勝負する分野の『ショートヘッド』を探せ★

今日のテーマは『勝負する分野のショートヘッドを探せ』です(^_^)★

 

 

*この記事は2015年10月に掲載したものを、

 2017年5月に加筆・修正、再掲載したものです。

 

 

『ショートヘッド』

 

 

皆さん、この言葉を知っていますか(^_^)??

 

 

あらゆる分野・物事において、

『人の分布』について話される時に使う言葉です★

 

 

『正規分布』の半分のようなグラフになるかな。

 

 

例えば、

 

 

先日行われたプロ野球ドラフト会議。

 

 

育成ドラフトを除いて、

全体で『88名』の選手が指名されたようです。

 

 

*この記事は2015年10月に掲載したものを、

 2017年5月に加筆・修正、再掲載したものです。

 

 

 

スポーツ新聞紙面ではでかでかと報じられて、

一見、多くのプロ選手が誕生したように見えます。

 

 

でも、実際は、めちゃくちゃ少ない。

 

 

現在、高野連の登録数が約4000校です。

 

 

各高校、少なくても25名は部員がいると仮定して、

これだけで全国に10万人以上の高校球児がいる計算になります。

 

 

それに、大学、社会人、独立リーグ、

ここまで含めるとおそらくその1.5倍の野球人は居ると思います。

 

 

 

その中(大学・社会人・独立L)で、

ドラフト適齢期の選手に限って、

19歳~上限26歳で見て、2万人の選手がいるとすると。

 

 

88人 / 120,000人 =0.0007333 ….

 

 

これが、『プロ野球選手』になれる人の割合です。

『1000人に1人』、いない計算です。

 

 

その中で、

『1軍』で活躍出来る人になると、さらに少ない。

 

 

これが、野球界での『ショートヘッド』。

 

 

少し、イメージして頂けたでしょうか(^_^)??

 

 

野球以外の、全ての分野でもそうだと思います。

 

 

『お笑い芸人』も、毎年何人も目指す人が出てきます。

 

 

その中で、テレビに出続けて、

年収で『億』単位の報酬を稼ぐのはほんの一握り。

 

 

その他大勢は、夢敗れてしまう。

 

 

じゃあ、そこで終わりでしょうか??

 

 

私は、まったくそうは思いません★

 

 

むしろ、

さらなる『ショートヘッド』を探せばいい、という話です(^_^)

 

 

『ロングテール』

 

 

『ショートヘッド』に対して、

その分野の大半を占める凡庸な能力の人を表す言葉です。

 

 

でも、

 

 

少し考えればわかりますが、

『ロングテール』の中にも『ショートヘッド』は存在します。

 

 

だったら、そこを目指せばいい。

 

 

簡単なのは、『人がやらないこと』をする★

 

 

もちろん、

あなたが『好きなこと』というのが大前提ですが(^_^)

 

 

ただ、『奇』を狙っただけでは、

『変な人』というレッテルを貼られて終わってしまいます(笑)

 

 

皆さん、多くの方々が、

『ショートヘッド』を外してしまったら、

いきなり個性も何も、全てを捨ててしまいます。

 

 

それで、『サラリーマン』として、

40年間をほぼ死んだように生き延びている。

 

 

これ、本当に勿体無いことです。

 

 

確かに、

 

 

親の世代は、当時の高度成長の恩恵を受け、

日本で会社員をすることは経済的合理性があったかも知れない。

 

 

でも、

 

 

これからの社会では違います。

そんな既存の常識、既に崩れ去っています。

 

 

これだけグローバルな時代になったとき、

私が経営者なら、同じ働きなら人件費のコストは抑える。

 

 

また、

 

 

『同一労働・同一賃金』制度はいずれ導入されるから、

『日本人』のサラリーマンの賃金はどんどん落ちます。

 

 

私自身、30歳の時に独立・開業しました。

 

 

お世話になっていた会社には、

愚直に仕事をする同期社員が多くいます。

 

 

『ショートヘッド』を目指してる人もいるけど、

まったく考えず、ただ目を逸らして働いてる人もいる。

 

 

とてもお節介ながら、

『彼らは、どうするんだろう??』と思うことがあります。

 

 

50歳を迎えるまでも、

あと『20年』ほどの時間があります。

 

 

『会社が、残るかどうか』も、

これからの時代は特に大きな問題です。

 

 

それに加えて、

 

 

もしも所属する会社が存続していても、

『自分がリストラ対象じゃない』確証もなく、

ダブルの『リスク』に怯えながら働いてます。

 

 

50歳のおっさんになって、

『裸』のまま労働市場に放り出された時、

彼らはいったいどうするのだろう??

 

 

その時まで会社員を続けていて、

自ら何らかの『価値』を生み出すことは不可能でしょう。

 

 

本気で、心配してしまいます。

 

 

今までやってきたことは、

1つの会社でしか通用しない特殊技能で、

代わりはいくらでもいる業務です。

 

 

これからの時代は、

自分から『価値』が生めないと相当厳しい。

 

 

自分が『システム』を作る側になるか、

自分自身が『商品』になる必要があります。

 

 

それには、自分の『好きなこと』を突き詰めて、

コアな部分での『ショートヘッド』になればいい。

 

 

1つの例を挙げるとしたら、

 

 

バックパック1つで『世界一周』して来た人と、

20年間サラリーマン続けてきた人と。

 

 

両者がセミナーを開いた時に、

どちらの方の話が聞きたいか??

どちらの人の方が観客が集まるか??

 

 

これは、『火』を見るよりも明らかですよね(^_^)

 

 

皆さん、面白い・魅力ある人生を送ってきた方の話を聞きたい。

 

 

だから、『ショートヘッド』を目指せば良いのです★

 

 

『ショートヘッド』中の『ショートヘッド』は、

ほんの一握り過ぎて『才能』がものを言う世界かも知れない。

 

 

でも、

 

 

『ロングテール』の中にも、

『ショートヘッド』は必ず見出だせる。

 

 

だから、皆さん、そこを狙っていきましょう(^_^)★

 

 

自分で『価値』を生み出して、

人に認められたら、めちゃくちゃ楽しく、嬉しい人生になりますよ(^0^)!

 

 

『ライフワーク』を生き、理想の人生を引き寄せたい方は、

『井上耕太:起業塾』にご入塾ください(^_^)

 

 

井上耕太起業塾:ご案内ページ

http://michiamokota0421.com/cram-school/

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

14 件のコメント

  • … [Trackback]

    […] There you can find 89996 additional Info to that Topic: michiamokota0421.com/short-head/ […]