【投資家】と【大衆】は、常に【対局】のポジションを取っている。

今日のテーマは、『投資家と大衆は、常に対局のポジションを取っている』です。

 

 

先日、興味を惹かれる報道がCNNに流れていました。

 

 

注目された記事ではないので、ご存知ないと思います。

 

 

米国における、2021年5月の『消費者物価』が、

1992年以降、最速ペースで上昇したというもの。

 

 

『どこがオモロいねん!』と、ツッコミが入りそうです。

 

 

確かに、一般的な感覚では、全く面白くありません(笑)

 

 

ただ、

 

 

私が『面白い』と表現しているのは『funny』ではなく、

単語としては、『interest』で表現される興味深さです。

 

 

対象になるのは、

 

 

食品とエネルギーを除く部分の『消費者物価』ですが、

実際に、米国内では賃上げ・値上げに動く傾向が加速。

 

 

インフレ圧力に対して、一段と拍車が掛かっています。

 

 

また、

 

 

経済活動の回復を見据えて、人手不足も深刻化しており、

従業員確保の為、賃上げ・福利厚生拡充傾向も続きます。

 

 

実際、

 

 

カリフォルニア州や、ニューヨーク州においては、

全ての『行動制限』が解除される動きなのだとか。

 

 

『ワクチン接種』に関する是非は脇に置くとして、

日本国内の状況とは、大きく乖離があるようです。

 

 

話を戻すと、

 

 

『賃上げ』は、従業員の収入アップに直結している為、

一般的には、『ポジティブ』に捉えられそうですよね。

 

 

しかし、

 

 

世の中、利点だけの『うまい話』は存在しない訳で、

中長期的には『生活コスト』の増大へと繋がります。

 

 

そして、

 

 

『インフレ』の言葉が肯定的に捉えられない理由は、

歴史的に、後者の進展速度が前者を上回るからです。

 

 

要は、

 

 

中長期的視点で捉えた時、『生活コスト』の上昇分が、

常に、『賃上げ』におけるそれを上回るという事です。

 

 

先程とは反対に、『ネガティブ』に聞こえてきますね。

 

 

ただ、

 

 

この動向に関しても、FRB(連邦準備制度理事会)は、

『一時的なものだ』と、まったく重大視していません。

 

 

それについては、少しだけ、特殊な事情もあります。

 

 

前述、

 

 

米国内の『消費者物価』が上昇することを紹介しましたが、

要因が様々絡み合い、長期金利は『下落』に転じています。

 

 

通常、

 

 

市場での『インフレ』進行局面では、長期金利も上昇し、

債権投資家は、より『高い利回り』を求める傾向にある。

 

 

理屈から考えて、

 

 

現在、米国内では『相反する現象』が並行して起こり、

それが、前述通りのFRBの判断に繋がっている訳です。

 

 

正直に言うと、『正解』は誰にも分かりません。

 

 

今回の事例に限らず、全てのイベントは時間が経過し、

レトロスペクティブに見て、初めて真実が判明します。

 

 

稀に、

 

 

『未来が読める!』ことを公言する人間が現れますが、

個人的には、真面に相手にしないことをお勧めします。

 

 

問題に戻ると、

 

 

米国政府が公表する『消費者物価』の上昇に主眼を置くと、

それを容認することには『明確な理由』があると考えます。

 

 

先ほど、

 

 

『大衆』視点から、好ましくない状況を紹介しましたが、

対極に位置する『投資家』の観点では、好ましいことも。

 

 

『投資』の世界に明るい方々は、きっと理解できますよね。

 

 

そう、

 

 

『投資家』にとって、保有資産を増大させる理想的環境は、

若干、速度の強弱はあれど『インフレ』を続けていくこと。

 

 

勿論、

 

 

それが加速する事で『コスト』の観点では影響受けますが、

その速度を上回る形で『リターン』を享受する事が出来る。

 

 

約1年半前、

 

 

『新型ウイルス』の出現により、世界の生活様式は一変し、

『実体経済』は影響を受け、今尚、完全に脱していません。

 

 

しかし、

 

 

世界各国が『金融緩和』を推し進める整合性ができたため、

投資家・国家中枢に位置する人の保有資産は増大しました。

 

 

決して、『平穏な時代』には上昇し得ないペースで、です。

 

 

ただ、

 

 

このまま、この速度の『インフレ』を放置しておくことには、

懐疑的で、『リスク』を懸念する見方があることも事実です。

 

 

実際、

 

 

経済アナリストの中には、『インフレ』を直視しないことで、

FRBがコントロール不能になることを予測する人物もいます。

 

 

また、

 

 

前述『賃金上昇』については、想像していたよりも早く、

既に、『ピーク・アウト』してしまっているとの意見も。

 

 

以前から、

 

 

『米国がくしゃみすれば、日本が風邪ひく』というように、

覇権国と我らが母国と、経済における関係性が表されます。

 

 

世間的には、まったく大きな注目を浴びていませんが、

個人的には、その動向に対して大きく注目しています。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降についても、

【リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)】を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】については、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望頂いた方への【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より【濃い情報】をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

2 件のコメント

  • MKsOrb.Com

    […]very few internet sites that come about to become in depth beneath, from our point of view are undoubtedly well really worth checking out[…]

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile