日本国債の【無限ファイナンス】は、未来永劫可能だろうか??

今日のテーマは、『日本国債の無限ファイナンスは、未来永劫可能だろうか??』です。

 

 

昨日は、『ベネズエラ』に起こる惨状をご紹介しました。

 

 

少しだけ振り返ると、

 

 

2008年以降3回目の『デノミ』を実施した同国では、

直近13年間で、通貨価値が『14桁』暴落しています。

 

 

実に、『100兆分の1』の切下げですから笑えません。

 

 

シンプルに、『国民資産の没収』と考えて良いでしょう。

 

 

もしも、

 

 

あなたが、通貨単位として『100兆』保有していても、

13年間に渡るデノミ政策により『1』に切下がります。

 

 

仮に、

 

 

通貨単位が『日本円』であれば、『100兆』のそれは、

一生涯を掛けたとしても、到底、使い切れない金額です。

 

 

しかし、

 

 

デノミを3回実施した後の『1円』という数字であれば、

何か購入することすら出来ず、消費税の足し程度ですね。

 

 

兎に角、天文学的な規模の通貨価値下落が起こりました。

 

 

もしかしたら、

 

 

日本人にとっては『デノミネーション』という言葉すら、

日常では聴き慣れず、認知率の低いものかも知れません。

 

 

実際、

 

 

独立系FPとして面談する際、その言葉を出した場面でも、

『正しく認識している』人は、ほとんど皆無と言えます。

 

 

ただし、

 

 

今回、ベネズエラで敢行された『デノミネーション』は、

世界経済全体を見回した時、決して珍しいものでは無い。

 

 

事実、

 

 

国家主導の『通貨価値切下げ』は、21世期に入っても、

ベネズエラ以外に、複数の国々が経験しているものです。

 

 

トルコ、アルゼンチン、ジンバブエ、北朝鮮、などなど。

 

 

直近で、世界的インパクトが最も大きかったイベントは、

20世紀末に起こった、ロシア危機の際の切下げですね。

 

 

兎に角、『普通にあること』と認識しておいてください。

 

 

確かに、日本はGDP世界第3位を誇る『経済大国』です。

 

 

また、

 

 

対外純資産『300兆円』を遥かに超える債権国であり、

この数字は20年近く『世界No. 1』を記録しています。

 

 

しかし、

 

 

一方で、健全化とかけ離れた財政運営を強いられており、

新たに発行される国債は、毎年毎年、積み上げられます。

 

 

現時点、

 

 

『財政ファイナンス』の禁じ手による延命措置中ですが、

この『無限ファイナンス』も、未来永劫続けられません。

 

 

近年では、

 

 

中央銀行(日本銀行)による買い入れも鈍化傾向にあり、

同行による累計保有額も『540兆円』を頂に下落傾向。

 

 

中央銀行と言えど、財源は『無限』ではありませんから、

保有がピークに達すれば、いつかは市場に還流させます。

 

 

もしかしたら、その時期は想像以上に早いかも知れない。

 

 

実際、

 

 

新内閣発足直後、債権市場にはちょっとした動揺があり、

理由は『2.45』という著しく低調な『応札倍率』です。

 

 

これは、

 

 

単純に、『応札額』を『落札額』で除して求める数字で、

前述『2.45』は、2015年以来6年超ぶりの低水準。

 

 

それは、

 

 

そのまま『日本国債』の需要の低さを表しており、目下、

中国発・不動産リスクに揺れる市場においても異例です。

 

 

直近、

 

 

日米両国のみならず、世界的に株式市場は下落しますが、

通常の理屈で考えれば、『債権需要』が高まっても良い。

 

 

しかし、

 

 

この状況においても『求められていない』ということは、

如何に、『日本国債』が消化が厳しいかを投影している。

 

 

古今東西、『自然の摂理』に逸脱することは続きません。

 

 

それは、国家の運営、経済の分野においても、然りです。

 

 

日本国債を活用した『無限ファイナンス』は成立しない。

 

 

永遠に借金し続けることが可能なのであれば、世の中に、

個人レベルで、これだけの『困窮者』は存在し得ません。

 

 

私たち日本国民も、冷静な思考回路が求められています。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降、

【リアル(大阪)/ オンライン】と並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■10/22(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/28(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】は、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望者に【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催よりも、【濃い情報】が提供可能ですので、

この機会を、ぜひ、有効活用して頂けたら幸いです。

*予告なく終了する場合もあります。ご了承下さい。

 

 

——————————————————————–

■10/22(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/28(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile