『イチロー』の言葉から学ぶこと★

メジャーリーガーの『イチロー』の話です(^_^)★

彼の凄さについては、

説明なんか要らないでしょうし、私には決して出来ません!

野球人としての偉大さもありますが、

その一言一言の重みも『イチロー語録』として語り継がれてます。

私自身、多大なる影響を受けた一人です。

それで、

その中でも1番ドスンっと響いた言葉。

それを今日の記事ではご紹介したいと思います(^_^)

『極限まで努力して、

プロ野球選手になれなかった人を、僕は知らない。』

どうですか??(笑)

ある程度、本気でやってた人の方が、

この言葉の重みはわかると思う。

私も、野球をやっていました。

それなりに努力した、ほんまに。10年間。

でも、

『極限まで、やったか??』と言われれば、

『ほんまに死ぬほどやりました!』とは、言えないと痛感します。

『小4のあの日は自主練サボったし』

『中2のあの時のダッシュは手ぇ抜いたな』

みたいなんがポロポロ出てくる。

高校の時も、もっと周りの目を気にせず、

泥にまみれて『極限まで』やれたよな、、、

イチローの高校時代の所属は『愛工大名電』。

言わずと知れた、高校野球の強豪です。

もちろん、練習もキツい。

その中でもイチローが、毎晩深夜までバットを振り込み、

『幽霊が出る』と噂になってたのは有名な話です。

イチローほどの『天才』でも、『極限まで』やってた。

たぶん、僕らが何のテーマで勝負しても、

『イチローの野球』よりはセンスないです(笑)

でも、それやからこそ、『極限まで』やろう★

『センス有る無し』うんぬんは、それからです。

天才をもう一人、『パブロ・ピカソ』。

あの奇抜なデザインが印象に残りますが、

彼が生涯に描いた画の点数を知ってますか??

実に、14万8000点。

僕も最近知りました(^_^)

凄すぎてよくわからないですよね??(笑)

ピカソ少年が画家デビューしたのが16歳で、

そこから生涯書き続けた計算で75年。

これで割ると、1日5点ペースらしいです。

もちろん、毎日。あのへんな画を(笑)

*最初の頃は綺麗な風景画なんかも描いてました。

やっぱり常人離れしてます。

『天才は、数』らしいです。

私も、自分にリミッター掛けずに、

どんどん発信していこうと感じました(^O^)!

皆さんも、『ライフワークに生きたい!』と思ったら、

まず、『死ぬほど』やってみましょう!

心配しなくても、大丈夫です。

私たちも、きっといつか死ぬから(^_^)★

9 件のコメント