本物の『天才』を見たことありますか?

今日のテーマは『本物の天才を見たことありますか?』です★

皆さん、実際見たことありますか?

僕は、地元では1人だけ、

浪人時代の駿台京都校では何人か、見たことあります。

ガッコの教科書やテキストを丸暗記してる、

『暗記バカ』のことを言ってるのではありません。

本物の『天才』とは、思考の『抽象度の高さ』です。

『IQの高さ』とも言えるかも知れない。

見たことないもの、知らないものを、

いかに自分の知識でゲシュタルトを構成して理解するか。

彼らは、初めて見るのもに対して、

いとも簡単に、あたかも昔から知ってたかのように理解します。

実際、京都大学医学部に行く人達は、

ほとんど勉強もせず、夏休みはスタバでバイトしてました。

『教科書に載ってないので知りません。』とか、

意味不明なコメントする優等生は論外です。

彼ら(天才)は、僕ら凡人には見えない抽象空間も見えるので、

ほんまに生きてる世界も別次元です。

東京大学、京都大学に行くほんの一握りの人間がそうです。

あとは、余裕でそのへんに行けるのに、

『鯨の研究がしたいから。』とか言って三重大学とかに行く奴も居ます。

彼らを目の当たりにすると、

ほんまに自分の『身のほど』を思い知らされます。

そんな彼らでも、いつかのタイミングで挫折もするでしょうから、

『上には上が居る』、ほんまに上を求めていっても切りがありません。

でも、彼らの存在を知ることはメリットもあります。

確実に、人間的に謙虚になります(笑)

『井の中の蛙』『お山の大将』では、

大したことないのに一生威張って終わるかも知れない。

これは『顔から火がでる』ほど恥ずかしい。

他はどうでもいいから、そういった『勘違い』だけは早めに気付きたい。

今日の話は、『そういう凄い人達もいる』ということです★

また明日のblogの内容に続きます(^_^)

235

29 件のコメント