肥大化する【現代版:資本主義経済】は、【些細なこと】で歯車が狂う。

今日のテーマは、『肥大化する現代版:資本主義経済は、些細なことで歯車が狂う』です。

 

 

まったく『実感』ありませんが、『第4波』が襲来してますね。

 

 

本日(3月30日)時点、

 

 

活動拠点とする大阪の新規感染者数は『432人』を記録し、

首都圏・東京の感染者数を上回り、全国ワーストとなる数字。

 

 

一時期、

 

 

日内感染者数『100人未満』が続いたことを考えれば、

報道される数字上、確実に『感染者』は増加しています。

 

 

ただ、

 

 

多くの方々もコメントされている通り、検査数不明の為、

地域間、時系列的な比較も、参考程度にとどまりますが。

 

 

私自身、

 

 

気付けば、働き方も、殆どが『オンライン化』されており、

無意識のうちに、『感染リスク』の低い生活をしています。

 

 

以前は、

 

 

毎晩、クライアントさんと会食する生活が続いていましたが、

飲食店の自担営業が続く中、1ヶ月単位、夜の外食も皆無に。

 

 

もはや、

 

 

『ビフォー・コロナ』の生活スタイルがどうだったのか、

1年以上前の生活習慣も、思い出せなくなっていますね。

 

 

あ、ご理解いただいていると思いますが、ここまで、

『新型コロナ・ウイルス』の話題を展開しています。

 

 

今年に入り、

 

 

世界的に、『ワクチン摂取』もスタートしているものの、

『経済循環』は、想像していたほど戻って来ていません。

 

 

確かに、

 

 

世界全体の『新規感染者数』は、鈍化傾向にありますが、

『変異株』の問題等、解決すべき問題が山積しています。

 

 

果たして、

 

 

1年延長措置が採られている『東京五輪』は、

無事に、今夏は開催されるのでしょうか??

 

 

先日、

 

 

海外からの観客受け入れを断念した報道が流れましたが、

日本国内の状況を考えると、不透明感ばかり拡がります。

 

 

実質的な『経済回復』は、まだまだ先になりそうです。

 

 

にも関わらず、

 

 

これまでも、繰り返しお伝えしつづけて来た通り、

金融緩和により『高値圏』で推移し続けています。

 

 

昨日(3月29日)も、

 

 

米国市場の『NYダウ平均株価』は、過去最高値を更新しており、

それに引っ張られ、本日の日本市場も『微増』で終えています。

 

 

ただ、前述の通り、本格的な『回復』ではないですね。

 

 

『金融緩和』により、数字の『相対価値』が減少しているだけで、

『人』『経済』の循環が正常化すれば、更なる上昇を記録します。

 

 

投資家にとっては、楽しみな時期は、暫く続きます。

 

 

しかし、

 

 

ここに来て、世間から大きな注目は集めていないものの、

『不穏なサイン』が流れはじめていることも、事実です。

 

 

中には、耳にされた方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

 

『野村ホールディングス、米子会社取引で2000億円超損失の可能性』

 

 

報道によると、

 

 

米国・某ヘッジファンドとの取引に関与していたという同社は、

保有株式の下落に伴う追証に、一時対応出来なかったとのこと。

 

 

また、

 

 

同取引において、クレディ・スイスも損失を被ると見られており、

損失額の公表はないものの、野村をも上回ると推測されています。

 

 

更に、

 

 

その影響は、他金融機関にも飛び火すると考えられており、

三菱UFJ証券も、『300億円』程の損失見込みを公表。

 

 

まだまだ、出てくる可能性はあります。

 

 

現時点、コメントは控えているものの、ゴールドマン・サックスや、

モルガン・スタンレー、UBS等も、影響を受けると見られています。

 

 

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか??

 

 

今回、

 

 

某ヘッジファンドが仕掛けたとされる『ブロック取引』は、

証券会社を通じて、同一銘柄を大量に取引するという手法。

 

 

原則として、

 

 

『株式市場』は、『人気投票』の性質を持っていますから、

『買い注文』が集中すれば、必然、取引価格は上昇します。

 

 

また、

 

 

一金融機関を通じての大量取引は、思惑がバレてしまいますから、

マスキングの意味も込めて、取引する金融機関を分散するのです。

 

 

更に、

 

 

今回の取引で『追証』が発生しているということは、

それが、『レバレッジ』を掛けた取引だということ。

 

 

単純に、

 

 

『自己資金』の取引なら、ゼロになる事が最悪のケースですが、

『レバレッジ』を掛けた場合、損失額は天文学的に上昇します。

 

 

話題に上る、

 

 

某ヘッジファンドはポジション総額500億ドルと言われており、

日本円換算すると、『5兆円超』という巨大な規模に膨らみます。

 

 

現時点、

 

 

『保有株式(銘柄)』や『損失総額』は明らかにされていませんが、

同取引に関連する『損失計上』の報道は、出て来ると予想されます。

 

 

以前から、

 

 

『現代版:資本主義』と表現する21世紀における『世界経済』は、

金融緩和による膨張を前提として、成立するとお伝えして来ました。

 

 

この前提条件は、恐らく、今後も変わりません。

 

 

いつか、

 

 

『終焉』を迎えるタイミングが、来るのかも知れませんが、

その原因となる『衝撃』は、誰も回避が出来ないでしょう。

 

 

更に、

 

 

その『衝撃』の原因となる出来事も、明らかな『一大事』ではなく、

『些細なこと』が連鎖する形で、肥大化する可能性を秘めています。

 

 

前述した『5兆円』は、

 

 

『個人資産』の観点では、天文学的な数字と考えられますが、

『世界経済』全体としては、十分に『吸収可能な数字』です。

 

 

それでも、

 

 

そのような『些細なこと』が、連鎖的に連なることにより、

大きな影響を与える可能性も、考えておく必要があります。

 

 

1匹の蝶の羽ばたきが、竜巻を引き起こすこともあるのですから。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile