実は、『楽に』生きれる★

今日のテーマは『実は、楽に生きれる』です★

昨日のフィジーの話の続きです(^_^)

僕の彼女がホースステイさせてもらってるのは、

ホストファーザー、マザー、息子さん夫婦の4人家族。

そのうち仕事をしているのは、息子さんだけです。

ホストファーザー、マザーは何してんの??と思うんですが、

『ゆっくりしてる、毎日。』とのこと。

昼間からのんびりしたり、ゴロゴロしたり、

1日に何回かティータイムがあったり。

『なんや、もうそんなお年か。』と思うと、

まだ40歳ちょっと過ぎらしい、、、

ということは、息子さんも20歳そこそこで、

フィジー現地で働いてることから考えると、

そんなに高給取りということは考えにくい。

聞けば、フィジーでは

家族に1人働いてる人がいたら『上出来』らしいです。

40歳ちょっとのおっちゃん達が、

『経済的自由』をゆる~く達成して、悠々自適に暮らしてます(^_^)

日曜日は街のお店もほとんど閉まる。

公共のバスは路線変更することもザラ。

バス停もなくて、乗りたかったら手を挙げて乗る。

車内の紐を引っ張ったら、降りたいとこで停まる、てな感じです。

運転手さんの気分次第でバスがUターンするので、

丘の上に住んでる友達は、よく語学学校に遅れて来るそう。

『今日はバス来んかってん!』みたいな(笑)

僕らは、日本に生まれて日本で育った。

だから、今の自分達の生活がスタンダードやと思ってる。

また、子供の頃から周りの大人たちに、

『世の中はそんな甘くない』的なことを教えられます。

これ、ほんまなんすかね??

実は、ほんまは皆さん考えてるより、

世の中シンプルに生きられるのではないでしょうか??

実際、世界に目を向けたら、

ゆる~く悠々自適生活している人達も多くいます。

もし、自分達の『思い込み』によって、

自分自身を縛っているのだとしたら、それは良くない。

自分達が信じてきた『常識』を、

少しずつ『ほんまかな?』と振り返ってみましょう。

『実は、楽に生きれる』ことに、意外にすぐ気づきます★

まず、僕がそれを証明しますよ(^_^)

80

7 件のコメント