『メキシコ人の漁師の話』★

今日のテーマは『メキシコ人の漁師の話』です★

僕は最近知りましたが、けっこう有名な話らしいです。

大筋はこうです。

メキシコの片田舎に1人の漁師がいました。

ちょうど漁から帰ってきたところで、

小さな港に停泊している船の中には、

生きの良い魚が跳ねています。

それを見てアメリカからの旅行者は聞きました。

旅行者:『どれくらいの時間、漁をしてきたの?』

漁師:『それほど長くはしてないさ。』

旅行者:『もっと多くの時間したら、沢山獲れるのに。』

漁師:『僕の家族が暮らすには、これで十分だからね。』

旅行者:『余った時間は何をしてるの?』

漁師:『陽が高くなるまでゆっくり寝るよ。

少しの時間、漁をして、帰ったら子供と遊ぶ。

それから奥さんと仲良く過ごして、夕方からお酒を飲むんだ。

夜は友達と食事をしたり、ギターを弾いて歌を歌って。』

旅行者は真面目な顔になって言いました。

旅行者:『いいかい。ハーバードでMBAをとった僕がアドバイスしよう。

君はもっと長い時間、漁をすべきだよ!』

彼の言葉は続きます。

・多くの時間漁をして、余った魚は売ること。

・『お金』が貯まったら大きな船を買うこと。

・さらに『お金』が貯まったら、漁船団をつくる。

・次は水産工場を買収して、自分のとこで加工して売る。

『この頃、君はメキシコシティに移住するだろう』として、

・さらにロスやニューヨークへの市場開拓する。

・ついにはマンハッタンにオフィスを構え、

自分は漁をすることなく、そのオフィスから企業の指揮をとるんだ。

漁師は尋ねました。

『そうなるまでに、どれくらいかかるかね?』

旅行者:『20年、いや25年なら確実になるよ!』

漁師:『そのあとは?』

旅行者:『そのあとは、本当に凄いよ!』

にんまりと笑って続けました。

旅行者:『君は自社の株式を売却して、億万長者になるんだ!』

漁師:『、、、そのあとは?』

旅行者:『そのあとは、君は億万長者だからリタイアしたらいい。

田舎の港町に引っ越して、陽が高くなるまでゆっくり眠る。

起きたら少し釣りをして、帰ったら子供と遊ぶ。

奥さんと仲良く過ごして、夕方からお酒を飲むんだ。

夜は友達と食事をしたり、ギターを弾いたり歌を歌ったり。

どうだい!素晴らしい人生だろう!』

また明日に続きます(^_^)

60

18 件のコメント