隣国【北朝鮮】の惨状は、果たして【対岸の火事】なのか??

今日のテーマは、『隣国:北朝鮮の惨状は、果たして対岸の火事なのか??』です。

 

 

隣国:北朝鮮が、ふたたび、危機に瀕しています。

 

 

と言っても、危機に瀕しているのは『国民』の話で、

国家中枢に位置する方々は、贅沢生活を続けますが。

 

 

幸か不幸か、

 

 

同国(北朝鮮)における、新型ウイルスの感染者は、

2021年7月現在も、奇跡的に(?)ゼロを維持。

 

 

この辺り、

 

 

震源地(ウイルス発生地)がお隣:中国にも関わらず、

オフィシャルに『ゼロ』を言切るのですから流石です。

 

 

当然、

 

 

現実的には『感染者』が存在しているはずなのですが、

一説に、該当者は厳しい隔離措置が施されるのだとか。

 

 

また、

 

 

それで済めば『御の字』で、感染確認の本人・親族は、

大袈裟ではなく、『命』の危険性すらあると聞きます。

 

 

私自身、『北朝鮮』という国に訪れた事はありません。

 

 

恐らく、読者の皆さんの大半も、同様だと想像します。

 

 

しかし、

 

 

『印象』とは、時に恐ろしいもので、前述した状況も、

『北朝鮮なら、有り得るかも』と妙に納得してしまう。

 

 

そして、

 

 

我々が、未踏の地(北朝鮮)に対して抱くイメージは、

『現実』とは、それほど大きく異ならないと思います。

 

 

話を戻すと、

 

 

未だ『感染者数ゼロ』を維持し続けている同国ですが、

勿論、日本国以上の『水際対策』も実行されています。

 

 

元々、

 

 

主に交易のある国家は、陸続きである『中国』ですが、

新型ウイルス出現前、人、モノの移動は流動的でした。

 

 

それが、

 

 

北朝鮮国内の『感染者数』を(究極に)抑制する為、

貿易を含めた、凡ゆる人、モノの移動を制限します。

 

 

その結果、

 

 

(実際の)新規感染者数も抑制できたのでしょうが、

凡ゆる商行為も制限されて、経済的な困窮者も激増。

 

 

経済活動停滞で、

 

 

多くの北朝鮮国民が、『収入源』を減らしており、

保有資産を取り崩す生活に突入しているのだとか。

 

 

そして、

 

 

『保有資産ゼロ』になった者は、シンプルに困窮し、

食糧も購入できず、勿論、病院も受診できない状況。

 

 

当然、

 

 

その状況に陥った人々の将来には『希望』などなく、

体力が衰えた者から『死者』すら出るのが現実です。

 

 

私たちは、

 

 

北朝鮮に対して『社会主義国』の印象を持ちますが、

基本的に、この状況で辿るプロセスは海外諸国同様。

 

 

具体的には、

 

 

『現金』が底をついたら、親族・知人に借金を乞い、

それが厳しくなれば、家財を質に入れて現金化する。

 

 

それでも、

 

 

万策尽きれば、男性は犯罪に手を染めるものもおり、

悲しき哉、女性の中には売春で生計を立てる人々も。

 

 

更に、

 

 

それでも、それによる生活維持が見込めなくなれば、

最終的には、自らが住む『住居』を手放すそうです。

 

 

その後は、

 

 

日本も、大都市圏を中心に、増加傾向が続いている、

所謂『ホームレス』という立場になる他ありません。

 

 

*日本政府の統計は、ホームレス減少を示しますが、

 大都市圏における実数は、確実に増加しています。

 

 

そして、

 

 

日本国より緯度の高い同国では、冬の寒さは厳しく、

一定数の方が、越冬することができず死んでしまう。

 

 

これが、現在の北朝鮮における『リアル』な話です。

 

 

ようやく、

 

 

先月、金正恩氏も国内の『食糧危機』について認めて、

現金・穀物が尽きた『絶糧世帯』を調査開始しました。

 

 

該当者は、

 

 

先月末から、今月初めにかけて、取り急ぎの策として、

『トウモロコシ約5キロ』が緊急支給されたのだとか。

 

 

生活(生命維持?)する上で、最低限度の支援ですね。

 

 

しかし、

 

 

当然、これは、一時的な効果しかない『延命措置』で、

まったく以って『根本な問題解決』に至っていません。

 

 

世界では、

 

 

『日常』を取り戻したかのように思えた、欧州ですら、

再び、感染者数『急増』の報道が見られはじめました。

 

 

日本においても、

 

 

東京、大阪はじめ大都市圏を中心として、人流が戻り、

明らかに『日内感染者数』が急増する傾向にあります。

 

 

この状況の収束なしには、前述した北朝鮮国内でも、

まだまだ、多くの『人命』が失われると予想します。

 

 

そして、それが『新型ウイルス感染』が原因でなく、

二次災害的な『経済的困窮』という点が皮肉ですが。

 

 

ただし、

 

 

この『北朝鮮』という国家において起こる惨状を、

私自身、『対岸の火事』だとは、到底思えません。

 

 

昨年、

 

 

日本政府が国民一律で特別給付した『10万円』は、

北朝鮮でいう『トウモロコシ約5キロ』と殆ど同等。

 

 

何の因果か、

 

 

感染拡大続く状況で、五輪は開催されるようですから、

大会終了後、待ち受ける『結果』はほぼ見えています。

 

 

確かに、ウイルス感染による死者もいるかも知れない。

 

 

しかし、

 

 

それ以上に、と言うか、その10倍、100倍の方々が、

『経済的困窮』により大きな影響を受けることでしょう。

 

 

日本国は、GDP(国内総生産)世界第3位の経済大国で、

情報統制されて、謎多き『社会主義国』とは異なります。

 

 

しかし、

 

 

多少の差こそあれど、展開される政策の方向性は同じで、

国民が苦境に陥るプロセスも、酷似していると感じます。

 

 

私たちは、本当に『先進国』に生活しているのか??

 

 

客観的視点で、冷静に判断することが求められます。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降も、

【リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)】並行開催です。

 

 

——————————————————————–

■7/27(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■7/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】は、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望者に【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催よりも、【濃い情報】が提供可能ですので、

この機会を、ぜひ、有効活用して頂けたら幸いです。

*予告なく終了する場合もあります。ご了承下さい。

 

 

——————————————————————–

■7/27(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■7/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

3 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile