『75年』に1度★

たまには『お金』の話をします(笑)

『75年』に1度。

これ、何の数字かわかりますか??

人が、経済危機を『体験』するスパンです。

確率論の話です。

間違ってはいけないのは、

経済危機が『起こる』スパンではない、ということ。

例えば、リーマンショックやユーロ危機など、

ここ10年以内でもいくつかイベントはありました。

しかし、これらも多くの日本人には、

『直接、影響があった』わけじゃないですよね。

大多数の方々は、失職したわけでもなく、

収入が絶たれたり、家を失ったりもしてない。

だから、僕たち日本人にとっては、

これらのイベントは『ノーカウント』。

『75年に1度』には入りません。

『75年に1度』というスパンで、

大切なポイントが2つあります。

それは、

①人生で『1度』くらいしか経験しない。

②人生で『1度』は経験する確率が高い。

以上です。

皆さん、『経験したことないから』という理由で、

あらゆる物事を判断しがちです。

『金融危機なんて、親の世代も経験してない』

この判断基準で、

どうして『これからも起こらない』になるのでしょうか??

彼らも含めて、

『今』から経験するかも知れないのに、、、、

日本の直近の大きなイベントは、

第二次大戦後の国家による資産没収です。

『新旧貨幣の交換スキーム』と『資産課税』により、

国民の資産のほぼ100%が没収されました。

本多静六さんの著書にも、

そのへんの記述は出てきます。

戦争で負けて戦利金もないし、

かかった戦費の債務をチャラにする必要があった。

これが、1940年代後半。

75年後は、2020年頃です。

日本国の債務は、

あの頃と近い、なかなかの値になってきました。

また、今後の人口減、少子高齢化などの要因考えると、

『税収』の確保はかなり厳しい状況です。

あらゆる面での『増税』を視野に入れてます。

『資産没収』並みのね。

『マイナンバー制度』も、その準備の1つです。

皆さん、対策出来てますか??

『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』

言葉は皆さん知ってると思います。

ただ、『賢者』になれてますか??

準備をしてる人は、少しずつ居てます。

起こらなかったら、起こらないでいい。

デメリットはありません。

気付いた人から、僕に聞きに来てください(^_^)★

300

5 件のコメント