あなたは、『老後資産2000万円問題』に真剣に取り組んでいますか??

今日のテーマは、『あなたは、老後資産2000万円問題に真剣に取り組んでいますか??』です。

 

 

昨年、

 

 

金融庁ワーキング・グループが作成・公表したデータが、

世間的には、『大きな話題』を集める結果となりました。

 

 

タイトルにも採用しているので、分かりますよね。

 

 

『老後資産2000万円問題』と称される、話題のアレです(笑)

 

 

一言で説明するのであれば、全国民対象として、

定年退職時に『2000万円』の資産が(最低)必要というもの。

 

 

その算定根拠は、

 

 

『老後の平均世帯支出』と『予想支給年金額』の間に、

『月額:約5万円』の収支ギャップが存在してしまう。

 

 

そして、

 

 

『人生100年時代』の平均寿命の伸びも考慮して、

老後の生活期間を『約30年間』と仮定するならば、

前述のギャップ累計額が『2000万円』になると。

 

 

『単純計算』しても、その金額ということです。

 

 

ただし、

 

 

多くの方々が、『違和感』を覚えられている通り、

年金受給額も、『段階的な減額』が予想される中、

『収支ギャップ』は、前述の数字に留まりません。

 

 

また、

 

 

『インフレ率』等の変数も、適正に評価していくと、

その『収支ギャップ』は、更なる広がりを見せます。

 

 

一説には、

 

 

某・著名経済学者さんが『現実』を盛り込んで計算した所、

退職時点で必要となってくる、保有すべき『老後資産』は、

『5000万円』を超えるという話もあります。

 

 

私自身、金融庁WGが公表したデータよりも、

こちらの数字の方が、適切だと感じています。

 

 

しかし、

 

 

最低限の数字としても『2000万円』が必要と言われる中、

日本国に居住する大多数の国民は、『備え』をしていません。

 

 

もしかしたら、

 

 

大多数の方々は、『将来』を考えるほどの経済的・精神的余裕も無く、

『今』『この瞬間』を刹那的に生きることに必死なのかも知れません。

 

 

一見、

 

 

『青春』のような雰囲気がして、素敵に感じるフレーズですが、

いい歳した大人が、その感覚に酔いしれるのは『リスク』です。

 

 

何故なら、

 

 

『老後資産(最低)2000万円問題』というフレーズは、

決して、流行語大賞ノミネート用に作られた造語ではなく、

近い将来、訪れることが確定している『現実』だからです。

 

 

はっきり、言います。

 

 

退職時点で、最低レベル『2000万円』の保有資産が無ければ、

憲法が定める、『健康で文化的な最低限度の生活』は営めません。

 

 

悲しき哉、

 

 

そのレベルの『保有資産』を持たずに退職年齢を迎えたら、

経済的理由により、働き続けるほか、選択肢は有りません。

 

 

これも、『健康』という幸運があればこそです。

 

 

もしも、

 

 

身体的理由により、『労働』し続けることが出来なければ、

誤解を恐れず言えば、『路上生活者』になる他ありません。

 

 

実際、

 

 

決して、発展途上国の話ではなく、先進諸国内においても、

そのような事例は、『スタンダード』になりつつあります。

 

 

もしかしたら、

 

 

『国家による社会保障があるはず!』と考えるかも知れませんが、

日本国の『台所事情』を考えると、その可能性も相当レベル低い。

 

 

現在でさえ、

 

 

『累積債務』の対GDP比が、世界ワーストを爆進する状況、

『(超)少子(超)高齢化』が100年も進展する国家で、

『国家財政』が健全な方向に傾く可能性は、ほぼゼロです。

 

 

繰り返しになりますが、

 

 

この状況において、『1億2000万人』中の大多数の国民が、

『老後資産2000万円問題』に、真剣に取り組まないのです。

 

 

本当に、どうなってしまうのでしょうか??

 

 

2014年に制度導入された『(従来版)NISA』から始まり、

『iDeCo(個人型確定拠出年金)』の全国民への対象拡大や、

『つみたてNISA』制度発足等、政府は投資熱を躍起します。

 

 

しかし、

 

 

日銀の調査によれば、国民の『投資意欲』は高まりを見せておらず、

『個人投資家』の株式市場流入は、前述の制度導入前と同水準です。

 

 

先日も、

 

 

国民保有の『現預金額(キャッシュ)』が1000兆円を超えて、

数字として、『過去最高』を更新したという報道が流れたばかり。

 

 

世界共通の真理では、

 

 

『現預金(キャッシュ)』は、数字上減ることがない代わりに、

その対価として、最重要な『増殖機能』も放棄してしまいます。

 

 

確かに、

 

 

『2000万円』を『預貯金』で達成することも可能ですが、

私自身、その『非効率的な方法』は、絶対に選択肢しません。

 

 

はっきり言って、その戦略は馬鹿げています。

 

 

冒頭の逆パターンを考えれば分かりますが、

 

 

『月額5万円』のプラス収支を金融機関に預ける、

その行動を『30年間』も継続・完遂することで、

ようやく到達できるのが『2000万円』です。

 

 

公式ブログ読者の皆さんの中で、何でも結構ですが、

『30年間』継続した経験をお持ちの方はいますか??

 

 

『0(ゼロ)』ではないでしょうが、ほぼ『無理』です。

 

 

それでも、やらないより、何かしているだけマシですが。

 

 

あなたは、『老後資産2000万円問題』に真剣に取り組んでいますか??

 

 

これは、決して『冗談』ではなく、近い将来、必ず訪れる『現実』です。

 

 

公式ブログ読者の皆さんが、『正しい選択』をすることで、

『適切な行動』を、着実に積み上げられることを願います。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■10/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/29(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■10/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/29(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile