。

 

 

昨年、

 

 

金融庁ワーキング・グループが示した『老後資産2000万円問題』も、

『最低レベル』の基準としながら、達成できる方々は恐らく少数派です。

 

 

また、

 

 

最近、『日本型雇用形態』の終焉を取り上げることも多いですが、

『会社』システムを外れた際、価値創出できる人材も極少数です。

 

 

これまで、

 

 

『日本型雇用形態』が上手く機能していた時代には、

今、私が話しているようなことは、考える必要ありませんでした。

 

 

ストレートに表現するなら、

 

 

『上場企業』等の大規模組織(*破綻の可能性が少ない)に所属すれば、

そこまで『思考回路』を使わず、優秀でなくとも終身雇用されたのです。

 

 

その時代、

 

 

企業サイドから求められるのは、『突出した能力』というよりは、

言われたことを、言われた通りに遂行する『従順さ』『安定感』。

 

 

本当に、

 

 

『会社システム』を潤滑に回していく為の『ネジ』としての役割です。

 

 

しかし、

 

 

テクノロジーの進化と共に、その『ネジ(機械)』の役割は、

本当に『ネジ(機械)』によって代替可能になって来ました。

 

 

そうなると、

 

 

『経営者サイド』としても、不毛な『人件費』を支払う必要が無くなり、

かつて存在した『日本型雇用形態』が大きく揺らぐ時代に突入しました。

 

 

『従順さ』で言えば、『自動化』には勝てないですからね。

 

 

そこで、

 

 

『人間』に求められる仕事の『質』も、近年は『変化』しつつあり、

より高度な能力を発揮できる人材が、求められるようになりました。

 

 

先日、

 

 

某・中年層専門の転職コンサルタントを務める人物とお会いし、

これからの時代、必要とされる人材・能力について聞きました。

 

 

今日と、明日に分けて、『2部構成』でご紹介したいと思います。

 

 

①『個人主義』ではなく、『組織全体』として最大成果を発揮できる人材。

 

 

私自身、

 

 

一事業家として、個人事務所を開設してビジネスしていますが、

当然の話、『一人』で行っている仕事は、何一つも有りません。

 

 

もしかすると、

 

 

『フリーランス・自営業者』という立場の方々の中には、

その道(生業)の『プロフェッショナル』として、

徹底した『個人主義』を貫く方もいるかも知れませんね。

 

 

しかし、

 

 

実際に経験してみたら分かることですが、

そのスタイルで遂行できる『仕事』には、

規模・質とも、両方の観点で『限界』は近くなります。

 

 

やはり、

 

 

社会的に大きな『影響力』を発揮しようと考えるなら、

シンプルに、ある程度の『マンパワー』は必要であり、

『チームワーク』という観点は外せない能力になります。

 

 

そして、

 

 

『個性』『能力』の異なるメンバーが集合する組織では、

それぞれの特性を見抜き、融合させる能力が必要不可欠。

 

 

私自身、

 

 

自らに『無い』と感じた能力については、1ミリも努力する気がなく、

その『能力』を保有する人物に、一瞬で、仕事ごと振ってしまいます。

 

 

そうすることで、

 

 

私自身も、才能・能力を発揮する『仕事』に集中できて、

全体として、『最大効果』を発揮できるのだと考えます。

 

 

さらっと書きますが、『全体を俯瞰する能力』も必須条件ですね。

 

 

②『指示待ち型』の人間ではなく、自ら『能動的』に物事に取り組める人材。

 

 

こちらも、当然といえば、当然の話です。

 

 

『事業家』という立場の方々からすれば、

『仕事』というものの第一義と言えます。

 

 

実際、

 

 

『例』としては、あまり好意的に思われないかも知れませんが、

『電通:鬼十則』に記される『第一則』は、次のフレーズです。

 

 

仕事は自ら『創る』可きで、与えられる可きではない。(*原文ママ)

 

 

前述条件とも重なりますが、

 

 

該当『ビジネス』において、チーム全体の『ミッション』を確認したら、

自らテーマを持ち、周囲と情報共有しながら、自走する人材こそが優秀。

 

 

確かに、

 

 

私自身、20代を過ごした『会社員』としての経験を振り返っても、

この『自走できる能力(*)』は、優秀人材の第一条件と考えます。

 

 

*『自走』することと、『暴走』することは全く別次元ですが。

 

 

『指示待ち人間』の特徴としては、『思考能力』がない要因の他、

『責任を取る覚悟がない』という方々も、数多く含まれますよね。

 

 

いずれにしても、これからの時代、今まで以上に淘汰される人材です。

 

 

【前編】を読み進めてみて、いかがだったでしょうか??

 

 

2020年以降の時代は、『会社員』『事業家』に関わらず、

本当に『価値』を創出できる人間が、社会から求められます。

 

 

明日は、【後編】をご紹介する予定です。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■10/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/29(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■10/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/29(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile