あなたは、アメリカ・ナイズされる【労働市場】に気付いてますか??

今日のテーマは、『あなたは、アメリカ・ナイズされる【労働市場】に気付いてますか??』です。

 

 

予想通り、日本時間昨夜(2月26日)の米国市場も『下落』でしたね。

 

 

恐らく、日米両市場とも、この傾向は暫くつづきそうです。

 

 

と言っても、

 

 

これまで、『株式市場』は順調すぎる回復を見せていたので、

ここでの、一時的な『下落』は、私たちにとって追い風です。

 

 

当初の予定より若干早く、

 

 

活動拠点とする関西圏では、明日の2月末日を以って、

『緊急事態宣言』の解除方針が、正式決定しています。

 

 

ただ、

 

 

飲食店、商業施設等の時短営業(21時まで)要請は継続で、

宣言解除が、即座に『経済循環』の回復に寄与しなそうです。

 

 

そもそも、

 

 

直近1年間、『自粛慣れ』してしまった私たち国民が、

そう簡単に、生活習慣をコロナ前に戻せなそうですね。

 

 

私自身、

 

 

開業当初からの6年間、ほぼ毎日『外食』という生活が続き、

よもや、現在のような日々が来ることを予想しませんでした。

 

 

しかし、

 

 

一旦、『習慣化』されてしまうと、今度は先ほどと反対に、

『以前の生活』を送っていた勘を、完全に忘れてしまった。

 

 

むしろ、

 

 

身体的には、相当、健康な生活を送れているようで、

今冬は、遂に、全く体調を崩さず乗り切れそうです。

 

 

繰り返しますが、直ぐには『経済循環』も元に戻りません。

 

 

よもや、

 

 

ここまで『新型ウイルス』が長期化すると予想しませんでしたが、

仮に『ビフォー・コロナ』が戻るなら、来年以降の話になります。

 

 

世界全体の『経済循環』が落ちる為、暫く『我慢』の時を迎えますね。

 

 

しかし、

 

 

この状況において、某転職・人材派遣斡旋サイトの調べでは、

大阪の求人募集の約2割が、『年収800万円超』とのこと。

 

 

恐らく、

 

 

一般的に見ても、『景気良いな』と感じる方々が、

大半を占めるのが、実際の所ではないでしょうか??

 

 

確かに、

 

 

日本全体の被雇用者(会社員)給与が30年間も停滞し、

『年収400万円』前後を推移しつづけている時代です。

 

 

それを考えると、

 

 

先ほどの『年収800万円』という水準は、

平均値の『2倍』に相当する高レベルです。

 

 

事実、

 

 

普段、ファイナンシャル・プランナーとして面談していても、

会社員という立場で、上記水準を超える人は、稀な存在です。

 

 

ただ、

 

 

『年収800万円』と言えど、源泉徴収される分を差し引けば、

実際に手にする額(可処分所得)は、『年間600万円』程度。

 

 

もちろん、

 

 

上記の数字には、『賞与』も含まれていますから、

月額のそれは『40万円』ほどが良い所でしょう。

 

 

百歩譲って、

 

 

半世紀から四半世紀前であれば、これでも良いのですが、

『貨幣価値』の下落分まで考慮すると、寂しくなります。

 

 

先ず、

 

 

2021年以降の『日本』が、かつて栄華を極めたような、

『先進国』ではなくなったことを自覚する必要があります。

 

 

その上で、

 

 

さらに残酷なことに、『年収800万円』という水準が、

『負け組』へと転落する可能性までも示され始めました。

 

 

今更、確認の必要ないですが、

 

 

元号『平成』で表現される30年間、経済が低迷した日本国は、

人口減少まで考慮すると『市場全体のパイ』が縮小しています。

 

 

そして、

 

 

『限定されたパイ』を市場参加者(従業員)がシェアしますが、

各人の取り分(給与・賞与)も、減少していくことは必然です。

 

 

更に、

 

 

昨年スタートした『コロナ禍』による、労働環境の変化により、

『不要な管理職』の存在が、ついに、顕在化してしまいました。

 

 

それにより、

 

 

元々、存在していた『ポスト』も、今後、減少すると見込まれ、

従業員間の『収入格差』も、より一層、拡がると予想されます。

 

 

30年以上前であれば、

 

 

日本国内の『年収ピラミッド』は、綺麗な三角形を描き、

特殊能力がなくとも、年齢とともに昇給が見込めました。

 

 

しかし、

 

 

2021年現在、そのような『幻想』は消え去っており、

『年収ピラミッド』も、『歪』な形へと変化しています。

 

 

その結果、

 

 

『年収800万円』は、従業員間でも『負け組』となり、

『それ以外』に分類される時代へと、突入してきました。

 

 

ここまで読み進めて、愕然とされる方もいらっしゃりますよね(笑)

 

 

とは言っても、『年収800万円』は、世間的に見て少数派です。

 

 

その少数派が『負け組』と表現されますから、落胆ぶりが伺えます。

 

 

しかし、私は、まったく物ごとを『悲観的』には捉えていません。

 

 

何故なら、

 

 

『会社員』という立場で、『年収800万円』が負け組ならば、

もう1つ(2つ以上も可)別の、収入源を確保すれば良いだけ。

 

 

実に、シンプルな話です。

 

 

そもそも、私たち『事業家』という立場の人間で、

『1つの収入源』しか持たない人はほぼ皆無です。

 

 

私も含めて、

 

 

平時から、『複数の収入源』を確保しているからこそ、

安定的に『事業』を営み、継続していくことが出来る。

 

 

それが、

 

 

『会社員』という立場の方々の世界においても、

『常識』となる時代がやって来ただけなのです。

 

 

もともと、

 

 

2020年、『新型ウイルス』の出現如何に関わらず、

既存の雇用形態は崩壊し、その時代は訪れていました。

 

 

しかし、

 

 

最も『変化』から縁遠い存在である『会社員』の方々は、

高齢戦士を中心に、気付かぬふりを決め込んだんですね。

 

 

『何とか、定年まで逃げ切ってやろう』、と(笑)

 

 

残念ながら、『コロナ禍』で速度が早まり、逃げきれませんでしたが。

 

 

年齢、性別、立場、所属する業界、背景情報に関わらず、

『資産形成』をしないことは『人生放棄』を意味します。

 

 

それと同様、

 

 

『1つの収入源』に固執する考え方も、既に化石化しており、

『複数の収入源』を確保することが、新たな常識になります。

 

 

皆さん、その『準備』が進められていますか??

 

 

もしも、今日の記事に『目新しさ』を感じてしまったら、

あなたの『思考回路』は、時代遅れなのかも知れません。

 

 

常に『アンテナ』を張り、情報を『アップデート』することが大切です。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile