今の時代の『投資感覚』★

今日のテーマは『今の時代の投資感覚』です★

結論から言います。

僕が最重要視しているポイントは1つ。

『流動性』

『今、この瞬間に手放すことができるかどうか』です★

少し勉強されている方なら、疑問に思う方もいるかも知れない。

世界第2位のお金持ち、投資の世界ではNo.1の、

ウォーレン・バフェットの投資スタイルと真逆のようなこと言うてます。

『バリュー投資』

投資しようとする会社のあらゆるデータを分析し、

割安評価されている会社の株式に資金を投入する。

バフェットを世界No.1まで押し上げた、

誰にも文句のつける権利すらない投資スタイルです。

そして、バフェットは次の言葉を残してます。

『もし明日から30年間(10年やったっけ?)

市場が閉まったとしても、投資したい会社の株式に投資せよ。』

はっきり言って、この言葉の『解釈』を間違うと負けます。

この言葉を鵜呑みにして?、

あなたが買った株式を30年間保持するしかしなければ、

損失を出すか、紙切れになるリスクは高いでしょう。

なぜか??

今は、『スピード感』が違うからです。

彼がスターダムにのしあがった時期、

今より『スピード感』は断然遅く、悠長にデータ分析する時間はありました。

しかし、今は情報が一瞬で世界に伝わる時代です。

あなたが得ている情報でデータ分析しているうちに、

あっという間に『効率的市場仮説』のもと、株価はそれを反映してしまいます。

分析し終わった頃には、もう時代遅れになっているでしょう。

それでも、

『今でもバークシャーのパフォーマンスは良いじゃないか!』

こんな声も聞こえてきそうです。

でも、バフェットと一個人投資家では、

まったく『立ち位置』が違うんですよ。

彼らは、一般には出回らない、

限りないインサイダー情報をもとに投資をします。

また、購入するのも会社・ビジネスごとなので、

僕たちが投資する条件とは比べものにならない。

もし天才バフェットが、

今、0の状態から資産を築いていくとしたら、

また違った方法でやっていくでしょう。

『お金』『不動産』『貴金属』

今の時代に、価値が保証された投資対象はありません。

流れる『情報』によって、一瞬で価値が変わる時代です。

『30年間、保持したいものに投資する』

この考え方自体には大賛成ですし、僕自身、投資をしています。

しかし、『30年間保持し続ける、しか選択肢がない!』

となると、一気にお粗末な投資(投機?)になります。

自分が大好きな投資対象を、

『いつでも手放せるスタンスで投資する』とこが大切なのです(^_^)

どうか、『解釈』だけは間違わないようにしてください☆

255

6 件のコメント

  • … [Trackback]

    […] There you will find 23566 more Information to that Topic: michiamokota0421.com/investment-sense/ […]