堅調つづく【金融緩和市場】に、【調整局面】は訪れるのか??

今日のテーマは、『堅調つづく【金融緩和市場】に、【調整局面】は訪れるのか??』です。

 

 

『株式市場』は、引き続き、堅調さを維持していますね。

 

 

いや、『投資市場全体』とも、言えるかも知れません。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『現代版:ナニワ金融道は、あなたにソフトな顔をして忍び寄る』と題して、

新たに流行の兆しを見せている、『違法高利貸し』についてご紹介しました。

 

 

いつの時代も、手を変え、品を変え、やって来ますね(笑)

 

 

ただ、

 

 

こういった『馬鹿馬鹿しい話』が、無くならないということは、

いつの時代も『引っ掛かる人間』の存在があるということです。

 

 

それでも、

 

 

人間、窮地に追い込まれたら、冷静な判断力もなくなるため、

そういった方々を、一概に批判することも出来ないのですが。

 

 

それで、

 

 

『ソフト闇金』なる、違法性の高利貸しが流行する背景には、

当然、日銭にもこと欠く『経済的困窮者』の存在があります。

 

 

考えてみれば、当たり前ですよね。

 

 

国内も『緊急事態宣言』の延長が正式に決定して、

『経済循環』は、ほぼ完全にストップしています。

 

 

先ほど知った情報では、

 

 

航空業界が、融資を受ける際、金融機関に提示した『再建計画』では、

年度末(今年3月)の回復率を『国際線:5割』としていたんですね。

 

 

『国内線』に限っては、通常時期『7割』まで回復すると強気です。

 

 

実情は、どうなのでしょうか??

 

 

私自身、

 

 

『自粛生活』に入っているので、正確な知見は分かりませんが、

恐らく、現時点では、『国内線』の飛行機もガラガラでしょう。

 

 

『国際線』に限っては、限りなく『ゼロ』に近いと考えます。

 

 

それほど、『人』の流動性が落ちているということ。

 

 

そして、

 

 

それは、『航空業界』だけに限った話では、決してなくて、

『例外』などなく、凡ゆる業界の方々に影響が及ぶのです。

 

 

もちろん、私自身、まったく『無縁』ではありません。

 

 

にも関わらず、

 

 

冒頭、ご紹介した通り、『投資市場』は活況を呈しており、

特に、『株式市場』は分かり易く、堅調な推移を見せます。

 

 

米国市場も、NYダウ平均株価は『3万ドル』を突破していますね。

 

 

日本市場、日経平均株価も『2万9000円』に迫って来ました。

 

 

繰り返しますが、非常に『底堅い』推移です。

 

 

そして、

 

 

前述の通り、人の流動性、経済循環は落ちているにも関わらず、

『投資家』の立場をとる方々は『保有資産』が急騰しています。

 

 

世界経済は、【バブル】と【崩壊】を繰り返すことで成長する。

 

 

むしろ、

 

 

多くの方々が好ましくないと感じる【崩壊】を経験する事で、

その後の【回復期】に、保有資産は大きく上昇する事になる。

 

 

私自身、

 

 

『情報』『知識』として、そのことは理解していましたが、

『コロナ危機』を通じて、体験的に知ることが出来ました。

 

 

ブルームバーグでも、米国内の状況がシェアされていますね。

 

 

世界一の感染大国では、多くの企業・一般市民が苦境に陥り、

全土に渡り、『1000万人』規模の失業者が存在しており、

日々の食事に困る人々は『3000万人』いると言われます。

 

 

対して、

 

 

『上位2割』に位置している方々は、影響を受けていないか、

むしろ保有資産の『口座残高』の急騰を受けて、驚いている。

 

 

相反する状況が、2021年、同時期に地球に存在しています。

 

 

著名エコノミストらも、約50年ぶりとなる格差拡大に、

社会や政治に与える深刻な影響として警告し始めました。

 

 

確かに、『光』が強くなるほど、『影』は濃くなりますね。

 

 

ただ、

 

 

後半で『肯定的』に紹介させて頂いたポジションの方々も、

この先は、一時的な『痛み』を伴う可能性が出て来ました。

 

 

先日、

 

 

日本市場で起こったサインは、『エムスリー』株の急落です。

 

 

同社株式は、

 

 

『コロナ危機』による、『世界の変化』を象徴する銘柄に1つで、

実際、昨年初比較で『3倍』となる株価の急騰を見せていました。

 

 

それが、

 

 

最近では、日本市場全体の動向に相関することなく下落が続き、

大きい時は、『前日比5%下落』をも記録するようになります。

 

 

しかし、

 

 

この動きは、同社の将来性に対する懐疑的な見方というよりも、

マクロ視点での『買い支え圧力』が低下したと見られています。

 

 

要は、

 

 

直近1年間、各国政府が推し進めてきた『金融緩和』の継続に、

懐疑的な見方が強まり、機関投資家が市場から退出していると。

 

 

特に、

 

 

ヘッジファンド・マネージャー等は、個人投資家の立場と異なり、

凡ゆる場面、凡ゆる市場において『利益の追求』が求められます。

 

 

その状況で、

 

 

簡単に、市場退出をしない、長期視点の『個人投資家』と違い、

顕在化が叫ばれる『リスク』を回避する傾向が強まっていると。

 

 

当然、

 

 

彼らの『先見性』が正しければ、退出しない市場参加者の、

『保有資産』は、一時的に下落を経験することになります。

 

 

誰しも、

 

 

『下落』を経験することは、その最中では本意では無いですが、

少しだけ、『耐え忍ぶ時期』がやって来るのかも知れませんね。

 

 

ただ、

 

 

【調整局面】の後にこそ、大きな【恩恵】があることを忘れないで下さい。

 

 

時に【嵐】を経験するからこそ、過ぎ去った後の【幸福】を感じられます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■2/24(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*『緊急事態宣言』延長の際は、オンライン切換の可能性があります。

 

■2/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■2/24(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*『緊急事態宣言』延長の際は、オンライン切換の可能性があります。

 

■2/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile