『良い人』という理由で選ばない★

昨日は『アヒルの兄弟の話』をしました★

童話を話したかったんちゃいます(笑)

皆さんに『保険』を意識して欲しかった。

で、『保険商品』にしても『金融商品』でも、

皆さんが加入を決める基準があります。

『募集人が、良い人だったから。』

『窓口の人が、親切だったから。』

この判断基準、捨ててください。

今すぐ、ここでね。

その方々の、

『人間性』『人格』を否定する気は全くありません。

むしろ、そういった方々、

『親切』『誠実』な方が多いと思います。

ほんまに『良い人』やと思います。

でも、僕の浅はかな人生経験上、

『良い人』というのは、残念ながら『賢い人』ではない。

彼らが、あなたに『良くないもの』を紹介するのには、

大きく2つの理由があります。

①企業に属しているから。

彼らが売っているのは、

自分の属する会社が出している商品です。

当たり前ですよね。

彼らは、その会社の商品を売るために雇われてます。

どんなにその方が『良い人』『親切』でも、

『給与なくてもいいよ』という人は居ません。

そして、『会社が売りたい商品』というのは、

『会社が儲かる商品』ということです。

つまり、『利益率』が高い商品。

『利益率が高い』ということは、

誰かがその『利益』部分を払っているということです。

それは、加入者の方々です。

②知らない。無知。

『良い人』というのは、概して『優等生』です。

教科書に書いてることをしっかり覚えて、

『ここテストに出るよ!』と言われた所を習得する。

『聞きわけの良さ』と引き換えに、

失ってしまったものは『自分の頭で考える力』です。

彼らの中には、ほんまに自分の売ってるものが、

『良いもの』と思っている人も居ます。

僕は『プロ中のプロ』なので(笑)、

僕のところには保険会社や金融機関の方々も、

『教えてください!』と来てくれることが多い。

例えば、プルデンシャルの人達に、

『あなた達が日本で許認可とって売ってるもの。

海外のそれと全く違うことを知ってますか??』

と聞いても、知ってた人は今のところ『ゼロ』です。

また、最近CMに良く出てくる『ソニー生命』。

あの会社の支払い準備金は、

90%以上が日本国債で持たれているそうです。

これの意味するところを、

彼らは全くわかっていません。

『国債で大部分を保有する』

これは、元本を減らすリスクが少ない代わりに、

『投資』によるリターンの機会も放棄する、ということ。

保険料金は、

①死亡率、イベント発生率。

②運用予定率。

③事業費率。

この3要素で決まることが基本です。

①は、人の力の及ばない統計的なもの。

ここで、『②運用予定率』を無視するということ、

『投資リターン』を放棄するというのはつまり、

・人から集めた『お金』を運用せずに持ってる。

・その中から自分達の『取り分:給与』を貰う。

・残った『お金』をイベント発生者に返す。

ということです。

『自分で積立てた方がマシ』

こう考えるのは、僕だけでしょうか??

確かに、他の保険会社に比べて、

事業費率を抑えてる(と言ってた?)分、

良心的?ではあるのでしょうが、

僕には加入する要素が見当たりません。

以上です。

日本は、本当に『人が良い』です。

これは、皮肉でも何でもなく素直に思う。

さらに、『稼ぐ底力』がある分、

それを狙ってくる人達にいいようにやられてます。

少しずつ、少しずつ、

僕と一緒に賢くなっていきましょう(^_^)★

*今日のblog、共感してもらえたら、

Facebookでもシェアしてもらえると幸いです(^O^)!

314

5 件のコメント

  • … [Trackback]

    […] There you can find 74314 more Information on that Topic: michiamokota0421.com/good-person/ […]