『もう1つの見えてきたもの』★

今日のテーマは『もう1つの見えてきたもの』です★

昨日のブログでは、

『経済的自由』を達成して敢えて、『一生、働く』という話をしました。

今日のブログも、『敢えて』の話です(^_^)

今、僕がやってやろうと思っているのは、

『どこまでお金を介在させずに生活できるか』です。

人は、とても多くの『洗脳』にかかっています。

ブランド品を持ちたい、外車に乗りたい。

高級レストランで食事したい、海外旅行で贅沢したい。

良いとこに住みたい、子供を私立の学校に行かせたいetc.

挙げ出したら切りがありません。

その一瞬の『ジャンク』な欲望を満たすために、

人生のほとんど全てを生き生きしない仕事に捧げます。

僕はこれらの『常識』を、敢えて無視していきたい。

考えてみれば、子供の頃から、

ガッコの先生の『常識=矛盾点』を付く生徒でした。

この性格は、大人になっても変わらない。

生活をよりシンプルに★

一番大きな生活の固定費、家賃。

こんなに多くの建物が建ち並ぶ大阪で、

遊ばしてる部屋を借りることも、不動産オーナーと友達なら可能ではないか?

そもそも、本当の意味で必要な『物』なんて極少やし、

それらを手放したら『お金』もかかりません。

高級レストランで、

代金に桁違いの『バーチャルバリュー』を乗せられた料理も良いですが、

安くてほんまに旨いもんなら、大阪にはなんぼでもあります。

以前も書きましたが、子供の教育?おべんきょ?に、

多くのお金をかけるのも、『親のエゴ』以外何ものでもない。

海外旅行ならバックパッカーをすればいい。

贅沢旅行するなら、日本の家の回りの生活と同じなのでは?

こう考えると、本当に世界は自由です(^_^)

『実は、お金ってそんなに要らんのんちゃう?』

最近、僕が気付いてきたことです。

政府や権力者からしたら、こういう奴がいたら本当に困る(笑)

組織の『歯車』にはハマりにくいし、

何より『税金』とかでお上に献金してくれなくなるから。

なので、多くのメディアや義務教育を通して、

画一的な価値観を刷り込んでいっています。

僕の考え方は、特殊です(笑)

ほんまの意味で頭の賢い人しか理解できません。

1%の人に響いて欲しいと思いながら、

このブログを毎日書いています(^_^)

50

10 件のコメント