*NISA :注意喚起*

今日のテーマは、

もっと早く書けば良かったかなと思います。

日本版ISA『NISA』に対する注意喚起です(^_^)

最近よく聞くこの言葉ですが、

みなさん『NISAとは何か?』概要を理解されてるでしょうか?

平成26年1月1日以降、

この『少額投資の非課税口座』内での取引では、株式等の配当所得、譲渡所得が非課税になる制度です。

*投資額上限100万円、5年間連続まで。保有も最長5年間。

実は、平成25年12月31日まで、

株式等の譲渡所得に対する税率が10%だったため、

それが20%に戻ることへの『目眩まし』の意味もあります。

結論から言うと『NISAはアカン!』★

僕自身、やる意味が全く見出だせません。

理由を挙げていきます(^_^)

①投資素人の方が手を出しても、勝てる確率は低い。

CMや銀行、証券会社に『非課税』と煽られて口座開設した方もいると思いますが、

そもそも『非課税』のメリットがあるのは、自分が利益を出した場合だけ。

『利益が出ない』ということは、単純に元本割れ、『損失』です。

今まで何の投資もしてこなかった方々が、

『ルールも知らず』『出口戦略』も考えず参加しても、

株式市場で勝つ確率は、抜群に低いと思います。

投資の世界で、こういう言葉があります。

『素人が入ってきたら、パーティーは終わり。』

②利益額にも、メリットを感じない。

仮に、上手く『利益』を上げて『非課税』の恩恵?を受けたとしましょう。

投資上限は5年間総額で500万円。

例えば、これがトータル20%の利益を出したとしても、利益額100万円。

単発の100万円程度のお金で、

あなたの人生は劇的に何か変わるでしょうか?

きっと、何か消費or浪費して一瞬で無くなります。

また改めてご紹介しますが、

お金持ちの思考方は『インカムゲイン思考』。

その時々の単発の収入は期待していません。

③ただ、銀行&証券会社が儲けたいだけ。

これが、僕が『アカン!』という最大の理由です(^o^)!

僕達は『日本版ISA』導入の情報を1年以上前から知っていましたが、

この情報をキャッチした瞬間に、金融機関がやりたいことを見抜いてしまいました。

というか、お金に少しでも詳しい方からすると、

あまりに明らかすぎて『ギャグ』にもなりません。

*銀行&証券会社は、NISA口座内で『投資信託』を売りたい*

これだけです。

正直『投資信託』は儲かります、金融機関が。

金融機関 出資者

出資額 0 100

手数料負担 0 100

利益取り分 80 20

だいたいこんな感じです。

募集(申込)手数料、信託報酬、信託財産留保額等々、

『投資信託』には手数料がてんこ盛りです。

彼らの手法としては、『非課税』と煽って口座開設してもらい、

『運用は投資のプロに任せましょう』と伝家の宝刀を抜いて『投資信託』をすすめます。

このブログを読んでくれた方で、少しでも多くの方が、

このワナを回避してくれることを願います☆

*銀行員、証券会社の方々はもちろんですが、

ファイナンシャルプランナーでも『NISA』をすすめる方とは、

アドバイスに少し距離を置くことをオススメします。

というのも、僕達からしたら『NISA』をすすめてる時点で、

その人は投資素人。その方のアドバイスでは資産形成の確率は極小やと思います。

参考にしてみてください(^o^)!

201

6 件のコメント