『だから安心』、ではない★

昨日のblogでは、

『日本デフォルト論は有り得ない』という話をしました。

変に不安を煽る方に、惑わされないでください(^_^)

『お金を稼ぐこと』に関して、

日本はとても優秀な国の1つです★

でも、『だから安心』では無い。

これは、『今まで通りでは』ということ。

これまでのあらゆる歴史を見てわかることですが、

1つの体制、1つの形式が続いたことはありません。

もし、なんでも普遍に続くとしたら、

未だに恐竜から逃げなあかんし、

文字も象形文字のまま、火も扱えないままです。

で、これからの日本で何が変わってくるか??

これは、1番大きい変化は、

『社会保障』にぶら下がってた分野です。

『社会保障』

『年金』『医療費』『介護』『福祉』など。

これらは、個人や企業から徴収する『保険料』と、

『税収』からの予算で成り立っています。

その額、年間約110兆円。

このうち、『税収』で補う部分は約40兆円。

一般会計の、実に約40%を占めます。

『額が大きい』とか、

『一般会計に占める割合が高い』とかは関係ありません。

何が問題かと言うと、

『この制度が、昔の人口統計と平均寿命で組まれた』ということです。

『綺麗なピラミッド型の世代人口分布』

『平均寿命が80歳にタッチするとか、想像してなかった』

この制度は、現代社会には当てはまらない。

だから、まさに今、

いろいろな所で『歪み』が続出している。

『保険料』『税収』の支払い側人口が減り、

『社会保障』の受け取り側人口が増大してるからです。

この『社会保険料』にぶら下がる分野は、

実は今まで過大な『恩恵』を受けてきました。

でも、これからは、そうはいかない。

1つだけ言うとくと、

日本の国は、ほんまは『お金』持ってます。

でも、『特別会計財源』の話も、

『対外純資産』の話もまったくする気配無い。

自分達が持ってる『資産』を隠して、

ある一部分だけ見て『無い!無い!』言うてる。

一般会計:予算96兆円、税収55兆円

特別会計:予算300兆円over、財源不明。

対外純資産:約360兆円

国内総資産:約640兆円

この金額見たら、『一般会計』だけの議論が、

いかに無意味かご理解頂けると思います。

でも、政府はこの方針は変えないらしい。

オカンみたいなもんです。

『お金』ほんまはあるのに、

『無いから、小遣い下げるで』みたいな(笑)

これから、『社会保障』の分野の『お小遣い』は、

もの凄い勢いでどんどん削られていきます。

今の親父やじいちゃん達の時代とは、

まったく別の時代になろうとしてます。

若い世代の方々、『考え方』『行動』を、

今後は変えていくをおすすめします(^_^)★

318

20 件のコメント