『公共の詐欺』を見抜く眼力★

今日のテーマは『公共の詐欺を見抜く眼力』です★

昨日、今後は投資しなかったら、

確実に『負けゲーム』という話をしました。

しかし、注意が必要です。

年金、銀行、保険、投資信託etc.

日本人は『公共の詐欺』にはハマりすぎです。

日本で営業、販売許可を取っているものは、

みんな頭から信用して思考停止してしまいます。

『保険に入ってるから安心。』

『銀行さんが言うから良いに違いない。』

こういった幻想は早めに手放すことをオススメします。

あなたが契約している保険や投資信託、

証券をよく見て、電卓をたたいてみましょう。

元本割れしてないですか?

幸い少数の方々は、元本割れてないとしても、

運用利息計算は余裕で1%未満ではないでしょうか?

そんな『雀の涙』程の利息のために、

本来は、『時期』『使途』など『自由』に使えるはずのお金を、

『不自由』にする意味がわかりません。

日本人は、メディアに対してめっぽう弱い。

TVや広告で宣伝されてるものが良いと勘違いしています。

最近、S●BCフレンド証券のCMを見ました。

『全社、投資コンシェルジュ宣言』だそうです。

これを見て、皆さんは、

『サポート体制が安心!ここで投資信託買おう!』

と思うのでしょうか。

僕らからしたら、このCMで思うことは、

『この人達賄うための人件費、アホほど取られるな。』です。

まず、これだけのCM、広告をしていることは、

それだけで莫大な費用がかかっているということです。

それは、どこから出ているのか?

残念ながら、皆さんから集められた『お金』からです。

大手金融機関の支店を見てみてください。

大都市の一等地に、どんどん自社ビルを立て、

窓口には多すぎる従業員が居ます。

そのお金は、どこから来ているのでしょうか?

『公共の詐欺』を見抜く方法は、

大局的な『お金』の流れを見ることです。

『そのお金は、どこから来ているか?』

繰り返し自分に問いかけることで、『眼力』も少しずつ上がってきます(^_^)

228

15 件のコメント