『ニーズ』を、聞きすぎない★

今日のテーマは、『ニーズを、聞きすぎない』です(^_^)★

 

 

皆さん、『ライフワーク』をスタートする時に、

結構多くの方々が、ハマりがちな『罠』です★

 

 

それが、

 

 

相手の『ニーズ』を聞き過ぎてしまうこと。

 

 

皆さん、相手の『期待』に応えようと思い過ぎてしまっています。

 

 

これは、一見すると『正しい』ように見えます。

 

 

お店に行って『こんなん欲しいんです。』言うと、

『あなたのご希望の商品は、これです。』と店員さんが出してくれる。

 

 

何かを製作すてもらう際も、

 

 

デザイナーの方に希望のイメージを詳細に伝えて、

『期待した、そのもの』が完成して手渡される。

 

 

確かに、良いことです。

 

 

でも、お客さんの想像を越えてないでしょう(^_^)??

 

 

そもそも、この戦法でいくとあなた自身が苦しくなります。

 

 

『こういうのが欲しい』と言われて、

そのものを作るのであればそれは『下請け』。

 

 

その決定要因は『価格』が大きく影響してくることになり、

他にもっと安い人・業者が出てきたら負ける可能性が高くなります。

 

 

有名な話ですが、

 

 

ヘンリー・フォードが『自動車』というものを発明する際、

果たして市場の『ニーズ』を聞いたでしょうか??

 

 

もしも『ニーズ』を聞いていたとしたら、

 

 

その当時の人々はきっと、

『もっと、早く走る馬が欲しい!』と言ったでしょう(^_^)

 

 

当時の人々の中に『自動車』の概念が無いので、

『車が欲しい!』という『ニーズ』が出てくる訳ないのです。

 

 

スティーブ・ジョブズはどうでしょうか??

 

 

これも、人々の『ニーズ』を聞き過ぎていたら、

『iPod』『iPad』『i-Phone』などの発明品は生まれなかったでしょう。

 

 

常に、期待を越えようとする!

 

 

自分の『美学』を追求していく!

 

 

そうすることで、

『あなた』から『サービス・物』を買う価値が生まれます。

 

 

同様に、

 

 

私の『お金のセッション』では、

お客さんの『ニーズ』を聞き過ぎないように気を付けています。

 

 

皆さんの『想像以上の提案』をしようと思うのに、

『ニーズ』を聞いてたら、絶対に答えとして出て来ませんから(笑)

 

 

人は皆、『自分の想像を越えるもの』を、

『イメージすること』『期待すること』は出来ません。

 

 

お客さんに、想像以上のものを与える。

 

 

皆さんも『ライフワーク』をスタートされる際には、

このポイントを大切にしてください(^_^)★

 

 

*ここからは、2017年3月28日の加筆・修正です。

 

 

今日の話で間違って伝わって欲しくないのは、

『相手のニーズを見ない、聞かない』では無いということ。

 

 

むしろ、

 

 

『相手のニーズ』の在り処は見ます。

 

 

ここを無視していて、

『ビジネス』は決して成立はしません。

 

 

『好きなことを、ビジネスにして生きよう!』と言って、

上手くいく人と、上手くいかない人がいます。

 

 

後者は、

 

 

『私は、公園で遊ぶのが好きだから。』と言って、

好き勝手遊んで、周りの皆さんに『対価』を求めるパターンです。

 

 

いや、大の大人が好き勝手に遊んでいて、

『お金』を支払ってくれる人なんていませんよ(笑)

 

 

そうじゃなくて、

 

 

『自分が好きなこと』を『相手のニーズ』に結び付けることは必要。

 

 

『それが出来た上で』の話を、

今日のビジネスブログではさせて頂きました(^_^)★

 

 

『ライフワーク』を生き、理想の人生を引き寄せたい方は、

『井上耕太:起業塾』にご入塾ください(^_^)

 

 

井上耕太起業塾:ご案内ページ

http://michiamokota0421.com/cram-school/

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

14 件のコメント

  • … [Trackback]

    […] Find More here on that Topic: michiamokota0421.com/not-too-listen-to-the-needs/ […]