【預金信仰】からの解放なくして、【経済的自由】達成は有り得ない。

今日のテーマは、『預金信仰からの解放なくして、経済的自由達成は有り得ない』です。

 

 

金融・経済の分野において、『日本人』という国民が、

海外諸国とは『異なる価値観』を持つ場面は多くある。

 

 

タイトルに採用した『預金信仰』という言葉も、

それを表す、典型的な事例の1つだと言えます。

 

 

昨年から続くコロナ禍、

 

 

国民一律支給された『特別定額給付金』等の影響もあり、

メガバンク中心に『銀行預金高』は急増し続けています。

 

 

実際、

 

 

預金残高と貸出残高差である『預貸ギャップ』は急拡大し、

昨年(2020年)中には、『300兆円』の大台を突破。

 

 

更に、

 

 

日銀公表のデータによると、2021年4月時点では、

過去最大となる『約324兆円』まで急進しています。

 

 

別の角度で見ると、

 

 

メガバンク3行(UFJ、三井住友、みずほ)に限定しても、

顧客からの預金残高は、昨年度だけで『41兆円』アップ。

 

 

これに対して、

 

 

メガバンクサイドは、新規流入した『巨額資金』のについて、

有望運用先が見つからないという『贅沢な悩み』を抱えます。

 

 

2010年代後半から続く、

 

 

ゼロ金利常態化の時代(日銀に至ってはマイナス部分あり)、

『巨額資金』を預かるサイドも、殆どメリットがありません。

 

 

何れにせよ、『有る』ことに対する悩みですから、

『無い』ことに対するそれと比べたら、贅沢です。

 

 

一方で、

 

 

コロナ禍、生活困窮世帯に対する、生活資金の貸付制度では、

融資総額が『1兆円』に迫っているとの報道も出て来ました。

 

 

現時点、

 

 

融資決定件数は『227万件』を超えて、伸び続けており、

この数字がそのまま、日本国内の『困窮世帯』を表します。

 

 

また、

 

 

東京、大阪を始めとした『緊急事態宣言』該当地域において、

休業・廃業する事業者も、水面下で増加し続けていますよね。

 

 

そう考えると、

 

 

同じ『日本』という国内においても、コロナ禍の約1年半、

今まで以上に大きな『経済格差』が生まれた事になります。

 

 

異なる事例では、

 

 

日本の富豪上位50人は、昨年全員『ビリオネア』になり、

総合して前年比『約50%』も保有資産額を伸ばしました。

 

 

世の中、『お金』はある所にには、あるものですね(笑)

 

 

人類有志以来、数千年もの時が経過していますが、

未だ、『富の再分配』は正常に機能していません。

 

 

個人で対応できる範疇を超えるので、嘆いても仕方ないですが。

 

 

話が逸れてしまったので、大幅に修正して『本題』に入ります。

 

 

冒頭、

 

 

日本人の『預金信仰』に対する、忠誠心を紹介しましたが、

この『呪縛』に囚われる限り、資産形成には成功しません。

 

 

実際、

 

 

前述の通り、預け入れられた『メガバンク』サイドですら、

『巨額資金』の対応について、苦慮しているのが現状です。

 

 

未だ、

 

 

『経済循環』の完全復活には、ほど遠い現状を考えると、

この状況で、有望な融資先を見つけるのは簡単ではない。

 

 

かと言って、

 

 

『日本国債』に資金投入しても、新発10年もの利回りは、

『年率0.080%』前後で推移する、ゴミのようなレベル。

 

 

この辺り、

 

 

『投資』という分野に明るい方々は理解されると思いますが、

『投資資金』も、域値を超えて巨大になると、逆に不便です。

 

 

仮に、

 

 

有望な投資先を発見しても、その『パイ』は限られており、

保有資産全体に与える『プラス・リターン』は限定的です。

 

 

また、

 

 

運用総額が『巨額資金』になれば、なるほど、自らの動きが、

マーケット(市場)に対して影響を与えてしまうジレンマも。

 

 

そう考えると、

 

 

私たちのような『個人投資家』というミニマム・ユニットは、

機動性・運用効率の観点でも、非常に合理的に利益を得ます。

 

 

今日は、どうも話が逸れがちですね。

 

 

改めて、話を戻します。

 

 

預入先の『メガバンク』が頭を悩ませている現状において、

相対する『預金者』の保有資産が伸びることはありません。

 

 

実際、

 

 

現行、市中金融機関の預金金利は『年率0.001%』であり、

『雀の涙』を超えて、殆ど『ミクロの世界』の話になります。

 

 

更に、

 

 

コロナ禍、世界各国が『金融緩和』を積極的に進めた結果、

既存通貨の『実質的価値』は、相対的に弱められることに。

 

 

巷では、

 

 

投資家の『保有資産増加』が話題になることがありますが、

『数字上増えて、実質的にトントン』というのが本音です。

 

 

この状況で、

 

 

『数字上』も増えることなく、『実質的』には確実に減る、

『預金信仰』を続けることは、正に狂気の沙汰と言えます。

 

 

そもそも、

 

 

海外投資家の『基準値』としては、金融緩和の有無に関わらず、

総資産に占める『現金比率』は、5〜10%と限定的ですから。

 

 

海外の方は、『現金は増えない』ことを知っているんですね。

 

 

日本国内においても、この『鉄則』は、当然成立しています。

 

 

『公的年金システム』の維持・存続が怪しくなってきた結果、

日本政府は、様々な形で国民に『投資』を喚起して来ました。

 

 

その結果、

 

 

日本国民の中にも、本当に、少しずつ、少しずつながら、

『資産形成:投資』の意識が芽生えはじめていますよね。

 

 

しかし、

 

 

事態(日本財政)が悪化するスピードと比較したとき、

まだまだ、改善速度は『遅い』と言わざるを得ません。

 

 

皆さんは、『預金信仰』に囚われていませんか??

 

 

先ずは、その『呪縛』から解放されることがスタートです。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降についても、

【リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)】を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】については、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望頂いた方への【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より【濃い情報】をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile