『無配当』という最高のパフォーマンス★

最近、製造物責任訴訟として、

日本で過去最高の和解金支払いが決定した企業があります。

『武田薬品工業』

言わずと知れた、日本トップの製薬企業です。

糖尿病治療薬『アクトス』の副作用として、

膀胱癌が増加したとの訴訟を受け、最近和解合意しました。

原告団との和解金総額、実に『27億US$』。

現在のレートで約『3240億円』。

もうデカ過ぎて、よくわかんないすね(笑)

武田薬品工業は、このお金を前期で損金計上するので、

2014年度は、上場以来初の赤字決算となります。

しかし、その状況下でも、

2015年度の年間配当『180円』維持は早々に発表。

このことは、株主から少なからず好評価を得ています。

この他にも日本では、

『業績不振でも配当維持』の企業が高く評価される傾向があります。

確かに、株主サイドから見たら、

『将来のお金』よりも『今年のリターン』

『将来の1億』よりも『目の前の100万』

的な思考が優先するのもわかります。

でも、これとまったく『逆』のことをしてる企業をご存知ですか??

『バークシャー・ハサウェイ』

言わずと知れた世界No.1投資家、

ウォーレン・バフェットの経営するファンドです。

長年、バークシャーは『無配』をポリシーにしてきました。

それは、バフェット自身の、

『バークシャーの株を保有すること自体が、

株主にとっての最高の投資となる。』

という考え方に基づいてのものです。

少し冷静に考えればわかりますが、

そもそも『配当』とは、企業の『利益』です。

企業の第一命題は『ゴーイングコンサーン』。

つまり、『永続』することです。

となった時に、本来の考え方で言えば、

『利益』は次の事業展開に使われるのが理想。

あくまで『利益』は、過去のものです。

その先も繁栄するか、衰退するかは、

その『利益』の今後の使い方いかんによります。

で、バフェットは、

『利益』を株主に配当として出してしまうより、

自分達が更なる『投資』に回した方が利益が上がる、と。

要は、『自分が1番、お金の使い方が上手い!』と言ってる。

バークシャーの企業価値はこれからも上がるから、

『株式保有が、株主の最高の投資』ということです。

さすがバフェット、『格』が違います★

つまり、『配当』を出すということは、

経営者サイドから見たら、『投資』を放棄してる行動。

『どう使ったらいいかわからんから、

今後の投資は自分でやって。』

と株主サイドに投げている状態です。

とは言っても、『無配』という戦略は、

相当な自信と信用がないと資金調達出来ないのも事実。

短期視点で『配当』を狙うのもいいですが、

今日ご紹介した視点を持つことも、良いかも知れません(^_^)

*今日のblogは、決してバークシャー株購入を

すすめるものではありません。

*バフェットは現在高齢で、

『この天才の引退後、バークシャーが同じパフォーマンスが出来るのか?』

ということは、常に語られているからです。

307

17 件のコメント