『定年70歳時代』★

今日のテーマは『定年70歳時代』です★

これを聞いて、あなたはどう思うでしょうか?

『70歳までなんて、働きたくないよ!』

でしょうか?

でも、これは確実に来る未来です。

現在、20代から30代の方なら確実に、

40代の方々でも会社によって導入される制度です。

もしあなたが、一生会社にぶら下がると決めてるなら、

これくらいのことは『想定内』として覚悟が必要です。

3、4日前、野村証券が先陣を切って、

『営業職有能者の雇用延長70歳』を発表しました。

今のとこ、『優秀者の雇用は70歳まで延長できる』

ということになっており、今後は他の会社も導入していくでしょう。

しかし、これもしばらくしたら、

『賃金カーブを今より緩くして全ての人の定年を70歳』

ということになります。

生涯年収は変わりません。

か、普通に考えたら落ちるでしょう。

『なぜそんなことになるんですか?』

って、単純です。

・人の平均余命はどんどん伸びてる。

・年金資源は枯渇してる。

とてもじゃないけど70歳以降じゃないと支払えない。

なので、政府が大企業を中心に、

『定年退職年令の引き上げ』を推進してるのです。

そうは言っても、

『70歳て。老後の時間もなんもないやん。』

とお思いの方もいると思います。

では、お聞きしますが、

『本当に70歳で経済的に余裕を持って引退できますか?』

僕の見立てでは、この答えが『yes!』の方は、

全体の数%ではないでしょうか。

多くの方の場合『70歳まで働かなければいけない』ではなく、

『70歳まで雇ってくれて有り難い』制度になりそうです。

このblogでも再三書かせてもらってますが、

これからの時代は、『生活の質』の格差は物凄くひらきます。

70歳まで働き続けないといけない人がいる一方で、

30代、40代で悠々セミリタイア生活に入る人が多く出てきます。

僕は明らかに後者です(^_^)

知ってるか、知らないか。

若いうちから行動するか、惰性で生きるか、の違いです。

本気で人生の主導権を握りたい方は、

また僕の『お金のセッション』を受けてもらえるとお伝えします。

57

14 件のコメント