『禁断の領域』に踏み入れました(笑)★

今日のテーマは『禁断の領域に踏み入れました(笑)』です★

最近、ついに読んでしまった本があります。

pha著『ニートの歩き方』です。

ペンネーム『pha』て、、、

もうスタートの時点からして緩いです(笑)

実は、おとついの『メキシコ人の漁師の話』は、

この本の冒頭で書かれている話です。

著者自身は京都大学卒業で、一般的に考えれば、

その後は商社やインフラ業界にでも就職するエリートです。

奇しくも、僕が高校時代の第一希望だった、

『京都大学総合人間学部』でもあります。

しかし、『ライフを削ってまで働くのはおかしい!』

という考えのもと、1番楽そうな就職先を探します。

彼が優秀だったこともあるでしょうが、

1日の仕事は2、3時間で終わってしまうような職場です。

『さらに仕事をふられるのが嫌だから』という理由で、

仕事をしてる風にみせるため、必死にPCで『ソリティア』をします。

そして、『この先ずっとソリティアをする人生が嫌だから』

という理由で仕事を辞めたエピソードには笑いました(笑)

この本の中では、ニート生活を送る上で必要な、

そして、僕達が普段の生活にも生かせそうな情報が満載です。

また、著者は多くの本を読んでいて、

考え方の思慮深さ、その洞察にも驚かされました。

僕が、この本の中で1番ドスンときた、

『現代人が未だに働かなければならないのはおかしい。』

という言葉も、変に哲学的に聞こえてしまいます(笑)

僕自身、『仕事』は人間的成長のため必要と考えます。

ただ、著者の言うように、

産業革命もとっくの昔に終わって、現代の先進国である日本において、

『お金』のために『働かなければならない』というのであれば、

『確かに、おかしいな。』

と感じました。

要は『ニートでも生きていける!』ということです。

そして『ニートは自分で選択できる』ということも。

頭が固くなってしまっている人は、

読むといい感じに力が抜ける本だと思います★

オススメです(^_^)

62

23 件のコメント