『質問力』を高める★

今日のテーマは『質問力を高める』です★

『お金』『ライフワーク』とはあまり関係ないように見えますが、

これもとても大切に感じるテーマです。

皆さんも、実生活の中で、するどい質問をされて、

『この人は頭が切れるな!』と感じた経験があると思います。

『質問力』は、その人の『賢さ』が明確に出てしまいます。

出身大学がどことか、会社で出世してるとか、

まったく関係がありません。本物の『賢さ』の話です。

人がする質問は、大きく2つに分かれると思います。

①『煩悩』から来るもの。

諸説ありますが、人は日常的に、

毎日約60,000もの『思考』をしてると言われています。

無意識下でも『思考』は止まりませんから、

その約99%以上は『煩悩』に当てはまる。

そこからくる質問をされると、とても困る。

・『AorB』

・『yes or no』

で答えても、具体的な方向性や行動に、

まったく変化を与えない質問が多いからです。

この手の質問は、抽象度も低く、

目先の問題への対応が精一杯で、他の問題へ応用は効きません。

本人としては、その場その場での疑問点を聞いてるのでしょうが、

そのレベルの質問をされていては、時間の『切り』がありません。

以前のブログで『成功者と接するマナー』を取り上げましたが、

無意識に『時間どろぼう』になっていては、次から相手にされません。

自分の行動を省みて、気を付けましょう★

②本質を突く質問。

こういう質問を連発する人は、賢い。

・『物事の本質は何か?』

・『本当の問題点は何か?』

・『自分の判断基準は何か?』

・『あと、何の情報が必要か?』

こういったことを、

普段から考える癖がついてるんやと思います。

これらの質問は、抽象度も高いため、

『目の前の問題』だけでなく、『今後出会う他の問題』へも対応可能です。

そして、本質を貫いているため、

目標へも最短距離で進んでスピードも早い。

 

また、『質問力のある人』と『それ以外』では、

質問する『スタンス』も全く違ってきます。

 

多くの人は、直面する課題に出会った時、

上司・目上の人に『どうしたら良いですか??』と質問します。

 

これも、相手の時間を奪う『時間泥棒』。

 

『思考能力』も全く鍛えられませんので、

今後の人生も、延々と他者に答えを求めながら生きていくことになります。

 

私は、普段『井上耕太起業塾』を開催していますが、

塾生には、『この手の質問はしないように』と常々言っています。

 

じゃあ、正しい『質問』はどういったものか??

 

『これこれ、こういう状況にあります』という報告に、

次のような言葉を続けることで完成します。

 

 

『自分はこう考え、行動しようと思います。』

 

『考え方、合っていますか?』

 

『何か、見落としていることはないですか?』

 

 

他者に『答え』を丸投げする方法と、

上で述べた『思考プロセス』を繰り返す方法と。

 

どちらが人生において『人間力』を高めるかは、

『火』を見るよりも明らかだと思います(^_^)

フトウェアを変えるのは一朝一夕にはいかず、

時間はかかるかも知れませんが、少しずつトライしましょう。

意識することで、人生が進むスピードも、

そして関わる人脈も、大きく変わってくると思います(^_^)

5 件のコメント