『マカオ』にも初上陸★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

今回の香港渡航では、

少し足を伸ばして『マカオ』にも初上陸しました(^_^)

香港からはフェリーで約1時間です。

かなり近いですが、

これまでは何故か足が向かわずにいました。

フェリーは香港島、九竜島どちらからも出てますが、

今回は香港島から出る方を利用。

502

香港側のフェリーターミナルはこんな感じです(^_^)

503

このフェリーで向かう。

僕のイメージとしては、

デッキに出たり出来る優雅な船旅を想像してました。

でも、実際は座席固定でがっつり着座。

飛行機と同じような状態で、自由はほとんどありません(^_^;)

それもそのはず。

日本のフェリーのイメージとかと違って、

海上とは思えないスピードで1時間走り続けます。

デッキとか出てたら、振り落とされるわ(笑)

504

マカオ側に到着したら、まず入国チェックです。

言い忘れてましたが、

香港からのマカオ渡航にもパスポートが要ります。

『香港』『マカオ』それぞれ、

旧イギリス領と旧ポルトガル領。

現在はどちらも返還されて、中国という扱いのはず。

ですが、経済的な独立性もまだ確保され、

それぞれの入国?にもこのような現状。

この感じはなんなんやろな??

まだまだ知らないことが多いです(^_^)

505

マカオ側のフェリーターミナル。

506

この景色見たら、『来たな』って思います。

奥の方に蜃気楼のように見えるビル群が、

とても良い感じです(^_^)

507

中国の国旗も掲げてある。

508

街並みはほぼ香港と同じで、

通貨もそのまま『香港$』が使えます。

509

街に出てみると、質屋がところ狭しと並んでます。

510

ここも。

511

ここも。

どのお店も貴金属や高級時計が並ぶ。

『何でやろ?』と思いましたが、

少し考えると理由はわかりました。

『マカオ』

言わずと知れた『カジノ』の街です。

一攫千金を狙って、

スッテンテンになった人達がここに駆け込むのです。

国、地域は変われど、

このへんの人間の『性:さが』は変わりません(^_^)

512

『香港』も『マカオ』も、

とても地震が少ない地域です。

だから、建物の環境はけっこう劣悪。

地震が来たら、一発で倒壊するようなものばかりです。

『建築基準とか、あるんか?』と疑問に思います(笑)

写真見てもらうとわかるように、

1階1階のスペースが狭くてギュっとなってる。

住んでたら発狂してまいそうなマンションです。

今回の滞在はほんの数時間でしたが、

カジノにも少し足を運びました。

でも、撮影禁止なので写真は無し(^_^;)

入口にはセキュリティーチェックもありますが、

警備員さんに言ったらスルーで入らせてくれます。

もちろん、賭けてませんよ(笑)

そもそも、ルールすら知らんし(>_<)

『ブラックジャック』は、

カードカウンティングが出来たら、

期待値1を越える『投資』になるそうです。

でも、他のギャンブルは明らかに『ドブ銭』。

自ら捨てていってるのと同じです。

それでも、日本公営のギャンブル、

『競輪』『競馬』『競艇』『パチンコ』よりマシです。

ちなみに、1番胴元の取り分の多いギャンブルは、

皆さんご存知の『宝くじ』で50%が『テラ銭』です。

つまり、賭けた瞬間に半分取られてる。

アホらしくて、やってられません(>_<)

513

とは言うものの、

次来るときは少し勉強して賭けてみよかな(笑)

皆さん、香港渡航で僕の暮らしが変わったら、

『あいつ、勝ったな』と思ってください(笑)

514

もう少しまとまった時間を作って、

改めて来ようと思います(^_^)★

8 件のコメント