これからの日本は『パイ』は縮まる★

今日のテーマは、『これからの日本は、パイは縮まる』です(^_^)★

 

 

よく、現代社会の利益追及ゲームが、

『パイ取り合戦』に例えられますよね。

 

 

そういった意味で、

これからの日本は、『パイ』はどんどん縮まっていく。

 

 

冒頭から、あまり明るくない話のように聞こえますよね(笑)

 

 

ただ、実は、決してそうではないです(^_^)

 

 

これは、『既存のビジネスをしていては』という話。

 

 

単純な、『人口減少』の話と言ってもいいです。

 

 

一般的な説では、

 

 

日本の総人口は既に減少に転じていて、

2040年頃には1億人を切ってくる見込みです。

 

 

その後も減少の一途を辿り、2060年には9000万人に、

21世紀末には7500万人くらいになるんじゃないかと言われています。

 

 

『人口統計』は最も合致率が高い統計の1つなので、

この予測は大きく外れることは考えにくいでしょう。

 

 

でも、

 

 

これは、決して『悲観的な話』では全くないです★

 

 

少なくとも私はそう思う(^_^)

 

 

『人口減少』だけを話の例に挙げて、

『もう日本は衰退だ!』とかいいう人もいますが、

 

 

いやいや、それは話が極端すぎる(笑)

 

 

ただ単純に、『しばらく人口は減る』というだけの話。

 

 

そもそも日本は、

狭い国土に人口が過密気味にいました。

 

 

これは、ヨーロッパ諸国と比較したら簡単にわかります。

 

 

ドイツ、フランスといった面積が同程度かそれ以上の国でも、

国内人口は6000万人~8000万人というレベルに集約してます。

 

 

つまり、

 

 

日本もこれから100年ほどかけて、適正人口に移行していくだけ。

 

 

適正人口になったら、また安定してバランス取れますよ。

 

 

面積だけの話じゃないけど。

 

 

でも、

 

 

確かに、その『移行期』には痛みが伴うことも事実。

 

 

一定期間、年代別の『人口ピラミッド』のバランスが崩れるからです。

 

 

『社会保険』『年金』という制度も、

綺麗な『人口ピラミッド』を想定して作られた制度です。

 

 

だから、

 

 

これから100年間の『歪』なピラミッドでは、

今まで通りのルールでは制度が持たない。

 

 

制度としての『破綻』は『させない』かも知れないけど、

『資産額の多い人の社会保障を減らす』という対応をとると思います。

 

 

だって、それくらいしか解決策ないから。

 

 

また、

 

 

『既存のビジネス』にしがみついていては、

明らかに『供給過剰』で行き詰まることになる。

 

 

人口は減るからね(^_^)

 

 

『移民』も、日本人の『気質』を考えたら現実味は全くないでしょう??

 

 

2017年現在、米国は外国人の激しい入国規制をしていますが、

表向きに何もしていない日本の方が、最も移民しにくい国になってます。

 

 

だから、

 

 

これからは、今までなかった『サービス』を考える力が、

本当に大切になると考えます★

 

 

『物』は、もう要らないよ。

 

 

日本はずっと経済大国で『物余り』です。

 

 

昨日、再選果たした北海道の某知事が、

就任会見で『人口減少は食い止めるべき課題!』と述べてました。

 

 

*この原稿は2015年4月に掲載した記事を、

 加筆・修正、再掲載したものです。

 

 

私は、こういう具体策なく『キレイゴト』いう人が、

本当に生理的に苦手です。

 

 

彼女の主張は、

『淀川の流れを逆流させなくては!』と言うのと同じです。

 

 

いや、変えれるか!!(笑)

 

 

てか、変えんでええわ!!(笑)

 

 

『人口減少』は、これから起こる『1つの事実』です。

 

 

この『大きな流れ』を変えることは、決して出来ない。

 

 

また、

 

 

そんな実現不可能な無謀なことを考えるより、

もっと建設的な解決策を考える時間を取った方が良いです。

 

 

『人口減少』は、悲観もしなくていいし、

『変えよう!』とか思わなくてもいい。

 

 

私達に出来ることは、

今までになかった魅力的な『価値』を新たに創造することです★

 

 

現在、日本のGDP(国内総生産)は、

年間『500兆円』を超えています。

 

 

これが、人口減少しても『400兆円』程度まで減るだけ。

 

 

『お金』の流れを大きな『河川』のようにイメージすると、

 

 

その『1%』を掬ったら『4兆円』、

『0.1%』でも『4000億円』、『0.01%』でも『400億円』のビジネスになります。

 

 

これ、今の皆さんの収入と比較しても、

十分な数字じゃありませんか(^_^)??

 

 

もちろん、私にとっても十分な値です。

 

 

人口数千万人もいたら、大概のビジネスは成り立ちます。

 

 

頭をより柔軟にして、自らの可能性を信じて、

どんどんチャレンジしてビジネスしていきましょう(^_^)★

 

 

『ライフワーク』を生き、理想の人生を引き寄せたい方は、

『井上耕太:起業塾』にご入塾ください(^_^)

 

 

井上耕太起業塾:ご案内ページ

http://michiamokota0421.com/cram-school/

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

16 件のコメント