『激動』に翻弄される無かれ★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

今日は一転、『経済』の話をします。

2016年初めから、市場が慌ただしいですね。

『丙申』の年ですか??

時間の巡りとして、この時は経済混乱が起きやすいそうです。

今のところ、予想通りになってますね。

日々、様々な話題が出てき過ぎて、

blogでも何を書こうかと迷うほどです。

先週、『対イラン経済制裁解除』を、

欧米諸国が宣言しました。

真偽はわかりませんが、これまで同国は、

核開発に関する『リスク』と見なされての制裁を受けてました。

具体的には、

・原油の輸出禁止

・海外資産の凍結

の2点が主です。

また、欧米や日本の企業も、

同国内での活動が出来ない状況にありました。

これが、解除された。

『イラン』が海外で凍結されてた資産は、

約『1000億US$』ほどあるそうです。

『1US$=120円』換算すると、約『12兆円』。

同国の年間GDPの10%に匹敵する値なので、

決して少ない数字ではないと思います。

これが、自由に使えることになる。

また、『イラン』は埋蔵原油量から考えると、

世界第4位のポテンシャルを持ってる。

現在、世界的に供給過剰で安値が続く原油市場に、

あらたに『イラン』の原油も加わることになります。

これを受けて、原油は一時、

『1バレル=26US$台』の低値をつけました。

1年半ほど前まで、

『1バレル=100US$』付近で取引されてました。

これが75%下落して、約12年振りの値になったわけです。

『原油』が主な産業となる国では、気が気でないですよね(^_^;)

このままズルズル行くかと思いきや、

欧州の金融緩和のニュースを受けて反発。

先週の終値で、

『1バレル=32.25US$』まで回復しました。

ここまで、経済に興味ない人からしたら、

まったく面白くない話ですよね(^_^)笑

でも、実際はそれくらいでいいかも知れない。

大局を見ることは必要ですが、

あまりに毎日毎日市場を見てると、こういう時は疲れる。

『情報』に踊らされて、翻弄されるからです。

特に、今年のアップダウンの波は激しい。

こういう時は、一瞬離れるのも手です。

結局、経済は『メンタル』です。

経済合理性が大前提になる、

真の意味での『効率的市場仮説』は成立しない。

投資家が『危険!』と判断したらリスクオフ資産へと資金が流れ込み、

『回復した!』と思ったらまたリスクを取ってリターンを狙いに行きます。

さらに、それを判断する『情報』の取り方にも限りがある。

『本当の情報』なんてどこまで出てきてるか疑問やし、

もしかしたら、実体とはかけ離れている可能性もあります。

大学生の時、神戸のアパレルで働いてました。

そこで疑問に感じていたのは、

『毎年、トレンドが変わる』ということ。

『今年は緑!』とか言われても、

去年までと同じ春夏秋冬が巡るわけです。

本来なら、去年と同じもの着ててもいい。

でも、それじゃあアパレルは儲からない。

だから、毎年トップブランドのコレクションから、

業界のトレンドが変わり、各社が新しいもの?を出してきます。

その頃、1番有り難かったお客さんは、

『情報』に翻弄されている方々です。

『トレンド』を常に追い求め、

社会に出てくるニュースに一喜一憂してくれました。

この人達は、定期的に来るし、よく買ってくれる。

『投資』の世界も、同じようなもんです。

短期的な『変動』を大きくしてるのは、

『人の心』の持ち方によるところ。

こんな時は、ただただ静観。

少し距離を置いて、

心に余裕を持って見ていたらいい(^_^)

『資産形成』は、長期戦です。

皆さんが、『激動』に翻弄されないことを祈ります(^_^)★

553

8 件のコメント