【借金】により成立する社会は、果たして【持続可能】なのか??

今日のテーマは、『借金により成立する社会は、果たして持続可能なのか??』です。

 

 

『SDGs』なる言葉も、近年、急速に市民権を得ていますね。

 

 

2015年9月、

 

 

国連加盟193か国により、国連サミットで採択されたもので、

2016年からの15年間、達成するため掲げた目標の事です。

 

 

1.貧困をなくそう。

 

 

2.飢餓をゼロに。

 

 

3.凡ゆる人に健康と福祉を。

 

 

4.質の高い教育をすべての人に。

 

 

5.ジェンダーの平等を実現しよう。

 

 

6.安全な水とトイレを世界中に普及しよう。

 

 

7.クリーンなエネルギーを全人類に。

 

 

8.持続可能な経済成長を。

 

 

9.産業と技術革新の基盤を作ろう。

 

 

10.人や国の不平等をなくそう。

 

 

11.継続的に住める街づくりを。

 

 

12.作る責任と、使う責任と。

 

 

13.気候変動に、具体的な対策を。

 

 

14.海洋の豊さを守ろう。

 

 

15.陸上の豊さも守ろう。

 

 

16.平和と公正をすべての人に。

 

 

17.パートナーシップで目標達成しよう。

 

 

以上、

 

 

17項目を、世界各国協力して目標達成していくことで、

長期視点で、人類が継続的に成長していけるというもの。

 

 

とても、大切な考え方だと思います。

 

 

基本的に、『人』は、短期視点で物事を考える傾向があり、

総合的に考えた際の『善』と、異なる行動をとる時がある。

 

 

結果、

 

 

これまでの歴史を紐解いても、『歪』が生まれて来ましたが、

『持続可能性』を意識することで、良い方向へと展開します。

 

 

『個人レベル』でも、同じことが言えますよね。

 

 

この法則も、凡ゆる場面において、共通の『真理』と考えますが、

長期視点で見た際の『善』を貫くほど、難しいことはありません。

 

 

コロナ禍、

 

 

2021年、金融の世界も新たな『歪』が生まれており、

持続可能性を考えなければいけない分野が出て来ました。

 

 

何のことか、お分かりになるでしょうか??

 

 

ここまで、『株式市場』の活況に隠れた存在になりましたが、

『債券市場』も緩和マネーが流入し、異様な様相を呈します。

 

 

本来、

 

 

個人投資家レベルでは、なかなか投資対象とはならない、

ハイイールド(低格付)債も、最近は人気を博しており、

その利回りも、低下の一途を辿るようになっています。

 

 

ちょうど1年前、

 

 

『新型ウイルス』の出現により、市場は未曾有の危機を迎えて、

企業の倒産リスク懸念から、利回りも11%台に上昇しました。

 

 

この時、

 

 

サブプライム・ショックの『痛み』を覚えていた中央銀行は、

各国協力する形で、この市場の資産購入も即座に決定します。

 

 

特に、

 

 

覇権国・米国の中央銀行的位置付け『FRB(連邦準備銀行)』が、

低格付け債券購入を決定したことも、市場に安心感を与えました。

 

 

その後、

 

 

予想外に早く(?)、世界経済が回復するとの見立てからか、

投資家サイドも積極的に『リスク』を引き受けるようになり、

一気に、この市場も『活況』と言える賑わいを見せ始めます。

 

 

前述の金融危機(2008年)時、

 

 

『14%』に迫る値まで高まった、債権の『デフォルトリスク』も、

昨年末の『6.8%』をピークに、直近は『4%台』まで減少します。

 

 

更に、

 

 

2021年末には『3%台』まで低下するとの予測もあり、

その結果、市場には新たな資金が流入し続けているのです。

 

 

この流れを受けて、

 

 

昨年(2020年)のハイイールド(低格付)債権発行額は、

米国建に限っても4000億ドル(約45兆円)にまで上昇。

 

 

この数字は、

 

 

サブプライム・バブルが飛び火して、欧州危機が勃発した、

2010年代前半と比較しても『約1.5倍』に相当します。

 

 

投資家サイドも、

 

 

歴史的超低金利時代がつづく中で、リスクを折込みながらも、

少しでも『高利回り』を求めて、債券市場に参入し続けます。

 

 

短期的視点で、『Win-Win』の関係が成立していますね。

 

 

しかし、

 

 

その(債券発行の)主な目的は、社債借り換えと言われており、

借金により借金を返済するという、日本国の財務状況そのもの。

 

 

この状態が『持続可能』なのかは、大いに疑問です。

 

 

仮に、

 

 

このトレンドが、今後も、数年間継続することになるのであれば、

自然淘汰の調整機能が働かず『ゾンビ企業』を大量に作ることに。

 

 

そして、

 

 

そこまで『延命』してきたが故、それらが崩壊したとなると、

市場に与える『インパクト』も、必然大きなものになります。

 

 

現在の『債券市場』の活況は、手放しでは喜べません。

 

 

いつか、目を覚さなければならない時が来ることを、

きちんと理解して、投資を進めた方が良さそうです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■3/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■3/26(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■3/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■3/26(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile