たまには、離れてみる★

昨日おとついのblogでは、

地元岡山県の宣伝の記事を書きました★

自分の中ではまあまあやと思ってたけど、

昨日のblogのレスポンスはイマイチ(笑)

僕のblogの読者の方々には、

あんまニーズが無かった話のようです(笑)

でもね、たまには、

全く違うこと考えるのも良いですよ(^_^)

また最近、ここ一週間ほど、

中国の株式市場下落を端に発して、世界の市場が荒れてます。

『虚像』ながら維持していた、

『日経平均20000円代』も脆くも崩れ去りました。

同じく、ニューヨーク市場も崩れてます。

中国の追加金融緩和が決まっても、

先行きの不透明感から反発もそこまで大きくない。

おそらく、今後しばらくの間は、

出てくる情報にいちいち右往左往して『市場』は荒れます。

日毎に、上がったり下がったり。

ところで、中国市場が最初に下落した1ヶ月前、

衝撃的なニュースが舞い込みました。

『下落後数日で、個人投資家30名が自殺』

これ、少なくともわかっている数字で、です。

たぶん、本当はもっと多い。

でも、もっと衝撃的だったのは、

その後1週間ほどで市場が元の状態に回復したことです。

つまり、この30人はPC画面見てたから自殺した。

ネット環境もないような所で、

1週間ほどバカンスを過ごしていたら、

『そんなこともあったよね』的な感じで生きてた。

まぁ実際には『追証』入れなあかんかったりもするので、

1週間ほっとくことは出来ませんが、、、、(^_^;)

とりあえず、『一喜一憂』を辞めることです★

おそらく、この1週間でも、

先月と同じような事が起こってます。

僕たちが市場の混乱をよそに、

田舎でバカンスを楽しんでいた同じ時間に、

将来を悲観して命を絶った人達もいる。

でも、『お金』が理由で『命』を絶つとか本末転倒★

blogの読者の皆さんも、絶対にやめよう(^_^)

世界No.1投資家のウォーレン・バフェットは言います。

『明日、市場が閉鎖されて10年間開かれなくても、

それでも持ちたいと思った株式のみに投資せよ。』

バフェットは『バリュー投資』の大天才。

彼のような洗練された手法は使えないかも知れない。

でも、『積立投資プラン』を使うことにより、

同じような状態で投資を進めることも可能です。

『資産形成』は短期視点ではない。

長期でしっかり考えて、

『quality of life』を維持しながら行きましょう(^_^)★

332

35 件のコメント