『天才』は余裕で越えます★

今日のテーマは、『天才は余裕で越えます』(^_^)★

 

 

1つ前のblogで『成功の鍵』をご紹介し、

それは、『10年続けるとこ』と挙げさせて頂きました★

 

 

この『10年間』という期間、

別に明確な根拠があるわけではありません。

 

 

私の独断と偏見です(笑)

特に、なんも意味ない。

 

 

ただ、

 

 

『資産形成』にしても『ライフワーク』にしても、

『継続』と呼べる最小ユニットとなる期間に思います。

 

 

1つのこと『10年』続けられる人も少ないですし、

どんなことでもそれだけ続けたら『形』になるやろう、と。

 

 

兎に角、

 

 

スタートしてすぐやめる人が多いので、

 

 

『最初はそんなレスポンス良くないよ。』

 

 

『第1関門は、続けることやで。』

 

 

という事をお伝えしたくて書きました(^_^)

 

 

が!

 

 

そもそも、『天才』と呼ばれる人達は、

そんな『10年』といった期間は余裕で越えていきます(^_^)★

 

 

例えば、

 

 

あなたは、『河野多惠子さん』を知っていますか??

 

 

大阪出身。大正15年生まれ。

 

 

1963年『蟹』で芥川賞を授賞、

その後審査員まで務められた方です。

 

 

今年初め、88歳で生涯を閉じられました。

 

 

で!

 

 

『芥川賞』なんて受賞できる人、

作家としては超一流の『天才』ですよね??

 

 

そんな人が、売れるまでに10年以上かかってるんです。

 

 

それまでの期間は本当に『鳴かず、飛ばす』です。

 

 

作家さんの『鳴かず、飛ばず』って、

会社員のそれレベルでは全くないじゃないですか??

 

 

収入レベルで言うと、

『食える人』と『全く食えない人』の格差が大きい。

 

 

それはもう、

『自由の国:アメリカ』レベルではない格差社会です。

 

 

そんな中で、『10年』以上の間、売れない。

 

 

後には『芥川賞』を取るほど、

かなり優秀な『才能』を持たれた方のはずです。

 

 

世間の皆さんのレスポンス、めちゃくちゃ悪いじゃないすか(笑)

 

 

それでも、彼女はいくつも小説を書き続けた。

 

 

『好き』って、こういうことですよね(^_^)

 

 

本当に『天才』レベルになると、

『周りの評価』に『自身の行動』が左右されないんです。

 

 

『好きだから、やる』

 

 

これの徹底。

 

 

河野さんのレベルと比べるのは、

甚だ烏滸がましいですが(笑)、

 

 

私も書籍を出させて頂いて、

全国から面談希望者が多く来られるようになって、

 

 

様々な方が、様々なアドバイスしてくれる事があります。

 

 

そのほとんどは、

 

 

『素人』だったり『全く会ったこともない人』なんですが(笑)

 

 

私自身、『自身の軸』と言うものがしっかりあるので、

聞く耳は持ちながらも、『周りの声』に行動はブレない。

 

 

以前、

 

 

『イチロー』という題で同じようなこと書きましたが、

イチローにとっての『野球』ほど私たちがする事『センス』ないですよね(笑)

 

 

『河野多惠子さん』にとっての『小説』も然りです。

 

 

 

世の中の『天才』でも死ぬほど努力しています。

だから、私たちもそれくらいやろう、続けよう★

 

 

『自分、センスあるかな?』と悩むのは、

『10年続けた人』だけに与えられる『特権』やと思います(^_^)★

 

 

本気で独立・開業を目指す方は、

『井上耕太起業塾』にご入塾ください(^_^)★

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

14 件のコメント